日本では、60歳を祝う還暦祝いをはじめ、多くの長寿祝いが存在します。

ただ、実際に身近な人が長寿祝いを迎えたとき、何をプレゼントすればいいのか悩む方は多いです。長寿祝いを迎えた人に何をプレゼントすれば喜んでもらえるのか。少しでも悩んだら、長寿祝いに人気のアイテムをプレゼントしましょう。

そこで、今回は長寿祝いにプレゼントを贈る際の色や予算、おすすめアイテム7選を一挙紹介します。長寿祝いのプレゼントに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

長寿祝いとは?プレゼント選びに悩まない方法はある?

長寿祝いとは、ある年齢を迎えた節目に長寿であることを祝う風習です。長寿祝いによっては、中国から伝来したもの、または国内で慣習となったものなど、さまざま種類があります。代表的な長寿祝いは還暦祝いですが、このほかにも多くの種類が存在します。

【主な長寿祝い(満年齢)】

還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿 百寿
60歳 70歳 77歳 80歳 88歳 90歳 99歳 100歳

上記は、一般的な長寿祝いです。細かいものを含めると、さらに種類が増えます。こうして、長寿祝いをみると、還暦以降何度もやってくることがわかります。

もし、その度に悩んでいたら、プレゼント選びが難航すること間違いなしです。そこで、覚えて欲しいのが、長寿祝いのプレゼント選びが楽になるちょっとしたテクニックです。

実はあることを意識するだけで選びやすくなります。それは「色」です。

長寿祝いのプレゼントは「色」を意識した方がいい理由

還暦をはじめとする長寿祝いには、テーマカラーがあることを知っていますか?長寿祝いにプレゼントを贈る際は、年齢ごとに決められているテーマカラーを意識すると選びやすいです。

【長寿祝いのテーマカラー】

還暦 古希 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿 百寿
60歳 70歳 77歳 80歳 88歳 90歳 99歳 100歳

還暦には、「赤い」ちゃんちゃんこや帽子をプレゼントする習慣があります。

還暦は、「暦が還る」ことから生まれ変わりの意味もあるお祝いです。そのため、かつて魔除けの意味で赤子に着せていた産着に基づき、赤い衣服を身に付ける習慣が生まれました。

このように、還暦以降の長寿祝いでも、習慣によるテーマカラーが決まっています。ただし、77歳の喜寿以降は、日本発祥の長寿祝いということもあり、特別色にこだわりがあるわけではありません。

ただ、長寿祝いのテーマカラーを知っておくと、プレゼントを選ぶ際の基準になります。この機会に長寿祝いのテーマカラーを覚えて、プレゼント選びの役に立てましょう。

長寿祝いのプレゼントの予算は5,000円〜3万円が適している

基本的に長寿祝いのプレゼントは、「5,000円〜3万円」が適しています。

ただし、両親や祖父母など身内以外に贈る場合は、1万円以下で十分です。あまり高いプレゼントを渡しても、相手に気を遣わせてしまいます。相手との関係性も考えたうえで、5,000円〜3万円程度の予算を用意してください。

本記事でおすすめする予算は「2万円程度」です。この価格帯なら、プレゼントを選ぶ自由度が高く選びやすいです。プレゼントの予算を決める際には参考にしてください。

 

長寿祝いのプレゼントで人気なのはどれ?おすすめアイテム7選を紹介

Popular item for longevity celebration

それでは、最後に長寿祝いで人気のプレゼントを紹介します。特に、おすすめしたいアイテム7選をまとめたので、購入する際は参考にしてください。

今回は、すべての長寿祝いでプレゼントできるベーシックなアイテムのみを集めました。

名入れ酒

Named sake

名入れ酒は、どの長寿祝いにも適した人気のプレゼントです。特に、お酒の好きな方へプレゼントする際は、名入れ酒がもっとも適しているといえるでしょう。ここで気になるのは、そもそも名入れ酒とはなんなのか?という点です。

名入れ酒は、「相手の名前」や「感謝の言葉」をラベル部分に記載して贈れるお酒のこと。一般的なお酒のラベル部分といえば、商品名が書いてある看板部分です。お酒の一番目立つ部分に文字を入れられるため、インパクトのあるプレゼントができます。

そんな、名入れ酒は弊社でも取り扱っています。今回紹介した還暦から百寿まで、それぞれテーマカラーに沿った色のボトルに入っており、すべてラベル部分にメッセージが入ります。

また、弊社の名入れ酒には、生まれた日や思い出の日の「記念日新聞」が付いてきます。予め、年月日を指定するだけで注文できる記念日新聞は、名入れ酒と同様に人気が高いです。

長寿祝いには、名入れ酒を贈り、お酒を酌み交わしながら、記念日新聞で会話を楽しむ。少しでもこれまでの感謝を伝えたいなら、迷わず名入れ酒をプレゼントしましょう。

弊社の名入れ酒は1万円から2万円ほどで購入できます。平均的な予算内に収まる価格なので、お酒好きの方へのプレゼントとして検討してみてください。

フォトフレーム

思い出の写真を飾れるフォトフレームは長寿祝いに適したプレゼントです。リビングや寝室など、場所を問わず飾れます。

長寿祝い用のフォトフレームには、メッセージの付いたものや時計が付いたものなど、さまざまな種類があります。ほかにも、ネットに接続して利用できるデジタルフォトフレームなども存在し、長寿祝いを迎えた方の趣味趣向に合わせて選びやすいです。

