贈り物をするときになんで、こんな贈り物の習慣があるんだろう?

このお祝いって何月何日だっけ?

そんな風に思うことってありませんか?

そこで今回は贈り物について様々な雑学をご紹介していきたいと思います。

父の日について

よく目にする父の日。でも詳しいことはあんまりよく知らないという人多いのではないでしょうか?

そんな父の日についてご紹介します。

 

1、父の日っていつなの?

毎年6月第3日曜日になります。

なんと元々はアメリカで始まり、日本には1950年ごろから広まったと言われています。

 

2、父の日の起源とは?

父の日は自分たちの父親に感謝をする日ですよね。

どんなふうに始まったかと言いますと、1910年にアメリカのJ.B.ドット夫人という人が通っている教会の牧師に亡くなったお父さんの礼拝日を6月にしてもらったそうです。

この頃には、母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え「母の日のように父に感謝する日を」と声を上げ、父の日が出来たそうです。

そしてほどなくして、「父に感謝する日」はアメリカ中に広がっていき全国的に認知されるようになりました。そして父の日は1972年に国民の休日となりました。

日本で一般的な行事として認知され始めたのは1980年代とけっこう最近なのです。

 

3、父の日の起源となったお父さんはどんな人なのか?

父の日設立のきっかけとなったドット夫人のお父さん

ドット夫人が幼い頃南北戦争が勃発し。父は召集され戦地へ赴きました。

戦争中にドット夫人を含む子供6人いましたが、母親が1人で子育てをしていました。

しばらくして父親が戦争から戻ってきましたが、戻ってすぐに母親は病死してしまいます。それ以来、父親が男手ひとつで子供6人を育てました。

南北戦争直後は辛く貧しい厳しい時代でした。それにも関わらず、自分のことは顧みず再婚せずに子供たちのために働き続けたそうです。そんな父親を見ていたドット夫人は、父の日を作ることで、その絶え間ない父の努力と深い愛情に感謝をささげたいと思ったそうです。

本当に素敵なお父さんですよね、こんな素敵な人がきっかけで父の日が出来たのかと思うと感慨深いものがあります。

 

4、父の日に贈る花の色とは?

父の日の花は一般的に「白いバラ」ですよね。これはドット夫人が、父親の墓前に白いバラを供えたためと言われています。

しかし日本では黄色いバラや、子の愛という花言葉をもつユリが贈られることが多いです。

その他、幸福の象徴である「黄色」のものを贈るというのもいいですよ。

父の日は「父親に感謝を表す日」ですから、形式もいいですがお父さんに感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

2、お中元

1、お中元ってなんだろう?

馴染みのない方も意外といるのではないでしょうか、お中元。

その起源は、古代中国になります。中国には道教という宗教の中に天神信仰というものがあります。それは上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に天神を奉ります。その天神も上元の月には上元生まれの天官を、中元の日には中元生まれの地官を、下元には下元生まれの水官の三官を奉るそうです。そしてこのうち7月15日の中元の慈悲神様がお盆の行事と結びついたと言われています。

そしてこの中国のしきたりの中で中元だけが日本に伝わったそうです。そして中元とお盆が混ざったことで、仏に供えるお供物を親戚や隣近所に贈るというお中元が始まったそうです。

 

2、お中元はいつから?

ずばり7月の上旬から8月の上旬頃までになります。ただ、地方や地域により少し時期が異なるようです。

そしてその時期を過ぎると「暑中お見舞」「暑中お伺い」と名前が変わります。さらに8月8日頃の立秋を過ぎると「残暑お見舞」「残暑お伺い」となるのです。

これらもよく聞ききますが、意外と知らなかった人が多いのではないでしょうか。

 

3、先方や当方が喪中の場合はどうすればいいのか?

お中元の贈答には、どちらが喪中であっても差し支えありません。それは、あくまでも日頃の感謝のご挨拶だからです。

ただ注意として、のしや水引は避けましょう。 また、没後四十九日を過ぎていない場合や過ぎていても落ち着きがない時期には、贈答を遅らせて「暑中見舞」や「残暑見舞」と書いて贈るようにしましょう。

 

4、お中元は誰に贈るもの?

