ホーム カートをみる お客様の声 ラベル見本 英文の例 FAX注文 お急ぎの方  商品一覧 Q&A お問い合せ サイトマップ

 用途別   70歳の古希 77歳の喜寿 80歳の傘寿 88歳の米寿 90歳の卒寿 99歳の白寿 100歳の百寿 定年退職 記念日 |  

  

還暦祝いの実態アンケート結果

どう祝うのが正解?参加者全員が満足できる「還暦祝いの食事会」の内容とは

満60歳を迎える方に向けて行う還暦祝い

満60歳を迎える方に向けて行う還暦祝い。ご家族はもちろん、お世話になった上司の方など、さまざまな方に感謝の気持ちを伝えられる場面です。しかし、「お祝いしたい!」という気持ちはあるものの「いったいどうやって祝えばいいのだろう…」と悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、“還暦祝いの食事会”にスポットライトを当て、その内容についてとことん詳しくご紹介していきたいと思います。これから還暦を迎えられるご家族やお知り合いがいらっしゃる方は、ぜひ参考にしてください。

Q.還暦祝いの食事会はどんなところで行いましたか?

まず、世の中の人がいったいどんな場所で還暦祝いの食事会を開いているのかという点について調べてみましょう。今回は、これまでに還暦祝いを開催してもらったことのある、100名の男女にアンケートを実施しました。食事会での思い出や感想を聞きましたので、さっそく結果を見ていきましょう!
還暦祝いの食事会の実施場所の実態アンケート結果|還暦祝い館

1位:住み慣れた自宅や家族の家・・・47%
2位:落ち着いた雰囲気の料亭や旅館・・・36%
3位:テレビや雑誌で話題の新しいレストラン・・・10%
4位:ショーやサプライズなど面白い演出のあるレストラン・・・4%
5位:ドレスアップして行きたくなるようなおしゃれなレストラン・・・3%


1位になったのは「住み慣れた自宅や家族の家」でした。「我が家が一番落ち着ける」「家族でこじんまりと行いたい」「開いてくれるだけでも十分」といった声が目立ちました。票数は4割を超えており、圧倒的多数の結果となりました。
一方、2位になった「落ち着いた雰囲気の料亭や旅館」では、「のんびりとした気持ちで出席した」「ガヤガヤ賑やかでないのがいい」といった声が多く見られました。1位の票数と合わせると実に83%となり、基本的に還暦を迎えられる方の気持ちとしては、そこまで大々的な会の開催は望まれていない傾向があることがわかりました。


コメント紹介

続いて、1位から3位までの回答に寄せられたコメントをいくつかご紹介します。

1位:住み慣れた自宅や家族の家

  • 料亭やレストラン等で派手にやるのは好きではないからに他なりません。自宅でプレゼントを受け取り、家族とゆっくり過ごせたので嬉しかったです。(女性・千葉県・68歳)
  • 小さな孫もいて走り回るので、自宅で気兼ねなくにぎやかに食事会をしました。食事会だけでもうれしかったのに、小さな孫たちからも手作りのプレゼントをもらったことがうれしくて思わず泣いてしまいました。(女性・滋賀県・60歳)
  • 行き慣れない所より、自宅が一番ということで、外食は取りやめてもらいました。近くのスーパーでお刺身を沢山買ってきてもらったので、良い還暦祝いにつながった気がします。(男性・群馬県・69歳)

2位:落ち着いた雰囲気の料亭や旅館

  • 仲間内で還暦の祝いをしました。静かな料亭で食事会の途中でサプライズプレゼントを頂きました。感激して、うれし涙が出ました。(男性・埼玉県・63歳)
  • 急に娘から食事を誘いたいとのことを言われて、何が何だかわからないまま料亭に行きました。そこでサプライズ的にお祝いをしてくれて、料亭の雰囲気とマッチしていたのがとても印象に残りました。(女性・香川県・65歳)
  • 温泉が好きなので、旅館を予約してくれていました。その場にこれなかった人も含めて、色紙にメッセージを寄せ書きしてくれたことがとても嬉しかったです。(女性・広島県・62歳)

3位:テレビや雑誌で話題の新しいレストラン

  • 息子がテレビで有名な料理人のやっているレストランを予約してくれ、家族で集まって還暦祝いをしてもらいました。(女性・愛知県・62歳)
  • いつでも行ける場所ではなくて、特別な感じがしたし、新しいお店は気分もウキウキしたから。(女性・福岡県・64歳)

