1、贈る相手が初産じゃない時の出産祝いのルール

初産の時には定番の物をプレゼントしたけど、2人目や3人目の場合のプレゼントって悩んでしまいませんか。

金額の相場はどれくらい?どんなプレゼントを贈ればいいの?と疑問が浮かびますよね。

そこで2人目、3人目の出産祝いについて説明したいと思います。

 

1、出産祝いの金額の相場はどれくらい?

・友人や知人の場合3000円から10000円。

・親戚関係であれば10000円から30000円

関係性によって前後するため金額の幅が広くなっています。

ちなみにこの金額相場は初産の場合と変わらないのです。

なぜなら、基本的には1人目のときと同じようにお祝いすることがマナーだからです。なので1人目のお祝いをしているならば、1人目の時よりも金額を落とすことは失礼にあたるので避けたほうが無難です。

他にも注意しないといけないこととして、お祝いの金額は「2」で割り切れる数字と「9」は避けるようにしてください。

 

2、出産祝いを選ぶときのポイント

2人目以降の出産祝いは、「はじめての女の子」「上の子も喜ぶもの」など、アイテム選びによっては1人目のときよりも贈りがいがあるギフトがたくさんあります。そんな2人目以降の出産祝いの選び方のポイントを紹介します。

 

■最初の子とおそろいの物

2人目以降の子供が生まれたお母さんの楽しみと言えば、兄弟姉妹でおそろいコーディネートを楽しめることですね。お兄ちゃんやお姉ちゃんは、下の子供が出来て嬉しい気持ちなのでおそろいの物をもらって嬉しいはずです。そんな子供への配慮もできたプレゼントを贈られたら、両親もあなたの心遣いが嬉しいものでしょう。

また、お母さんと上の子のおそろいアイテムを贈るのもいいですね。もしくは、生まれた赤ちゃんのために授乳用のワンピース+子供のためのおそろいアイテムを贈るというのも喜ばれます。

 

■兄弟の名前が入った物

名前入りのアイテムは昔から人気のある定番のプレゼントですね。

2人目以降の場合には、1人目の子供の名前+2人目の子の名前でプレゼントすると両親にきっと喜ばれます。やはり、名前には特別な思いがこもっているので、それを感じることのできるアイテムはずっと人気があるのでしょう。

 

■男の子らしさや女の子らしさが際立つアイテム

1人目の子供と2人目の子供の性別が違う場合には、2人目の子供の性別が際立つようなアイテムを贈ると非常に喜ばれます。

性別の違う子供が生まれた場合、両親にとって新鮮な気持ちになるので、まるで一人目の子供のような感覚なのです。そのため性別が際立つアイテムを贈ってくれると、とても嬉しいものです。あとは、前の子供のおさがりが使いにくいので、また一からアイテムを集めることに苦労しているため性別に合わせたアイテムは喜ばれやすいのです。

 

■インテリアとしても魅力のあるおもちゃ

1人目の子供が生まれた時に、おもちゃをたくさんもらっている家庭では、これ以上子供用のおもちゃをもらっても置き場所が・・・となりがちです。

そこで、オシャレで置いておくだけでインテリアにもなるようなおもちゃをプレゼンすると大変喜ばれます。子供が喜ぶものを贈ることはとても良いことなのですが、2人目で少し余裕が出てくると両親にとってプラスになるものの方が比較的喜ばれやすいのです。

それにオシャレなおもちゃであれば、子供との写真でアイテムとして使うことができるというのもオシャレなおもちゃの良い所です。

 

■お母さんの時短アイテム

お母さんへ贈るアイテムとして、頭から足先まで一本で洗える全身シャンプーなどがオススメです。なぜなら育児の間にホッとしてもらえるようにリラックスできるアイテムが喜ばれそうに思いますが、子供が増えた分時間が無くなっているお母さんにそんな時間はないからです。それなら少しでも自分の時間が取れるような、時短グッズの方がより実用的でとても喜ばれるでしょう。全身シャンプーなどはいい匂いのするオーガニック素材のようなものを選んで、時短かつリラックスできるものにすれば最強です。

 

■1人目の子供がメインのアイテム

2人目の子供が生まれた1人目の子供は、お母さんにかまってもらえず嬉しいような寂しいような気持ちになっていることが多いです。

そんな小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんが、お母さんと一緒に使ったり、遊んだりできるアイテムをプレゼントしてみませんか?

