ホーム  カートをみる お客様の声 ラベル見本 英文の例 FAX注文  お急ぎの方  商品一覧  Q&A  記念日 お問い合せ サイトマップ
  

古希とは

古希祝いの祝い方

古希祝いの祝い方

古希のお祝いは数え年で70歳、満69歳の年に行うのがしきたりです。

この日にお祝いしなければならないといった特別な日があるわけではないので、家族が集まりやすい日、誕生日、敬老の日にお祝いをすることが多いです。

紫色が古希祝いを象徴するプレゼントの色

古希のプレゼントとして、紫色のものを送る慣習があり、紫のものに限らず最近は時計、食器など記念になるものを贈る人も増えてきています。
祝い方として、自宅でごちそうを家族と一緒に食べる、レストランで食事、温泉旅行などへ家族と一緒にお出かけ、家族が遠方に住んでいる場合は食事会はせずにプレゼントのみ渡します。

古希に祝いにふさわしい料理として、お赤飯、なます、海老や鯛を使った縁起のよい料理がお祝い料理となります。ちらし寿司、まぐろ、鯛、海老の刺身、唐揚げ、ローストビーフ、ケーキなどもお祝いの席にぴったりです。

古希を迎える方の好きな食べ物を用意すると喜ばれます。

70歳の古希祝いでプレゼントする相場はいくら?

古希祝いの相場は一般的に

●両親なら1万円から10万円

●祖父母なら1万円から3万円

●親戚の場合には5千円から2万が相場となっています。

古希祝いの熨斗の表書きの基本は

のしの表書きは、

「古希御祝」「祝古希」「御古希御祝」。

長寿祝いは何度でも繰り返したいお祝いごとなので、水引は紅白か金、銀の蝶結びです。

古希には何を贈ったら良いの?

贈り物を贈るときは自分の趣味を押し付けるもの、好みがわかれるのは避けたほうがいいでしょう。

相手の趣味や好みにあったものを贈るようにして下さい。

縁起が悪いものとして「くし」、お茶は「弔辞」に使われることから避けたほうがいいかもしれません。

古希のお祝いをもらったらお返しは必要か?

お返しとしては、基本的に不要となります。

家族には「ありがとう」の言葉が1番です。

祝宴が催された場合、遠方からお祝いいただいた場合は、紅白まんじゅう、赤飯、菓子折り、縁起物の風呂敷、木のマグカップ、いまばりタオル、カタログギフト、寿などの長寿の1文字が入ったふくさを内祝いとして配ります。


金額としては、お祝いの3分の1から2分の1、数千円~1万円で用意する方が多くなってきています。


水引は、紅白の蝶結びが基本です。表書きは「内祝」です。




古希に関するこちらの記事も読まれています


古希祝いを迎える方へ向けたメッセージ

古希祝いを迎える方へ向けたメッセージ

古希とは70歳を迎えたタイミングのことですが、現代では70歳でもまだまだ元気なケースが多いです。

そのため基本的にはメッセージを贈る時にも、あまり年寄り扱いを連想させるような文言は避けた方が良いと言えるでしょう。


70歳の世代はまだ現役のため古希のメッセージにはその配慮を


現役で活躍する人も多いですから、贈る言葉にも配慮が必要です。

失敗のない内容としては、これからの明るい人生を連想させるようなポジティブなメッセージですと受け取る方としても嬉しいはずです。

古希を迎える方が親以外のケースのメッセージ


例えば一般的なメッセージを送る時には、

・「これからも元気でいて下さい」という今後のご健勝を願う気持ちを伝える。

・「元気な姿に勇気づけられます」など、存在が自身に与える影響などを伝えてみるのも良いでしょう。

親が相手なら今までお世話になったお礼を伝えるのも良いですから、

「今までありがとう」と日頃の想いを言葉に託すこともできます。

古希を迎える方が祖父母のケースのメッセージ

祖父母が相手の場合はお孫さんにメッセージを伝えてもらうのも喜んでもらいやすいです。

ありのままの純粋な気持ちを伝えられると、子供からのメッセージとは違った温かさに感動してくれることでしょう。

古希を迎える方が親以外のケースのメッセージ

家族以外の場合は頭を悩ませやすいところですが、喜ばれやすいのはそれまでの活躍を労ったり感謝の気持ちを伝えるといったものです。

また、記憶に残っているエピソードなどを交えて伝えることで、気持ちの伝わるメッセージになってくれるはずです。

古希祝いにはメッセージと共にプレゼント

お祝いをする時にはメッセージだけでも喜んでくれるものですが、プレゼントもセットにすることでより気持ちを表現することができます。

ただ大きな節目にもなるタイミングでもあるため、拘ったプレゼントを贈るというケースが多いです。

古希祝いにオリジナルの名入れプレゼントはトレンド


例えば名入れをして贈るプレゼントが人気となっており、オリジナル感を持たせることができます。

また、メッセージや日付なども一緒に入れることで古希でお祝いされた記念品としても思い出されることでしょう。

プレゼントにも一工夫をするだけで受け手の喜びも倍増させられます。




古希に関するこちらの記事も読まれています


古希祝いの歴史

古希祝いの歴史

70歳では長寿祝いとは思えないほどは元気な方が多い

長寿社会となった今、70歳といってもそれほど長生きとは感じない方が多いのではないでしょうか。しかし、昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。

