ホーム  カートをみる お客様の声 ラベル見本 英文の例 FAX注文  お急ぎの方  商品一覧  Q&A  記念日 お問い合せ サイトマップ
  

喜寿とは

喜寿祝いの祝い方

喜寿祝いの祝い方

喜寿とは、77歳の誕生日を祝うことです。

喜という字を草書体で書いてみると、七十七と読めるからということが由来だとされています。

古寿と同じく、紫色のものをプレゼントするといいと言われていますが、喜寿を迎える本人がお年寄り扱いされることを嫌がる場合は、その点も考慮して選んであげるといいですね。

頭巾やちゃんちゃんこなどは避けたほうがいいでしょう。ちゃんちゃんこを贈りたいなら、最近流行しているテディベアにこれらを着用したものにすると相手も不快に感じませんし、かわいいのでインテリアにもなります。

長寿化が進み、最近では喜寿祝い位でようやく老人の仲間入り


最近は人生50年と言われていた昔と比べて長寿化しているので、還暦を何事もなく迎える人が多くなっています。

昔の60歳と比べても、今の60歳はとても若々しいですよね。

そのため、還暦祝いをシンプルにしつつ、古寿以降の誕生日をより盛大に祝う傾向が強まっています。

喜寿祝いの様々なプレゼントの中で一番うれしいのは家族での食事会

喜寿を祝うときには、毎年のプレゼントよりも豪華なものを選んでみたり、親戚で集まって誕生会をすることで長寿を祝いましょう。

名入れサービスを頼めるお酒などを贈って、集まった親戚一同で祝い酒を飲むのもいいですね。

親戚一同で寄せ書きをしたり、手紙のプレゼントも感動の演出に役立ちます。

お酒を贈るなら、一緒にグラスやタンブラーもプレゼントするのもありです。
プレゼントを選ぶときに、せっかく喜寿なのだから紫のものを贈りたいと思っているなら、プリザーブドフラワーが最適です。枯れることがないので手入れする必要もありませんし、アレンジメントの凝ったものもたくさんあります。

色にこだわらないなら、虹色のバラや青いバラもいいでしょう。

77歳ともなると健康面を気にしたプレゼントを選びましょう。


77歳になると、持病を抱えている人も多いですし、健康の維持や長生きが大きな関心ごとになります。

そのため、高額なマッサージチェアや安眠枕など、毎日使えて健康にいいものを贈るのも歓迎されます。

サプライズにこだわらないなら、誕生日に欲しいものがないか、事前に本人に聞いておいて選ぶのもいい方法です。




喜寿に関するこちらの記事も読まれています


喜寿祝いの歴史

喜寿の歴史

日本で長寿のお祝いが始まったのは室町幕府の頃からです。

平安後期の争乱が終わり、平和になったことで人々の寿命が延びたからです。

60歳のお祝いである「還暦」や70歳のお祝いである「古希」は中国から伝わったものですが、「喜寿」は日本が発祥のお祝いです。

江戸時代には庶民の長寿のお祝いの風習として広く定着しました。

喜寿の文字から由来する歴史

「喜」の草書体が「七」を上に1つ下に2つある文字なので「七十七」に見えることから、数え年の77歳をお祝いする習わしになっています。


数え年とは生まれた年に1歳と数え、以降の元旦ごとに一つ年を取るとされています。

何月に生まれても元旦に一つ年を取ることになります。現在では、数え年で年齢を伝えることはほとんどなくなっています。

生まれた年を0歳とし、誕生日を迎える度に一つ年を取る満年齢が一般的になっています。

このため、「喜寿」は満76歳でのお祝いとなります。

現代では喜寿からが本当の意味での長寿祝い?