お母さんと一緒に使うことで1人目の子供の不安な気持ちを和らげてくれるものという視点は、相手に気を遣うことができていてきっと喜んでもらえるでしょう。

 

■上質な日用品はいくつあっても嬉しい

ふんわりしたタオルやよだれかけなど何枚あっても嬉しい日用品は、何人目でももらって嬉しいものです。そしてその日用品には肌触りに良いものや香りのいい素材を使っている物を選びましょう。普段使う物で、品質の良いものって何気ない日常がぱっと明るくなるので、もらうと嬉しいですよね。

 

■カタログギフトを贈るときには、テーマを決めて贈ろう

何を贈ればいいか分からない場合は、カタログギフトを贈りましょう。

しかしカタログギフトは、種類が多いのでそれに迷ってしまいそうと思いますよね。

そこで2人目や3人目のお祝いなら王道を外してみましょう。物より体験型、特定のブランドの物に限定されたカタログギフトなど少し個性的なものを贈りましょう。

人と違うもの、1人目と違うものをもらえるのって嬉しいものですよ。

 

2、オススメのプレゼントをご紹介

さて、ここまでどのようにプレゼントを選ぶといいかご紹介しました。

ここからはより具体的におススメのプレゼントをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

1、兄弟・姉妹で使えるおそろいの食器

オススメの兄弟・姉妹おそろいアイテムになります。

せっかく2人目が生まれたので、おそろいで使えるアイテムはお母さんにとって新鮮で嬉しいプレゼントになります。

おそろいのプレゼントで洋服などはサイズがすぐ変わるので、使える時期が限られるのでもったいないですよね。

だからこそ、ずっと使うことのできる食器がオススメなんです。

兄弟姉妹がテーブルに並んでご飯を食べるのはもう少し後になりますが、そんな2人を想像しただけで微笑ましいですよね。きっとお母さんはその時をとても楽しみにしているはずです。それに、かわいい食器はいくつあっても嬉しいものなのでオススメですよ。

あとは、子供が使う物ということで壊れやすくて怪我をしてしまう素材は避けて、壊れにくいものを選ぶようにしましょう。また電子レンジや食器洗浄機を使えると、より実用的なので喜ばれるでしょう。

 

2、二人の名前をプリントできる「おなまえトート」

お母さんに人気なのが子供の名前が入ったバックであり、様々なブランドが発売していますよね。その中でも裏表に別々の名前をプリントできるのがおなまえトートになります。

トートのデザインは男の子向けに野球ボール、女の子向けにバレエシューズをモチーフとしたものがあったり、シンプルなデザインなど選択肢は多数あります。

それに両面に名前があるのでおさがりにも使えて、一度で二度嬉しいプレゼントになっています。

 

3、ベビーウエア

1人目の子供が男の子で、2人目の子が女の子の場合お母さんは初めての女の子ということでとても嬉しいものです。そんなお母さんに女の子らしいものをプレゼントしましょう。

とはいえ、フリフリのものなどあまりにもフェミニンなものを使った事の無いお母さんには、女の子らしさはありつつもシンプルなものをプレゼントするといいでしょう。

せっかくの贈り物ですから使ってほしいですね。相手の使いやすい抵抗のないものをなるべく贈りましょう。

 

4、遊んで楽しい木のおもちゃ

出産祝いの鉄板のおもちゃで、かわいいデザインの木のおもちゃをプレゼントしましょう。

子供は遊びの天才なので、どんな遊び方をするのかこっちが感心することもたくさんあります。

しかも今どきの木のおもちゃは、子供向けのおもちゃでありながらシンプルなデザインで部屋にインテリアとして飾ることのできるので、お母さんも嬉しいでしょう。

それに、2人目のために贈ったプレゼントでも、1人目の子供とお母さんが一緒に遊べて楽しめるので、そういった使い方をしてもらうのもオススメです。

 

