ホーム  カートをみる お客様の声 ラベル見本 英文の例 FAX注文  お急ぎの方  商品一覧  Q&A  記念日 お問い合せ サイトマップ
  

米寿とは

米寿祝いの歴史

米寿祝いの歴史

昔は人の寿命が今よりずっと短かったことは、皆さんもご存じでしょう。

そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったといいます。

米寿を含めた長寿をお祝いする起源

そうした習慣が伝わってきたのが日本の長寿祝いの起こりです。

その後、平均寿命が延びて行くとともに、77歳=喜寿からの長寿祝いが日本で独自に発生。

米寿祝いの定着

米寿もその一つです。ただし、その習慣が定着した時期については、実のところはっきりしていません。

ただ、70歳の古希祝いが発生したのが室町時代と推定されていますから、それ以降であることは確かでしょう。




米寿に関するこちらの記事も読まれています


米寿祝いの由来

米寿祝いの由来

「米寿」の「米」の字を分解してみてください。軸が「十」、それを2つの「八」が囲む形になっています。

「八」という字は古来、日本では末広がりで縁起が良いとされてきました。

漢字文化の日本人だからこそ88歳の米寿に語呂が良い

同時に、瑞穂(みずみずしく、よく実った稲)の国である日本においては、「米」もまた大切な言葉。その2つがちょうど一致するのが「88歳=米寿」です。

文字としての洒落っ気もさることながら、この縁起の良さ。

米寿祝いは、漢字文化と米を大切に考えてきた日本人ならではの長寿祝いといえるでしょう。

歴史から見た米寿をひもとくと

歴史を辿ってみるとかつては人が人生を終える年齢が現在よりも大幅に短く、古代の中国においては40歳から10年の頻度でお祝いしていたほどもあるほどです。


そういった風習が伝来したのが日本における長寿祝いの起源であり、日本国内では77歳で初めてお祝いする習慣ができ88歳の米寿祝いへと続いていきました。


ただし、現在においても習慣が定着化した明確な時期ははっきりとわかっていないものの、70歳での古希祝いが生まれたのが室町時代であることを考慮すると室町時代以降であることは間違いありません。

漢字から米寿が88歳とつながる


米寿祝いの由来は漢字に隠されており、米という漢字を分解してみると軸となる十という文字が八に囲まれていることがわかります。


古くから国内で八という漢字は末広がりの見た目から良いものだと認識されており、米も重要な農産物であったことから縁起が良い2つが合わさっている米寿を盛大に祝うことになりました。


文字として見た場合の洒落っ気はもちろん、漢字の文化とお米を重要視し大切に扱ってきた国民ならではのお祝い事と言えます。

米寿祝いのプレゼント事情


プレゼントを贈る目的も兼ねて当人を中心とした行事を開くのも良いですが、それは当事者が元気がある場合にした方が良いです。


健康寿命が延びているとは言っても88歳は体力が低下が見受けられるので、堅苦しさがある形式張った事柄は疲弊させてしまう原因になります。


そのため、カジュアルな様子で集まり一言ずつ短いメッセージを伝えつつ、負担にならないプレゼントをお渡しするのが良いでしょう。


また、難しく感じられる言葉は避けて話しかけるように伝え、元気良く明るい表情で接すると本人の気持ちを高められるようになります。


米寿を迎えた主役が皆に向けたメッセージを希望しないのなら無理してお話する必要は無く、一言だけ感謝の言葉を述べるだけでも十分です。


さらに、プレゼントの中にはさり気なく稲穂を添付しておくとセンスのあるプレゼントになります。




米寿に関するこちらの記事も読まれています


米寿のお祝い

米寿のお祝い

米寿のお祝いは世界に冠たる長寿国になったとは言え、88歳ともなると男女ともに平均寿命も超え、文句なしの長寿。還暦や喜寿には抵抗や照れもあった方でも、胸を張って長寿を誇れます。この堂々の長寿を御祝いするキーワードとなる色は「金茶色」です。古希、喜寿が高貴な紫色であったため、さらに上となる色としてこの色が選ばれたようです。

日本の文化こそ米寿祝い!