還暦祝いの食事会の流れについて

還暦祝いの食事会の流れについて

それでは次に、還暦祝いの食事回の流れについて考えていきましょう。還暦祝いの食事会というと、「何か特別なことが必要なのでは?」と考えてしまいがちですが、進行としては一般的なパーティーと何ら変わりはありません。基本は以下のようなイメージで進めましょう。

1. 開会

そこまで形式的な挨拶は不要ですが、進行の方がいるのであれば「これより、○○さんの還暦をお祝いする会を開催します」といった言葉をもらいましょう。

2. 出席社からの祝辞

祝辞を述べるのは、出席者の中でもっとも役職の高い方や、年長者にしておくのが無難です。

3. 乾杯

祝辞が終わったら、いよいよ乾杯です。この際、音頭を取るのは「三番目に役職の高い方」というのが通例です。

4. 食事・歓談

乾杯の後にはしばらくの間食事と歓談を楽しみます。

5. お祝いの言葉や余興

ある程度時間が経ったら、ここからはお祝いの言葉や余興で場を盛り上げましょう。

6. お祝いの品贈呈

次にプレゼントの贈呈です。基本的には、出席社一同を代表する方から、還暦を迎えられる方に向けて渡すようにしましょう。

7. 還暦を迎えた方からの挨拶

お祝いの品贈呈が終わったら、次に主役となる還暦を迎えた方からの挨拶です。

8. 締めの挨拶

宴もたけなわ、といったタイミングになりましたら、最後の“締めの挨拶”を行います。ここでは、役職が二番目に高い人が行うのが一般的です。


以上が還暦祝いの食事会の流れになりますが、これらはあくまで基本の流れです。応用としては、お祝いのプレゼントを早めに渡すなどをしても良いでしょう。最も大切なことは還暦を迎えた方に心から楽しんでもらい、出席者のお祝いの気持ちを実感してもらうことです。本質を忘れないように気を付けましょう。

還暦祝いの食事会の日程・場所はどうやって決める?

暦祝いの食事会の日程や場所決め

次に、還暦祝いの食事会の日程や場所決めについても考えていきましょう。

1. まずは人数を決定する

還暦祝いの食事会を開催しようと考えた場合、はじめにしなくてはならないのは“人数の決定”です。そもそも、日程や会場というのは「誰がいて、何人の人が出席するのか?」がハッキリしていないと決められません。後々から人数が増えた減ったとなっては、日程や会場の調整が必要となり、かなりバタバタとなるでしょう。とにもかくにも、まずは人数を決定するために、出席の有無を確認してください。

2. 日程の決定

人数が決定したなら、次に日程調整に入ります。少人数であれば頭で条件を組み、簡単にスケジュールの把握ができるでしょう。しかし、10人以上くらいになってくると、そろそろ誰が何日を希望しているかというのが分からなくなってしまいます。 この場合は、幹事となる方が上手にスケジュール帳などをやりくりし、可能な限り多くの人が納得できる日付を選ばなくてはなりません。


3. 会場の決定

人数と日程が決まったら、次は会場選びです。まずはオーソドックスに還暦を迎えられる方の自宅で行うというパターン。前述のアンケートでも、見事1位になっていた選択肢ですね。和気あいあいと楽しい食事会が目に浮かびます。
ただし、幹事がその家の人であれば問題ありませんが、会社の上司などの場合は先方のお宅の負担が大きくなってしまうので、避けておいたほうが無難です。この場合は、お店を予約するのが無難でしょう。

準備は万全に! 食事会前に用意しておきたいこと・もの

食事会前に用意しておきたいこと

最後に、食事会の前までの準備についても考えておきましょう。今回は幹事の方に求められる“こと・もの”についてまとめています。

1. 人の専任

還暦のお祝いの食事会では、挨拶や余興など、参加者にご協力いただく場面が多々出てきます。そのため、幹事の方は事前に“人の専任”を行い、依頼をしておかなくてはなりません。

2. プレゼントの用意

食事会の当日までに、贈呈品の用意も必要です。何を贈れば喜ぶのかなど、じっくりと考えましょう。定番品はもちろんですが、オリジナリティのあるプレゼントもやはり喜ばれます。もしも自宅で会を行うなら、“名入りのお酒”などがあるといいですね。食事会中は全員に振る舞い、閉会後も、ビンを飾っておけるなどの魅力があります。