世界でも冠たる長寿国となった日本。長寿の実感がわいてくるのは「喜寿」だと感じる人が最近は多いそうです。

ほんの数百年前まで「人生五十年」と言われていたことを考えるとまさに隔世の感ですね。

今や長寿大国になった日本では77歳の方はたくさんいます。

2007年の統計では男性が79歳、女性が85歳の平均寿命になっています。

世界から見た日本独自の長寿祝い

喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、長寿を祝うという習慣が定着する中、「喜寿」を祝う習慣も発生したようです。

喜寿以降の長寿祝いは日本で独自に生まれたものだと考えられています。

喜寿を祝う習慣の発生した経由

その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています。

長生きしてくれることをお祝いするのは喜ばしい風習です。

長寿のお祝いに心のこもったプレゼントをすることは、もっと長生きしてほしいという願いを込める意味合いがあります。

聖徳太子の官位が喜寿の紫色に影響している理由


日本で聖徳太子が冠位十二階を定めました。

この中で最も高貴な色とされている「紫色」は、現在でも勲章や公式行事の場で用いられます。

紫色は尊い色とされているので長寿のお祝いに最適です。

そして「喜寿」のお祝いの色もこの紫色です。

年寄りに見られたくない現代の77歳

77歳のお祝いに紫色の衣服やハンカチ、財布などの小物、湯呑みやお茶碗などの日用品をプレゼントすると喜ばれます。

最近ではアクティブな方も多いので、外出先で役立つ水筒やパスケースも「喜寿」のプレゼントとして最適です。


77歳でも元気で働いている方や趣味に励む方が増えてきています。

長寿という雰囲気ではない若々しい方にも「喜寿」のお祝いをすることは大切なことです。




喜寿に関するこちらの記事も読まれています


喜寿祝いの由来

喜寿祝いの由来

なぜ、77歳の祝いを「喜寿」と呼ぶようになったのでしょうか。

75歳のほうがキリがよさそうなものなのに…そう思ったことがある方もいるのでは?

実はこれは考え方の順序が逆なのです。

というのも、「喜」の字を草書体や略字にすると、漢数字の「七」を3つ合わせた(上に1つ、下に2つ)形になります。

しかし、いくらなんでも777歳という年齢はありえません。そこで、「七」が2つの77歳を古希の次の長寿祝いの歳にしようということになったのです。

つまり、喜寿祝いとは、「77歳だから喜寿」ではなく「喜寿とは77歳」。

77歳は縁起かつぎの長寿祝いで「喜寿」となります

昔の人の縁起かつぎと、文字に対する洒落っ気が生み出した長寿祝いが喜寿というわけです。




喜寿に関するこちらの記事も読まれています


喜寿祝いのメッセージ

喜寿祝いのメッセージ


ご本人を含めて長寿という実感が濃くなる「喜寿」。たいていの場合、仕事は引退し、お子様はもちろん、お孫さんもいて…という年齢でもあります。とりわけお孫さんの健やかな成長はご年配の方にとって、うれしくも気がかりな事柄でしょう。そうした気持ちを汲み、ご家族の心からのメッセージを。その一例をご紹介します。



【喜寿を迎えるご本人のメッセージ】


●喜寿を迎える心情を気取りのない言葉で語りましょう。
●ご自分の若い頃のお話などを交えれば、自らの来し方を振り返ることにもなり、味わいのあるお話ができます。
●手紙などで喜寿祝いのお礼を述べる場合には、簡単な近況報告を忘れずに。
●喜寿ともなれば、年賀状や暑中見舞いなどに堂々と書き込むのも大袈裟ではありません。長寿を喜ぶ言葉を時候のご挨拶に加えましょう。
(例)『おせち料理の美味さもひとしおの喜寿の年を…』
『喜び重ねて喜寿とばかりに心楽しい正月を迎え…』


【喜寿を迎える方に向けたメッセージ】


●喜寿を迎えられたご本人と祝われる方に関する思い出やエピソードを軸にして、これまでの感謝を伝えましょう。
●喜寿を迎えられた方の功績を語ることも、来し方を称える意味で大切です。
●健康への気遣いを忘れずに。これは、正式な場合でも内輪の場合でも重要です。
●お孫さんからのメッセージや、仕事関係の方の場合には思い切り若い方からのメッセージを。ご年配の方にとってはことさらうれしいものです。