金色から光沢を除いたような色と言えば想像しやすいかもしれませんが…わりきって「金色」や「黄色」と考えても差し支えありません。また、「米」の字に注目するというのも一つの方法。「瑞穂の国・日本」ならではのお祝いのかたちをいろいろ考えつくことができるかもしれませんね。

家族で米寿のお祝いに孫を集めて食事会するのがシンプルで喜ばれる。

お祝いの席を設ける際には、ご本人の体調などへの気配りが大切。外出がご本人の負担になるようであれば決して無理せず、ご家族の手料理やお取り寄せのお料理でホットに御祝いするというのも、それはそれでよいものです。

米寿祝いの祝い方

60歳になったら還暦、70歳になったら古希のお祝いを行いますが、これは中国から伝わった長寿のお祝い習慣です。

しかし、88歳になった時に祝う米寿は、日本独自のお祝い習慣で、古くから大切にされています。

米寿のお祝いは数え年

米の文字を分解すると、「八十八」になることから米寿と呼ばれています。また、数え年で88歳を迎える年にお祝いをすることになっていることが特徴です。数え年では、生まれた年を0歳ではなく1歳と考えるため、1月1日の元旦に一つ年を取ることになります。

現在は、生まれた年を0歳と数えますので、誕生日に一つ年を取る満年齢に当てはめて考えると、87歳の誕生日が米寿になります。ただし、最近は満年齢88歳でお祝いをすることが多くなっています。

米寿祝いは黄色いちゃんちゃんこ

還暦祝いでは赤いちゃんちゃんこをプレゼントする習慣がありますが、米寿では黄色のちゃんちゃんこを贈るのが一般的になっています。また、米寿祝いの会などに招待された場合、プレゼントの裏書は「祝米寿」とします。

米寿祝いは孫まで勢揃いで家族の食事会が一番嬉しい

88歳になると、孫はもちろんですが、曾孫がいる場合もあります。

高価なプレゼントを贈ることも喜ばれますが、子ども、孫、曾孫が集まり、元気な顔を見せて米寿を祝って上げることが最良の祝い方とも言えます。

米寿祝いの日取りは88歳の誕生日以外にも敬老の日を活用

米寿のお祝いをする日に決まりは特にありませんので、誕生日、敬老の日に合わせることもあれば、家族が集まった際にお祝いをすることもあり、ケース・バイ・ケースです。

88歳と高齢になっていますので、お祝いを行う場所は自宅か、自宅からあまり離れていない場所で行うことがおすすめです。

元気で足腰がしっかりしている場合は、旅行などをプレゼントして、そこでお祝いすることも一つの方法になります。

米寿の食事会で選ぶプレゼントは

また、黄色のちゃんちゃんこに加えて、差布団や扇子、頭巾なども黄色のものを用意して、お祝いすることが増えています。

それ以外にサプライズとなるプレゼントがあると食事会も盛り上がります。

予算により、健康に優しいものや衣料であれば若々しく見えるものを選ぶことがポイントです。




米寿に関するこちらの記事も読まれています


米寿祝いのメッセージ

米寿祝いのメッセージ

米寿は88歳の長寿のお祝い。米の文字が八十八になることが由来です。

米寿のお祝いにはどんなメッセージやプレゼントが喜ばれるでしょうか。

とても長生きのおじいちゃん、おばあちゃん。

米寿は、金色(黄)が長寿の色とされているので、黄色のちゃんちゃんこをプレゼントしてお祝いするのが習わしです。

ご本人が元気溌剌であればよいのですが、体力に自信を無くされている場合などには、形式ばったご挨拶などは時間がかかることもあり、あまりお勧めできません。

できれば、一言メッセージなどを集まっている皆さんから頂戴しましょう。

その際には、難しい言葉など使わず、心からの一言を。

一人ひとりが明るく元気よくお祝いの言葉を発するほうが祝われるご本人の気持も浮き立たせることができます。


また、ご本人からメッセージも、ご本人が希望しない限りは無しでもОK。

ありがとうのたった一言でも、その笑顔と喜びは充分に皆さんに伝わることでしょう。

米寿祝いに使える定番でシンプルなメッセージ例

米寿とは、漢字の「米」という字を分解すると、八(上の点をひっくり返します)、十、八となり、
末広がりの八が2つ重なることで大変おめでたい年とされ、昔からお祝いをされてきました。
数え年で88才を迎える年にお祝いをします。

ただし、私達が普段使っている年齢の数え方は満年齢のため、1つ年が戻り87才となります。
今は、その辺があいまいになっているようで、どちらの年でお祝いしてもいいようです。
このように、数え年で節目とし、節目に長寿をお祝いすることを「年祝」と言います。

米寿祝いを迎える方へ向けたメッセージ例文

・この度は、米寿を迎えられるとのこと、心からお祝いを申し上げます。
これからもお体を大切に、いつまでもお元気でいて下さい。

・米寿、おめでとうございます。時が経つのは早いものですね。
これからも、元気で楽しく過ごして下さい。

・米寿を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。
これからも、健やかに過ごせますようお祈り致しております。