3. お店の予約

自宅以外の場所で会を開催するのであれば、お店の予約が必要です。ある程度の大人数になると、貸し切りにしなくてはならないこともありますので、早めに連絡するよう心がけましょう。
ちなみに、予約の際にアラカルトかコースかを聞かれることも多いと思いますが、基本的にはコースが無難です。ただし、もっとも気にすべきは主役である還暦を迎える方なので、その人の好みに合わせたものをチョイスするようにしましょう。

4. その他、幹事の仕事

この他にも、幹事の場合には出席者に決定したことを連絡する仕事があります。単純に日程や場所を伝えるだけでなく、どのメンバーが参加するのか? 当日は、どのように移動するのか? といった点についても取りまとめ、伝えるようにしましょう。

***

還暦のお祝いは一生に一度のこと。お祝いされる側としては、食事会を開いてもらえるだけでも大きな喜びがあるものです。また、その際に自分の名入りのお酒などをプレゼントされたら、きっと一生の思い出になるでしょう。今回ご紹介したアンケート結果や手順を参考にして、参加者全員が満足できる食事会を開いてくださいね。


-----------------------------------------------------

<アンケート調査概要>
対象/60代以上の男女100名
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2017年5月




還暦に関するこちらの記事も読まれています


何が嬉しい?贈って喜ばれる還暦祝いのプレゼントは?

貰って嬉しい還暦祝いのプレゼント 満60歳の誕生日に行われることの多い還暦祝い。当日は、当人が赤いちゃんちゃんこを着て、親しい人たちに祝われるといった風習があります。長寿を喜び、これからの健康や活躍を祈るといった意味のあるこの催しですが、祝う側からお祝いのプレゼントを贈るのも一般的になっています。
「せっかく還暦祝いのプレゼントを贈るのであれば、相手に喜んでもらえるものがいい!」そう考える人がほとんどでしょう。そのためには、贈られた側の気持ちをまずは考えていかなくてはなりません。
そこで今回、これまで還暦祝いのプレゼントをもらった経験のある100名の方にアンケートを実施。「もらって嬉しかった還暦祝いのプレゼントは何ですか?」という質問を投げかけました。
アンケートの結果と共に、具体的な品や予算、当日の祝い方といった内容もご紹介しています。これから親類や親しい方が還暦を迎えられるという方は、ぜひ参考にしてください。

Q.もらって嬉しかった還暦祝いのプレゼントは何ですか?

還暦祝いで嬉しかったプレゼントのアンケート100人統計|還暦祝い館
第一位になったのは「旅行などの体験できるもの」という意見でした。
コメントを見てみると、温泉や国内観光はもちろん、海外への旅行券といったものを皆さん贈られているようです。また、食事会などを上げていらっしゃる方もいらっしゃいました。
第二位は「オーダーメイドの品・名物や記念日の入った品」でした。
還暦という節目にはぴったりな贈り物。見返す度に、思い出が蘇りますね。最近では、さまざまな品に名前や記念日の日付を入れられるので、選択肢も豊富なようです。
第三位は「実用的なものや好きなもの」。「相手はどんなものを欲しがっているのだろう?」と考えた末のプレゼントですから、その気持ちが嬉しいという方も多いようです。末永く使ってもらえる品が、特に多い印象でした。
なお、ランキングだけを見ると「物より思い出?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、2位と3位はどちらも“物”のプレゼントで、合計すると54%。こうして見てみると、“体験”と“物”は半々くらいになります。どちらも喜ばれるプレゼントであることに変わりはないようです。

コメント紹介

ここからは、アンケートに寄せられたコメントをいくつかピックアップしてご紹介します。

第一位:旅行などの体験できるもの

  • 仕事を退職してから、時間が出来たのですがどのように過ごすか考えていた時に旅行をプレゼントされました。心の洗濯をすることができ、良かったです。(男性・埼玉県・69歳)
  • 嬉しかったのは、自分だけでなく子どもや孫も一緒に旅行に行くことができたことです。子ども達が、全て手配や費用を分担してくれたのでとてもいい記念日にできました。(女性・滋賀県・65歳)

  • 私の場合は、娘たちからお食事に誘われたことでした。それまで一緒に歩んできた家族との人生に話題が及び、とても素晴らしい時間を過ごせました。娘達は、私の心情を読み取ってくれるので、かけがえのない存在だと思っています。(女性・香川県・80歳)

オーダーメイドの品・名物や記念日の入った品

  • 名前入りのお酒をもらい、そのお酒でみんなで晩酌しました。良い思い出になります。(男性・山形県・65歳)