結婚されている方は双方の実家親戚仲人に贈るのが一般的です。

その他にもお世話になった恩師や会社の上司、会社から取引先など、日頃お世話になっていてお礼をしたい人、感謝をしたい人、義理のある人に贈ると思ってください。

また、離れて生活している身内に贈る場合もあります。

 

5、お中元の予算、相場はどのくらい?

1個あたり3,000円~5,000円程度になります。

もっと気軽に、「お中元」としてではなく、夏の贈り物としてお世話になった方へお礼をする目的で贈る。また身内へ近況報告を兼ねた夏の贈り物として贈りたい。

そんな風に考える方もいると思います。そんな場合にはお中元の表書きを変えて贈ってあげるといいですよ。

 

6、お中元の表書きとは?

  • 夏の贈り物として贈る場合

お中元/御中元/御中元御伺・・・7月上旬~8月上旬

暑中お伺/暑中お見舞・・・7月15日(8月15日)

残暑お伺/残暑お見舞・・・8月8日頃~9月上旬

  • お礼の形にする場合

御礼/お礼/謝礼/感謝/粗品 など

贈る目的、時期などによって表書きは変わるので参考までに覚えておくと大人としてのマナーを知っていると思われるでしょう。

 

3、お歳暮について

1、お歳暮とは?

「お歳暮」は文字通り「年(歳)の暮れ」を意味しています。

日本古来の習わしが起源になります。娘が嫁いだ家の人や、分家した人が本家へお正月になると集まり御供え物を持ち寄ったのが始まりと言われています。なので昔はそれぞれの家が年越しに必要な御供え物を贈っていたそうです。

それが今では、日頃お世話になっている方々への年末のあいさつとしての慣習として残っていますよね。時代が変わってもお互いに一年間の感謝とともに来年もより一層のお付き合いを願う気持ちが込められていますね。

 

2、お歳暮の贈る時期

年末が一般的なので12月1日~12月23日頃までの間に贈りましょう。ただ地方や地域により異なっており、関西では12月13日以降からと言われています。

もし、お歳暮を贈るタイミングを逃した場合、関東地方は1月7日までに、関西地方では15日までに、表書きを「御年賀」として届ければ大丈夫です。なので過ぎてもあせらず冷静に対応しましょう。そしてその時期にも贈っていなければ「寒中御見舞い」となるので、冬ギフトとして贈るようにしましょう。

 

3、先方もしくは当方が喪中の場合どうするか?

基本的に喪中であってもお中元と同じく贈答には差し支えありません。お歳暮は、あくまでも日頃の感謝の気持ちを贈るものだからです。ただのしや水引は避け、白短冊にする配慮は必要です。また四十九日を過ぎていない場合は、少し贈る時期を遅らせ、寒中御見舞い」「寒中御伺い」にする配慮も大切です。

 

4、お歳暮へのお返しは必要?

お歳暮は本来お世話になっていることへのお礼で贈るものなのでお返しは必要ありません。しかし、身内や同僚、友人の場合は、贈り返さないと失礼にあたると思う人が多いため同程度の品物でお返しする人が多くいらっしゃいます。

もしお返しをする場合は、お歳暮ではなく年賀として贈るといいでしょう。

また、目下の人からや、取引先からもらった場合は、礼状をできるだけ出すようにしましょう。

 

5、お歳暮に喜ばれるものは?

家族やお世話になっている人に贈る場合は、家族構成や好みも大事ですが、相手の状況を考慮した贈り物をするようにしましょう。また相手が欲しいものがない場合には、長く残らないようなものを贈りましょう。

意外と見落としがちなことですが、遠方の方へ贈る場合には賞味・消費期限に気を付けましょう。また日持ちのしないものを贈る場合は早く召し上がっていただくようメッセージを付けるようにしましょう。そうすることで思いやりが伝わり、心のこもった贈物になります。

 

4、敬老の日について

1、敬老の日はいつか?

9月の第3月曜日になります。実は 1954年に「としよりの日」という名前で制定されていましたが、1964年に今の「敬老の日」に改名されました。

 

 2、喜ばれるプレゼントは?