[追記2017年5月8日]

喜寿の定番メッセージ

日本では長寿の節目の年齢になるとお祝いをする風習があります。喜寿とは77歳を表す言葉です。お祝いということで喜寿を迎えた人に気の利いたお祝いメッセージを考える人もいると思います。なので、今回は定番のお祝いメッセージを紹介します。


家族からのメッセージ
【喜寿編】

基本的にメッセージの内容は家族と家族以外の場合で異なります。家族からの場合は少し砕けた表現などを使用して、親しみやすいようなメッセージにすると、お祝いされる方は安心されると思います。

家族以外からのメッセージ【喜寿編】

家族以外からのメッセージの場合は丁寧な言い回しで、相手の長寿を敬うようなメッセージにするのがよいとされています。


家族(同居、遠方)からのメッセージの例【喜寿編】

「喜寿おめでとうございます。私たちをここまで育て、見守ってくれてありがとうございます。これからも健康でいて下さい。」

といったようなものが挙げられます。お祝いの言葉と感謝の気持ち、そしてこれからの健康を願う言葉という構成が基本になっています。

離れた場所に暮らしている場合は、「また会いに行きます」といった言葉を入れるのもよいのではないかと思います。


家族以外からのメッセージの例【喜寿編】

贈る相手が家族以外である場合のメッセージの例として、「喜寿のお喜びを申し上げます。いつまでもお元気でいて下さい。これからも益々のご活躍を心からお祈りしています。」といったようなものが挙げられます。こちらも最初はお祝いの言葉から入ります。それから相手の健康を祈る言葉を使い、締めの言葉を書くというのが基本形になってきます。

ここで注意しなければならない点は丁寧な言葉を使い、喜寿を迎えた方に尊敬の念を示すような言い回しを使うようにすることです。


喜寿のメッセージとプレゼント

喜寿を祝う際にはお祝いのメッセージだけでなく贈り物も用意すると思われます。メッセージと贈り物の内容を掛けたような文章を作るのもいいと思います。昔から言葉遊びというのは頻繁に用いられてきました。なので、喜寿を迎えられた方も楽しい気持ちでメッセージを読むことが出来るでしょう。


喜寿に関するこちらの記事も読まれています


喜寿祝いの熨斗

喜寿祝いの熨斗とは

喜寿の熨斗は喜寿を含め、長寿祝いの熨斗はつねに紅白、あるいは金銀の蝶結びのものを使います。

この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにすること。

喜寿以降も継続したお祝いが続くように願いを込めた熨斗

77歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、

長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないで済みます。

77歳の方と親しい間柄の場合の熨斗


また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、

親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。




喜寿に関するこちらの記事も読まれています


2016年グッドデザイン賞受賞-還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒|還暦祝い館

名入れ専用FAX注文用紙|還暦祝い館

電話でお問合わせ|還暦祝い館
よくある質問|還暦祝い館
記念日新聞の休刊日一覧|還暦祝い館
記念日新聞の紙面状態チェック|還暦祝い館
今年のお祝い年齢早見表|還暦祝い館
プレゼント商品の熨斗・包装について|還暦祝い館
還暦のプレゼントに御使い頂いたお客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
60年前の世相|還暦祝い館
送料無料!新潟県から全国へお届け致します|還暦祝い館
旅行先にギフト品のお届け可能|還暦祝い館
当店専属利酒師在中|還暦祝い館

ライフスタイルマガジンに掲載|還暦祝い館
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
結婚情報誌に掲載|還暦祝い館
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
贈り物ギフト特集にて掲載|還暦祝い館

カレンダー
  • 今日
  • 休業日



【営業時間のご案内】


平日 9:00~18:00


日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。
インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。



【定休日中のご指定日】


定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。



【定休日中の配送】


土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。


何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



ページトップへ