古希祝いの発祥は室町時代

長生きをした人を祝う習慣は奈良時代に中国から日本に伝わったもので、40歳の初老から長寿の人を10年ごとにお祝いをするようになりました。

そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、この10年ごとのお祝いの習慣が室町時代から、「還暦」「古希」「喜寿」「米寿」と呼ばれるようになり国内に広まりました。

次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。

昔はあまり長生きが出来なかったので70歳を「稀」とし、古希と成る

昔の70歳は現在と比べてそこまで長生きできる人はあまりいなかったため、70歳の長寿祝いのことを「古希」と呼ぶようになりました。

古希は、昔は「古稀」と書いていたものが変化したものです。

「古」は古来の「古」と読み、「稀」は「まれ」と読みます。

この言葉の意味は、「70歳まで長生きするのはめったにいないめずらしいこと」という意味を持っています。

そのため、還暦や喜寿や米寿と違い、還暦の後の10年目に当たる70歳長寿を祝う古希の習慣が残ることになりました。

あまり見られないほどの長生きなので、還暦よりも本格的にお祝いをするようになり、そのため高貴の色と古くからされていた紫色をお祝いで使うようになりました。

仏教の高僧は紫色を着用することから70歳の古希カラーは紫に成った

紫色は仏教の世界を見ても分かる通り、一番上の位をあらわす色です。

聖徳太子がいた飛鳥時代では、貴族の付ける冠位の最も高い地位には紫色が使われています。

また、お坊さんの中で紫色の法衣は、最も高い地位にいるお坊さんだけです。

そのように昔から高貴なものにしか使うことができない紫色を使うほど、70歳まで長生きすることは珍しいことだったのです。

古希祝い日本の一般大衆に広まったのは江戸時代

古希が日本国内に広まったのは江戸時代に入ってからで、武士や僧侶たちだけではなく、一般の町人たちの間にも学問などが広まったため古希も知られるようになりました。

長生きをして古希を迎えた人には、家族や親族が集まってお祝いをするのが多くなっています。

紫色のちゃんちゃんこや座布団などを用意したり、お祝いのメッセージなどが添えられたプレゼントなどが贈られます。

古稀が古希に変化した理由の中には、昔に比べて70歳まで生きるのが珍しくなくなり、希望を持ってこれからの人生を楽しんでもらおうという意味があります。




古希に関するこちらの記事も読まれています


古稀(古希祝いの由来)

古希の由来

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。

古希とは珍しいほどの長生きを

つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲 江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。

『人 生 七 十 古 來 稀』 しかし、この言い回しははるか昔からあったという説も…。

現に、古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。

日本で一般的に古希が広まった経由

論語とはいえ、日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。

とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。

論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。

杜甫の詩とともに庶民の生活にい(70歳=古希祝い)が定着

そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。

その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。

かくして古希(古稀)を祝う習慣は、杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。




古希に関するこちらの記事も読まれています


古稀祝いのお祝いは

古稀祝いのお祝いについて


還暦祝いのお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希(古稀祝い)では、「紫色」がキーワードとなります。

古希は何故紫色になるのか

では、なぜ「紫色」なのでしょう。
実は紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。

たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。

僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られていたほど紫色は高貴なものでした。

その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。

古希の紫色は落ち着きがある

また紫色は、心と体のいやし効果がある色。

先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時には身近に紫色のものを置いていたといいます。

70歳の古希を祝うことは長寿への敬意

だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。

もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にして古希のお祝いをしましょう。




古希に関するこちらの記事も読まれています


古希祝いのメッセージ

古希となると、すでに定年退職をされている方もいれば、改めて社会の第一線を退かれるなど大きな節目に立たれる方も。それだけに、それぞれの状況に合わせたお祝いして差し上げたいものです。その際のメッセージの考え方をご紹介します。

【ご本人のメッセージ】
●古希となる心情を語るとともに、周囲の方々の今後の活躍と発展を祈る言葉を折り込みましょう。その際、昔のエピソードにふれるなどすれば、話がふくらみます。
●手紙などで古希祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を。同時に今後の予定などがあれば簡単な言葉で良いのでお知らせしましょう。
●古希を改めてお知らせするのには抵抗があるという場合は、古希を迎えられる年の年賀状の中にさりげなく記しておくという方法もあります。
(例)『私も古希を迎える年となり…』