フォトフレームは、5,000円〜1万円ほどで購入できます。シンプルなものほど、価格が安くなるので、あまり予算がない方にも適しているプレゼントといえます。

花束

長寿祝い以外の記念日にも贈られる花束も、おすすめアイテムのひとつです。長寿祝いで花束を贈る場合は、それぞれのテーマカラーに合わせた色合いのものを贈りましょう。

例えば、還暦祝いには赤いバラを中心とした花束を贈ることが多いです。また、古希や喜寿には紫の花を中心とした花束がおすすめです。このように、テーマカラーに沿ったプレゼントができる点が、花束の大きなメリットといえます。

また、花束は予算的にも優しいアイテムです。花屋で注文する際は、先に予算を伝えるとその価格に収まる花束を作ってくれます。一方、ネットの場合は、決められた価格の花束しか購入できないため、本記事ではおすすめしません。

【価格別!花束のサイズ感】

3,000円:手持ちサイズ

5,000円:少し大きめのサイズ

1万円:大きなサイズ

花束の価格別の大きさをまとめてみました。花屋や花束に入れる花によって、微妙に価格帯が異なりますが、大まかには上記の価格に対応したサイズの花束が作れます。長寿祝いの当日に間に合うように注文してプレゼントしてください。

記念日のギフトに花が喜ばれる理由

ケーキ

長寿祝いに食べ物をプレゼントするなら、家族で食べられるケーキがおすすめです。

ケーキを贈る場合、テーマカラーを意識するなら果物にこだわりましょう。還暦ならいちご、古希や喜寿ならぶどうなど、長寿祝いのテーマカラーに適したケーキがいいです。また、長寿祝い用のデコレーションケーキも存在します。

例えば、60や70など数字がクリームやフルーツで描かれたケーキ、または長寿祝いを迎えた方の写真が表面に描かれたケーキなど、インパクトのあるものが多いです。少しサプライズ感のあるケーキが贈りたい方は、デコレーションケーキを贈りましょう。

ケーキの予算は、お店にもよりますが3,000円〜1万円ほどです。デコレーションケーキの場合は、従来のケーキよりも少し値が張ることを覚えておいてください。

アクセサリー

アクセサリーは、女性の長寿祝いに人気のプレゼントです。指輪やブレスレット、ネックレスなど、長寿祝いを迎えた方の好みに合わせて選びましょう。基本的に、アクセサリーを選ぶときは、テーマカラーと同じ色を意識してください。

例えば、還暦なら赤、古希や喜寿は紫、傘寿や米寿は黄色といった具合にプレゼントするといいでしょう。アクセサリーの場合は、ワンポイントで色が入っている程度でも構いません。

アクセサリーをプレゼントする際は予算に気を付けてください。宝石や金を使ったアクセサリーは、大幅に予算を上回ることがあるので注意しましょう。

洋服

洋服も長寿祝いの定番として好まれています。還暦では、赤いちゃんちゃんこや帽子をプレゼントする習慣があるため、ほかの長寿祝いでも洋服のプレゼントはおすすめです。

洋服の色はテーマカラーに合わせて選び、種類は季節によって変えましょう。

例えば、春夏はポロシャツやストール、秋冬はセーターやマフラーがぴったりです。洋服は実用的なアイテムなので、喜んでもらえます。

予算は、洋服のブランドによって異なります。高いものだと平均的な予算を超える可能性もあるので注意してください。大手量販店なら、3,000円〜1万円ほどで購入できます。

旅行

ここまでモノのプレゼントを紹介してきましたが、最後は体験のプレゼントである旅行をおすすめします。長寿を迎えた方に思い出の地があるなら、そこへの旅行をプレゼントしましょう。

旅行のプレゼントは費用がかかるため、主に両親への長寿祝いにおすすめです。また、両親だけでなく、家族で一緒に旅行すれば思い出に残るプレゼントになります。平均予算は大きく上回ってしまいますが、予算に余裕のある方は検討してみてください。

 

長寿祝いで人気のアイテムを知ってプレゼントしよう!

Popular gift summary for longevity celebration

長寿祝いの色や予算、おすすめアイテム7選を紹介しました。

還暦以外の長寿祝いについて知らなかった方は、本記事を参考に知識を深めてみてください。長寿祝いは、還暦後何度も訪れるため、その度に悩んでいると大変です。そんなときは、テーマカラーを基準に選ぶ方法を知っておくと、プレゼント選びに悩みづらくなります。

また、今回紹介したアイテムはベーシックなものばかりなので、どの長寿祝いでもプレゼントできます。もし、プレゼント選びに悩んだ場合は、おすすめアイテム7選から選びましょう。それでは、各祝いに適したプレゼントを選んで、思い出に残る長寿祝いにしてください。

長寿祝いの読み方一覧!還暦から百寿までの基礎知識まとめ