敬老の日なので、高齢者に贈るプレゼントになります。昔よりも元気な人が増えてきたことで、最近ではお菓子が人気です。特に好んでケーキや焼き菓子を食べる人も多く、和菓子じゃないといけないということはなくなりました。

ただ、お菓子にも食べにくいものは避けるようにすることと相手の好みは事前に把握して贈るようにしましょう。また、遠方の方へ贈るのであれば賞味・消費期限は注意しておきましょう。そして心遣いとして日持ちのしないものを贈る場合には、早めにお食べ下さいなどのメッセージをそえておきましょう。

 

3、敬老の日のプレゼントにつけるのしの書き方

父母又は祖父母にお祝い品を贈る場合

・表書き例:敬老の日おめでとう/おじいちゃんありがとう/おばあちゃんありがとう/御祝

・のし種類:紅白蝶結び

遠い親戚やお世話になった敬老者にお祝い品を贈る場合

・表書き例:祝敬老の日/祝御長寿/御祝

・のし種類:紅白蝶結び

 

4、敬老の日のお祝いは何歳からするべき?

一昔前は還暦を迎えれば、敬老の日のお祝いもしていましたが今は若い高齢者が多いので年寄り扱いされているようで気分を害する方も多くなっています。

そのため、明確な年齢は決めることが出来ません

そこで贈るか贈らないかの基準は、仕事を退職した後にするか、もしくは孫が生まれたタイミングいいでしょう。退職後であれば、今まで仕事お疲れ様でしたという意味合いで、孫が生まれれば孫の名前で贈ることでもらう側も気持ちよく受け取れるでしょう。

せっかくのお祝いですから、相手の気持ちも尊重してあげる配慮をするようにしましょう。

 

5、敬老の日のお祝いの仕方

高齢者の今までの社会への貢献と、労苦に感謝する日が敬老の日になります。

家族の中にお祝いをする人がいれば、家族総出でお祝いしてあげましょう。

また高齢者にとって認めてもらうことは生き甲斐につながるのでぜひそこも配慮してお祝いしてあげるといいでしょう。お祝いする人が遠方で直接お会いできない場合には、贈り物やお手紙を贈りましょう。さらに贈り物は相手が気遣いしない程度の価格の品を選ぶ心遣いまでするようにしましょう。

 

5、オレンジデーって知ってますか?

1、オレンジデーとは?

これは聞いた事の無い人が多いのではないでしょうか?

2月14日にあるバレンタインデーで愛を告白し、3月14日のホワイトデーでその返礼をし、その二人の愛情を確かなものとする日という意味で4月14日は「オレンジデー」というものがあります。オレンジデーには、オレンジやオレンジ色のプレゼントを持って意中の相手を訪問して愛情を確認するのが習わしです。

 

2、なぜオレンジなのか?

まず、オレンジ=愛情表現と言われてもピンとこない人が多いと思います。

実はオレンジは、一本の木に実がたくさん成ることから、「繁栄」や「」のシンボルとなっています。また花言葉は「花嫁の心」という意味があります。

また欧米では、繁栄のシンボルであるオレンジの花を花嫁が身に付ける風習があったり、男性がオレンジの実を持ってプロポーズすることがあります。そのためレンジは結婚と関係の深いものであり、愛情を確認する日にぴったりなのです。

 

3、オレンジデーのプレゼントとは?

オレンジデーは新しい風習なので決まったプレゼントはありません

あくまでも愛情を確かめ合うために訪問することが目的なのでプレゼントも気軽なものが多いです。それよりも恋人やご夫婦、またご家族で一緒の時間を楽しむことがメインになっています。プレゼントも素敵ですが、思いやりや愛情を込めた言葉を添えた手紙を送ると素敵ですよね。

 

まとめ

今回は様々なお祝いの風習や意味、いつ行うのかなどを紹介させて頂きました。

オレンジデーのような新しいものは知らない人が多かったのではないでしょうか?

また昔からある風習でも意外と知らなかったこともあったと思います。

ぜひ、今回の記事を読んでこの人に贈り物をしたいなと思っていただければ幸いです。またその時にはしっかりと注意点を守りながら思いを込めたプレゼントをしてみてください。

きっと喜ばれますよ!