  • 長く使続けるタイプなので多少根が張ってるであろうオーダーメイドのものをもらった時は嬉しかった。(女性・千葉県・69歳)

  • 名前と誕生日の入った写真立てを、一家全員で出かけた時の写真を入れてもらったとき。(女性・千葉県・69歳)

実用的なものや好きな物

  • 長年使っていた時計が壊れて使っていなかったら、時計をプレゼントしてもらい毎日欠かさずつけています。(女性・兵庫県・62歳)
  • 使いやすそうな万年筆を頂いたことがあります。日頃からお手紙を書き込む機会が多いので、万年筆をもらった時はとても嬉しいと感じました。(男性・群馬県・60歳)

  • ワインを長年好きだったことを覚えてくれていて、とても嬉しかった。(男性・熊本県・64歳)

今回挙げた選択肢は、どれも還暦祝いの定番ばかりです。どれを選んでも、きっと喜んでもらえるでしょう。

ちなみに……

「プレゼント旅行の先でオーダーした記念品を贈る」
「食事会の時に、名入りのお酒をプレゼントして一緒に飲む」
「実用品に記念日を入れてより特別感を演出する」
といった、掛け合わせのプレゼントも、もちろんおすすめです。

還暦祝いのプレゼント! 定番中の定番をご紹介

還暦祝いのプレゼントを考えよう

ここからは、アンケートの内容も踏まえながら、還暦祝いのプレゼントについて考えていきましょう。

旅行

まずはランキングで1位にもなった「旅行」。
コメントにもあったように、間違いなく喜ばれるプレゼントです。問題はどこに行くか? ということですが、定番としてはやはり温泉旅行でしょうか。アクティビティを楽しむのもいいですが、ゆったりのんびりできるところを選ぶのが無難です。
ちなみにご両親の場合、「夫婦2人で行っておいでよ」とするのもいいですが、意外に家族全員でワイワイと一緒に楽しむほうが喜ばれるケースも多いです。旅行のプランを考えたりしていると、自然に親子の会話も弾むでしょう。こうした準備期間も含めて、親孝行のプレゼントになるかもしれません。

記念品

たとえば、お父さんの趣味がゴルフなら、名入りのオーダーメイドグローブなどはいかがでしょうか? クラブですと予算的に厳しいですし、好みも分かれるところ。ですが、グローブであれば気兼ねなく使ってくれるに違いありません。
その他、お酒が好きという方に向けたプレゼントであれば、英字で書かれたメッセージ入りのバカラグラスもおすすめ。“おちょこ”なんていうのも気が利いているかもしれません。合わせて名入りのお酒をプレゼントするのも気が利いています。こうしたプレゼントであれば、親類だけでなく、上司や恩師といった方にもぴったりです。
もしくは、夫婦二人でのんびりして欲しいという願いを込め、名前入りの湯飲みをペアで贈るのもいいですね。

実用品

普段から欲しがっているものが分かっているなら実用品でももちろんOKです。男性であればお財布、女性であればバッグやアクセサリーが定番でしょう。その他にも、腕時計やキーケースなども喜ばれます。
なお、こうした実用品を贈るのであれば、還暦を迎える前から何が欲しいのかのリサーチも必要になってきます。すでに気に入っているお財布を相手が持っているのなら、わざわざプレゼントで渡すこともありませんしね。
このあたりは、日頃のコミュニケーションが重要なポイントと言えそうです。

どれくらいかける? 還暦祝いのプレゼントの予算相場

贈り物・プレゼントの予算相場

続いて、気になる還暦祝いのプレゼントの金額についても見てみましょう。渡す人との関係性によって予算が異なるのは当然です。両親・祖父母・親戚・その他に分けてご紹介します。

お父さん・お母さん

両親への還暦祝いのプレゼント相場は一般的に10,000〜100,000円程度が妥当と言われています。少し開きがあるのは、兄弟で折半するケースなどがあるからでしょう。一人あたりで考えると、10,000〜40,000円程度が妥当かもしれません。

おじいちゃん・おばあちゃん

祖父母へ向けた還暦祝いのプレゼントの一般的な相場は10,000〜30,000円程度です。両親に比べると上限がグッと下がる印象ですね。
とは言え、この予算であれば十分素敵なプレゼントが選べるはずです。

親戚

叔父・叔母などの方に向けては、5,000〜20,000万円程度が妥当でしょう。感謝の気持ちをちょっとした品に託すといったイメージですね。

上司・恩師など

親類でない方の場合には、5,000〜10,000円程度を見込んでおけば十分です。とは言え、同僚や関係者でこの値段を出し合えば、かなり豪華なプレゼントも用意できます。

番外編! 還暦祝いの食事会の相場は?