【お祝いをされる方のメッセージ】
●古希を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●古希を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。

古希祝いのメッセージ

古希となると、すでに定年退職をされている方もいれば、改めて社会の第一線を退かれるなど大きな節目に立たれる方も。それだけに、それぞれの状況に合わせたお祝いして差し上げたいものです。その際のメッセージの考え方をご紹介します。



【ご本人のメッセージ】


●古希となる心情を語るとともに、周囲の方々の今後の活躍と発展を祈る言葉を折り込みましょう。その際、昔のエピソードにふれるなどすれば、話がふくらみます。
●手紙などで古希祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を。同時に今後の予定などがあれば簡単な言葉で良いのでお知らせしましょう。
●古希を改めてお知らせするのには抵抗があるという場合は、古希を迎えられる年の年賀状の中にさりげなく記しておくという方法もあります。
(例)『私も古希を迎える年となり…』

【お祝いをされる方のメッセージ】


●古希を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●古希を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。

古希祝いに使える定番でシンプルなメッセージ例

古希のお祝いは、数え年で70歳、満年齢69歳の年に行うのがしきたりですが、現在では、満年齢70歳の年にお祝いをする方も多くいらっしゃいます。

古来希なりというのが由来ですから、お祝いのメッセージも素直に長寿を喜び、これまでの感謝を述べて、まだまだ元気でいて欲しいという気持ちを率直に述べるのがよいでしょう。

お祝いの相手に応じて例文をいくつか挙げます。

自分の両親の場合は、「お父さん、このたびは古希を迎えられたこと、本当におめでとうございます。これまでありがとうございました。これからもますます元気でいて下さい。」

最後の文は「いつまでもお母さんと二人で元気にお過ごしください」などもよいでしょう。
両親が同年齢ならば、「お父さんお母さん、お二人揃って古希を迎えられおめでとうございます。」などで始めるのもよいでしょう。

義父母の場合はシンプルといってもある程度丁寧な表現にします。
「義父様、つつがなく古希をお迎えの由、お喜び申し上げます。平素ご無沙汰を致しまして申し訳ございませんが、お世話になっております感謝の気持ちを込めまして心ばかりの品をお送りします。ご笑納いただければ幸いでございます。益々のご健勝をお祈りいたします」

「義母様、このたびはまことにおめでとうございます。いつも私どものことを気に掛けてくださり、まことにありがとうございます。これからもますますお元気でお過ごしくださるよう心よりお祈り申し上げます」

若い孫から祖父母へ


「おじいちゃん、古希おめでとうございます。いつも一緒に遊んでくれてありがとう。これからもますます元気でいて下さい」
「おばあちゃん、古希おめでとうございます。おばあちゃんはいつまでも若々しくて、友達にも自慢の存在です。いつまでも元気で長生きしてくださいね」

家族以外の場合


「このたびは古希をお迎えになられたこと、まことにおめでとうございます。これからも健康で明るくお過ごしくださいますようお祈り申し上げます」や「このたびはつつがなく古希を迎えられましたこと、心よりお祝い申し上げます。今後ともこれまでと変わらぬご健勝をお祈り申し上げます」




古希に関するこちらの記事も読まれています


 

古希祝いの熨斗

古希祝いの熨斗

古希祝いの熨斗は還暦祝いや古希祝いに限らず、長寿祝いの熨斗は紅白、あるいは金銀の蝶結びのものを使います。

70歳の古希以後も長寿祝いは継続を願う意味での熨斗

古希の熨斗でに気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにすること。

70歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないで済みます。

古希を迎える方と親しい間柄での熨斗

また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。




古希に関するこちらの記事も読まれています


2016年グッドデザイン賞受賞-還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒|還暦祝い館

名入れ専用FAX注文用紙|還暦祝い館

電話でお問合わせ|還暦祝い館
よくある質問|還暦祝い館
記念日新聞の休刊日一覧|還暦祝い館
記念日新聞の紙面状態チェック|還暦祝い館
今年のお祝い年齢早見表|還暦祝い館
プレゼント商品の熨斗・包装について|還暦祝い館
還暦のプレゼントに御使い頂いたお客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
60年前の世相|還暦祝い館
送料無料!新潟県から全国へお届け致します|還暦祝い館
旅行先にギフト品のお届け可能|還暦祝い館
当店専属利酒師在中|還暦祝い館

ライフスタイルマガジンに掲載|還暦祝い館
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
結婚情報誌に掲載|還暦祝い館
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
贈り物ギフト特集にて掲載|還暦祝い館

カレンダー
  • 今日
  • 休業日



【営業時間のご案内】


平日 9:00~18:00


日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。
インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。



【定休日中のご指定日】


定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。



【定休日中の配送】


土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。


何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



ページトップへ