・おめでとうございます。
末広がりの八十八歳。これからも幸せな日々を重ねていって下さい。

・この度は、元気に米寿を迎えられましたこと、まことにおめでとうございます。
どうぞお体を大切にしていただき、いつまでもお元気でいて下さい。

・いつも若々しい○○さんが米寿を迎えられると聞いて驚いています。
いつまでも素敵な○○さんでいて下さい。
おめでとうございます。

・米寿のお祝いを申し上げます。
これからもお体を大切に、ますますのご活躍をお祈り致しております。

・米寿おめでとうございます。
これからは少し健康にも注意していただき、元気で長生きして下さい。

・お米を食べて、元気に楽しく過ごして下さい。

・まだまだ卒寿、白寿まで長生きして下さい。

・ご壮健でこの日を迎えられましたこと、まことに喜ばしいかぎりです。
心からお祝いを申し上げます。

・これからはあまり無理をしないで、元気で長生きして下さい。


米寿祝いにはメッセージと一緒に88歳の記念プレゼントを

88歳まで長生きした、おじいちゃんやおばあちゃんが喜んでくれるようなことをしてあげたいですね。

きっと手作りのものや手書きのメッセージなどはとても喜んでくれます。

家族の寄せ書きやアルバム、お手紙など。またその方の趣味や好みに合ったものはうれしいですね。

アクティブな方なら帽子や靴。お花がお好きな方なら素敵な花束。

芸術に興味があったら絵や陶芸品などはプレゼントとして最適です。

おしゃれが好きな方ならアクセサリーやファッションアイテムなども良いですね。

長い時間を生き抜いてきた方ですから、何かが欲しいとか何かをしてもらいたいという気持ちは多くはなく、やはり心の込もった、想いが伝わることが良いでしょう。

米寿の食事会でお祝いのメッセージを言葉で伝える

みんなでおいしいものを食べたり、おじいちゃんやおばあちゃんが好きなものを食べるなど、パーティをするのも素敵です。

みんなで楽しく思い出になるようなことをします。

88歳をデコレーションしたケーキを作るのもきっと感激するでしょう。

こんなふうにその方のイメージに合ったこと、喜びそうなサプライズなどアイデアがたくさんあります。

そして一番うれしいのはやはり言葉の贈り物です。

素敵なメッセージを言葉にしてお手紙に書いて渡したり、直接伝えてあげるのが良いでしょう。

想いが伝わるならどんな言葉でもうれしいはずです。

いつも伝えたいと思っていること。今までのこと。これからのこと。素直な気持ち。

おじいちゃんやおばあちゃんに思いやりを持ってかける言葉は、長い時間を生きてきた方にとって何よりのプレゼントになります。

そして「ありがとう」の気持ちを込めて。88歳、米寿を迎えた方への感謝の想いを伝えてあげたいですね。




米寿に関するこちらの記事も読まれています


米寿祝いの熨斗

米寿祝いの熨斗

88歳の米寿祝いの熨斗は還暦祝いや古希祝いに限らず、長寿祝いの熨斗は紅白、あるいは金銀の蝶結びのものを使います。

この時に気をつけたいのは、結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにすること。

88歳という年は人生にたった一度きりしかないとはいえ、長寿のお祝いはこれから何度も続くように…と考えれば間違えないで済みます。


また最近は、カラフルで華やかな金包みも豊富にありますから、親しい間柄ではそうしたものを選ぶのも楽しいものです。
※せっかくの「米寿」ですから、手に入れられるなら稲穂を1~数本、さりげなく熨斗に挟んでおくというのも粋な演出になります。



米寿に関するこちらの記事も読まれています


2016年グッドデザイン賞受賞-還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒|還暦祝い館

名入れ専用FAX注文用紙|還暦祝い館

電話でお問合わせ|還暦祝い館
よくある質問|還暦祝い館
記念日新聞の休刊日一覧|還暦祝い館
記念日新聞の紙面状態チェック|還暦祝い館
今年のお祝い年齢早見表|還暦祝い館
プレゼント商品の熨斗・包装について|還暦祝い館
還暦のプレゼントに御使い頂いたお客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
60年前の世相|還暦祝い館
送料無料!新潟県から全国へお届け致します|還暦祝い館
旅行先にギフト品のお届け可能|還暦祝い館
当店専属利酒師在中|還暦祝い館

ライフスタイルマガジンに掲載|還暦祝い館
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
結婚情報誌に掲載|還暦祝い館
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
贈り物ギフト特集にて掲載|還暦祝い館

カレンダー
  • 今日
  • 休業日



【営業時間のご案内】


平日 9:00~18:00


日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。
インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。



【定休日中のご指定日】


定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。



【定休日中の配送】


土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。


何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



ページトップへ