ホーム カートをみる お客様の声 ラベル見本 英文の例 FAX注文 お急ぎの方  商品一覧 Q&A お問い合せ サイトマップ

 用途別   70歳の古希 77歳の喜寿 80歳の傘寿 88歳の米寿 90歳の卒寿 99歳の白寿 100歳の百寿 定年退職 記念日 |  

  

古希とは

古希祝いの歴史

古希祝いの歴史

70歳では長寿祝いとは思えないほどは元気な方が多い

長寿社会となった今、70歳といってもそれほど長生きとは感じない方が多いのではないでしょうか。しかし、昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。

古希祝いの発祥は室町時代

長生きをした人を祝う習慣は奈良時代に中国から日本に伝わったもので、40歳の初老から長寿の人を10年ごとにお祝いをするようになりました。

そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、この10年ごとのお祝いの習慣が室町時代から、「還暦」「古希」「喜寿」「米寿」と呼ばれるようになり国内に広まりました。

次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。

昔はあまり長生きが出来なかったので70歳を「稀」とし、古希と成る

昔の70歳は現在と比べてそこまで長生きできる人はあまりいなかったため、70歳の長寿祝いのことを「古希」と呼ぶようになりました。

古希は、昔は「古稀」と書いていたものが変化したものです。

「古」は古来の「古」と読み、「稀」は「まれ」と読みます。

この言葉の意味は、「70歳まで長生きするのはめったにいないめずらしいこと」という意味を持っています。

そのため、還暦や喜寿や米寿と違い、還暦の後の10年目に当たる70歳長寿を祝う古希の習慣が残ることになりました。

あまり見られないほどの長生きなので、還暦よりも本格的にお祝いをするようになり、そのため高貴の色と古くからされていた紫色をお祝いで使うようになりました。

仏教の高僧は紫色を着用することから70歳の古希カラーは紫に成った

紫色は仏教の世界を見ても分かる通り、一番上の位をあらわす色です。

聖徳太子がいた飛鳥時代では、貴族の付ける冠位の最も高い地位には紫色が使われています。

また、お坊さんの中で紫色の法衣は、最も高い地位にいるお坊さんだけです。

そのように昔から高貴なものにしか使うことができない紫色を使うほど、70歳まで長生きすることは珍しいことだったのです。

古希祝い日本の一般大衆に広まったのは江戸時代

古希が日本国内に広まったのは江戸時代に入ってからで、武士や僧侶たちだけではなく、一般の町人たちの間にも学問などが広まったため古希も知られるようになりました。

長生きをして古希を迎えた人には、家族や親族が集まってお祝いをするのが多くなっています。

紫色のちゃんちゃんこや座布団などを用意したり、お祝いのメッセージなどが添えられたプレゼントなどが贈られます。

古稀が古希に変化した理由の中には、昔に比べて70歳まで生きるのが珍しくなくなり、希望を持ってこれからの人生を楽しんでもらおうという意味があります。




古希に関するこちらの記事も読まれています


2016年グッドデザイン賞受賞-還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒|還暦祝い館

名入れ専用FAX注文用紙|還暦祝い館

電話でお問合わせ|還暦祝い館
よくある質問|還暦祝い館
記念日新聞の休刊日一覧|還暦祝い館
記念日新聞の紙面状態チェック|還暦祝い館
今年のお祝い年齢早見表|還暦祝い館
プレゼント商品の熨斗・包装について|還暦祝い館
還暦のプレゼントに御使い頂いたお客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
60年前の世相|還暦祝い館
送料無料!新潟県から全国へお届け致します|還暦祝い館
旅行先にギフト品のお届け可能|還暦祝い館
当店専属利酒師在中|還暦祝い館

ライフスタイルマガジンに掲載|還暦祝い館
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
結婚情報誌に掲載|還暦祝い館
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
贈り物ギフト特集にて掲載|還暦祝い館

カレンダー
  • 今日
  • 休業日



【営業時間のご案内】


平日 9:00~18:00


日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。
インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。



【定休日中のご指定日】


定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。



【定休日中の配送】


土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。


何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



ページトップへ