5、オーガニックソープ

さて、子供が増えて忙しくなったお母さんにお風呂タイムを時短してくれるシャンプーとボディーソープをかねたものを贈りましょう。

そしてオーガニックであれば、お母さんだけじゃなくて子供の肌にも使うことが出来るのが魅力的ですよね。

子供はお風呂の中でおとなしくしてくれないので、一気に洗えるアイテムはとてもお母さんに喜ばれますよ。さらにオーガニックで肌にもいいので、なお喜んでもらえるでしょう。

子供が増えて忙しくなったお風呂でいつになったら自分の体を洗えるの!?と悩んでしまうお母さんにぜひプレゼントしてみてください。

 

6、塗り絵できる授乳ケープ

2人目の子供が生まれると、上の子供は少し疎外感を感じやすいもの。いつも授乳中だと自分は傍に入れなくて拗ねてしまう、なんてことも多いのではないでしょうか?

そこで授乳するケープにお兄ちゃん・お姉ちゃんが塗り絵出来るようにしたこのアイテムが便利です。お母さんと一緒に2人目の子供のために作ったケープを使うとなれば、僕(私)はお兄ちゃん(お姉ちゃん)だからあっちで1人で遊んでるね!なんて言ってくれるのではないでしょうか?

両親からしても子供が悲しそうにしているのは胸が痛いものなので、ぜひプレゼントしてみてください。それにこの塗り絵ケープはなんと、エプロンとしても使うことが出来るのでいろんな場面で活躍してくれるでしょう。

またお兄ちゃん・お姉ちゃんが少し大きくなってから、改めてケープを見た時に思い出話に花が咲きますし、お母さんからすると子供と一緒に作った作品としてずっと持っておきたくなるでしょう。

 

7、タオル

何枚貰っても嬉しいプレゼントと言えば、やはりタオルですよね。

そして毎日使うものだからこそ、オシャレなデザインで肌触りの良い素材を使ったものがとても喜ばれるでしょう。

それに子供の肌は非常にデリケートなので、やはりタオルにはこだわりたい両親が多いと思うので、良いものを贈ってくれるのは非常にうれしいものです。

また、2人目が男の子か女の子かに合わせて、合うデザインや色なども気にして贈ってあげると喜んでもらえるでしょう。

 

8、お母さん向け授乳ワンピース

新しい家族の誕生を喜んでいる両親や周りの人に対して、急にお姉ちゃんになった子供は少し困惑しているかもしれません。

もし1人目の子が女の子なら、ぜひお母さんへの出産祝いにお母さんへ授乳服を贈るときに、娘さんにおそろいのデザインのワンピースをプレゼントしましょう。

そうやって子供は自分が大事にされているか敏感に感じてしまうのでぜひオススメです。

お母さんとおそろいの恰好ができて、お姉ちゃんになってよかった!と思ってもらえると嬉しいですよね。

 

9、サイズ違いのおめかしアイテム

兄弟・姉妹ができた時の楽しみと言えば、おそろいの服や小物で遊べることですよね。しかし年齢が違うため、子供に贈るもののサイズは違ってきますよね。

そこでTシャツのようにサイズの種類が多く、相手にぴったりのデザインが選びやすいものをプレゼントしましょう。

もし、洋服はやっぱりサイズとデザインに自信がないな・・・と感じる方は、あえておそろいの小物を贈るのも素敵ですよ。

またあえてデザインは同じにして、カラーを色違いにすることでオシャレ度をアップさせるのもいいですよね。

 

10、体験型のカタログギフト

今どきのカタログギフトは物ではなく体験できるものが200種類以上あります。

カタログギフトの良い所は、こちらが気を遣わなくても相手が選べるので外さないということですよね。

赤ちゃんがいると中々外に出るのが大変になるので、外に出るきっかけとしてこのプレゼントはきっと嬉しいですよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

やはり2人目・3人目になるとプレゼントをどうすればいいか悩みやすいと思うので、今回どんなプレゼントがオススメなのかご紹介させて頂きました。

ぜひ、今回の記事を参考にプレゼントを選んでいただければ幸いです。