さて、ここからは少し話がそれますが、予算を考えるうえで忘れてはいけないポイントについてもお伝えします。
還暦祝いを行う際、特別感を演出したいのであれば、やはり会場の手配が必要になるでしょう。この場合、ある程度立派なお店を予約すれば4,000円〜10,000円/一人の出費は見ておかなくてはなりません。
もちろん、お祝いされる方の分は参加者で折半になります。そうして考えると、プレゼント代以外の予算も1万円以上は確保しておいたほうがよいでしょう。

おすすめ! 家族での還暦祝いの祝い方

家族での還暦祝いの祝い方

続いて、還暦祝いの日の過ごし方についても考えてみましょう。おすすめの祝い方をいくつかご提案しますので、参考にしてみてください。

旅行先で宴会

もしもプレゼントが旅行なのであれば、贈る側も一緒に参加して、現地で宴会を開くのがおすすめです。とは言え、そこまで大規模なものである必要はありません。家族が同じ部屋に集まり、一緒になって楽しい時間を過ごせればそれで十分です。

素敵なお店でディナー

ちょっと特別な一日を演出したいのであれば、少しだけ高級なレストランなどを予約してみてください。普段なかなか行かない場所だからこそ、“お祝いムード”が出せるでしょう。美味しい食事を食べながら、和気藹々と楽しい一日を過ごしてください。

実家で一家団らん

自宅でのお祝いも、もちろんおすすめです。食事の手配で手間がかかるようなら、出前などを頼んでもいいかもしれませんね。落ち着ける空間での一家団らんは、自然と家族全員を笑顔にしてくれるでしょう。また、昔のアルバムなどを一緒に見て思い出話に花を咲かせられるのも、実家ならではの過ごし方と言えます。

感謝の気持ちを手紙に託して

プレゼントと一緒にぜひ渡していただきたいのが“手紙”です。感謝の気持ちをしたためた手紙を読み上げ、どうしてこのプレゼントを選んだのかといった理由も添えれば、よりいっそう気持ちが伝わるでしょう。
読み上げるのが照れくさいのなら、プレゼントに同梱してしまっても構いません。大切なのは、還暦というタイミングであなたの気持ちをご両親に伝えることです。

家族写真の撮影

お祝い会の前に家族でフォトスタジオに足を運び、記念の一枚を残すのも素敵です。デジタルカメラが主流となった今でも、記念写真撮影はやはり特別なもの。フレームに入れて飾っておけば、当日の思い出をいつでも思い出せるでしょう。

思い出に残る還暦祝い

還暦祝いのプレゼント選びの参考になったでしょうか? いろいろとご提案をしてきましたが、最終的に大切なのは“贈られた方の喜ぶ顔”と“贈り手側の思い”に尽きます。
「自分のために一生懸命プレゼントを考えてくれたんだ……」
という気持ちが伝われば、きっと素敵な還暦祝いになるでしょう。
プレゼントはあくまで手段のひとつ。お祝いで大切なのは、心からの感謝です。今回の記事が、少しでもその手助けになれば幸いです。

-----------------------------------------------------

<アンケート調査概要>
対象/60代以上の男女100名
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2017年3月




還暦に関するこちらの記事も読まれています


2016年グッドデザイン賞受賞-還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒|還暦祝い館

名入れ専用FAX注文用紙|還暦祝い館

電話でお問合わせ|還暦祝い館
よくある質問|還暦祝い館
記念日新聞の休刊日一覧|還暦祝い館
記念日新聞の紙面状態チェック|還暦祝い館
今年のお祝い年齢早見表|還暦祝い館
プレゼント商品の熨斗・包装について|還暦祝い館
還暦のプレゼントに御使い頂いたお客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
60年前の世相|還暦祝い館
送料無料!新潟県から全国へお届け致します|還暦祝い館
旅行先にギフト品のお届け可能|還暦祝い館
当店専属利酒師在中|還暦祝い館

ライフスタイルマガジンに掲載|還暦祝い館
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
結婚情報誌に掲載|還暦祝い館
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
贈り物ギフト特集にて掲載|還暦祝い館

カレンダー
  • 今日
  • 休業日



【営業時間のご案内】


平日 9:00~18:00


日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。
インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。



【定休日中のご指定日】


定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。



【定休日中の配送】


土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。


何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



ページトップへ