米寿祝いのプレゼントとして食事会のサプライズにお勧め出来る名入れ酒を販売しております。88歳の米寿用に黄色瓶で、日頃の感謝をこめたオリジナルの名入れラベルをつけて、88年前のお誕生日新と裏面には青春時代を過ごした年表をセットにしたオリジナルの贈り物です。実用新案取得済み。家族のお祝いの席では昔の年表を見ながら、懐かしい思い出話しで包まれたとご利用いただいた方からお喜びの声

米寿祝いのやり方とは?おすすめのプレゼントや祝い方などご紹介

  • HOME »
  • 米寿祝いのやり方とは?おすすめのプレゼントや祝い方などご紹介

米寿のお祝いをすることは長寿国・日本ならでは

米寿のお祝いをすることは、日本は世界において冠たる長寿国であることを示しています。

88歳ともなると、男女ともに平均寿命も超えてくるため文句なしの長寿ですから、還暦や喜寿には抵抗や照れもあった方でも、胸を張って長寿を誇れます。

この堂々の長寿を御祝いするキーワードとなる色は「金茶色」です。古希、喜寿が高貴な紫色であったため、さらに上となる色としてこの色が選ばれたようです。

さて、この金茶色とは、どのような色でしょうか。

金色から光沢を除いたような色と言えば想像しやすいかもしれませんが、わりきって「金色」や「黄色」と考えても差し支えありません。

 

米寿の祝い方は本人の体調を考えながらできるだけシンプルに

お祝いの席を設ける際には、本人の体調などへの気配りが大切。

外出が本人の負担になるようであれば決して無理せず、家族の手料理やお取り寄せのお料理で小ぢんまりとお祝いするというのも、それはそれでよいでしょう。

88歳になると、孫はもちろんですが、曾孫がいる場合もあります。

高価なプレゼントを贈ることも喜ばれますが、子ども、孫、曾孫が集まり、元気な顔を見せて米寿を祝ってあげることが最良の祝い方とも言えます。

米寿のお祝いをする日に決まりは特にありませんので、誕生日、敬老の日に合わせることもあれば、家族が集まった際にお祝いをすることもあり、ケース・バイ・ケースです。

88歳と高齢になっていますので、お祝いを行う場所は自宅か、自宅からあまり離れていない場所で行うことがおすすめです。元気で足腰がしっかりしている場合は、旅行などをプレゼントして、そこでお祝いすることも一つの方法になります。

 

米寿祝いは数え年で88歳を迎える年でお祝いしよう

米寿祝いが誕生した背景とはどのようなものなのでしょうか。

60歳になったら還暦、70歳になったら古希のお祝いを行いますが、これは中国から伝わった長寿のお祝い習慣です。88歳になった時に祝う米寿は日本独自のお祝い習慣で、古くから大切にされています。

じつは、米の文字を分解すると、「八十八」になります。そこから、米寿と呼ばれるようになったのです。

また、数え年で88歳を迎える年に、お祝いをすることになっているのが特徴です。数え年では、生まれた年を0歳ではなく1歳と考えるため、1月1日の元旦に一つ年を取ることになります。

現在は、生まれた年を0歳と数えますので、誕生日に一つ年を取る満年齢に当てはめて考えると、87歳の誕生日が米寿になります。ただし、最近は満年齢88歳でお祝いをすることが多くなっています。

 

米寿祝いのプレゼントの定番は「ちゃんちゃんこ」

還暦祝いでは赤いちゃんちゃんこをプレゼントする習慣がありますが、米寿では黄色のちゃんちゃんこを贈るのが一般的になっています。また、米寿祝いの会などに招待された場合、プレゼントの裏書は「祝米寿」とします。

また、黄色のちゃんちゃんこに加えて、差布団や扇子、頭巾なども黄色のものを用意して、お祝いすることが増えています。それ以外にサプライズとなるプレゼントがあると食事会も盛り上がります。

予算により、健康に優しいものや衣料であれば若々しく見えるものを選ぶことがポイントです。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-036-080 平日 9:00 - 18:00

新潟市中央区白山浦二丁目1-28
株式会社 幻の酒

グッドデザイン賞受賞-日本酒 還暦祝い専用60年前の生まれた日の新聞付き名入れ酒 ギフト用の似顔絵コーナー
お急ぎのお客様
FAXからの注文|記念日各種
電話でのお問い合わせ|株式会社幻の酒

店長からのお知らせ

よくある質問集|米寿祝い館
記念日新聞休刊日一覧
記念日新聞紙面状態チェック
お祝い年齢早見表|米寿祝い館
のし・包装について|米寿祝い館
新潟から全国へお届け|米寿祝い館
旅行先へ直接お届け|米寿祝い館
唎酒師のいるお店ロゴ
ゼクシーに掲載
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
雑誌に掲載

営業日カレンダー

【営業時間のご案内】
平日 9:00~18:00
日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。

インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。

【定休日中のご指定日について】
定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

【定休日中の配送について】
土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
20歳未満のお客様
PAGETOP
Copyright © 株式会社幻の酒 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.