カートをみる マイページへログイン お客様の声 ご利用案内 メールでのお問い合せ サイトマップ
RSS

HOME > 喜寿祝い|昭和15年生(77歳)
喜寿祝い

喜寿祝いの由来-知るともっと楽しいお祝いが出来る「うんちく話」

「喜寿(きじゅ)」という名称の由来

「喜寿祝い(きじゅいわい)」は、 数え年で77歳を迎える年 に行うお祝いを示します。

「喜寿(きじゅ)」の「喜」を「草書体」で書いた時、「七」「七」「七」と読めることから、77歳のお祝いは「喜寿祝い」となりました。また草書体で書かれた文字は、「七」「十」「七」と読めるとういう説もあります。いずれにしても「77」という数字であることには違いはありません。

「喜」の行書体と草書体

「還暦」は干支の循環表から発生したもの、「古希」は人生七十古來稀から発生したものということで、お祝いのルーツは「中国」だと言われていますが、「喜寿祝い」は【日本が発祥の行事】とされています。還暦・古希と長寿のお祝いをしたのだから、77歳もお祝いをしようと始まったのが「喜寿祝い」とされています。

「満年齢」 でお祝いしてもいいの?

『数え年』は生まれた時に1歳として、お正月を迎える毎に1つずつ歳を取ると日本に昔から伝わる年齢の数え方であり、『満年齢』は生まれた時を0歳として、以後1年間を満了する毎に1つずつ歳を取るという数え方です。

喜寿祝いは数え年で77歳を迎える年(=満年齢 76歳)にお祝いを行うとされていますが、 現代においては誕生日を迎える日いわゆる『満年齢 77歳』でお祝いを行うことも多くなってきました。

特に決まりはありませんが、お住まい頂いている地域や風習・一族の習わしなどによって『数え年』または『満年齢』でお祝いを行うこともございますので、予めご留意ください。

※ 当店での年齢早見表は「満年齢 77歳」で表示しております。

「喜寿祝い」に贈る色に「紫色」を選ぶ理由

古くは、聖徳太子の時代。貴族の冠位は「紫色」が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど。
その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。 また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。喜寿のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。

お祝いは「長寿の祈り」

長寿祝いには「喜寿祝い(77歳)」のほかに、「還暦(かんれき)(60歳)」、「緑寿(りょくじゅ)(66歳)」、「古希(こき)(70歳)」、「傘寿(さんじゅ)(80歳)」、「米寿(べいじゅ)(88歳)」、「卒寿(そつじゅ)(90歳)」、「白寿(はくじゅ)(99歳)」、「百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)(100歳)」などのお祝いがあります。

数年ごとに行われる長寿祝いには「家族」、「親戚」、「親しい人達」などが一同に会し「みんながいつまでも健康で長生きが出来ますように」という祈りを込めたお祝いの意味も持ち合わせています。
「次のお祝いでまた会おう!」という日本人ならではの気持ちのこもったお祝いにしたいものです。

喜寿祝い名入れ商品一覧

PAGE TOP

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜16件 (全16件)

1件〜16件 (全16件)