還暦を祝うようになった背景とは?近年の還暦祝いの傾向や還暦祝いの時期の決め方もご紹介!

亀が甲羅から頭を出している様子

還暦をお祝いするという文化は日本に根付いていますが、なぜ還暦をお祝いするようになったのかご存じの方は少ないのでは。これから還暦をお祝いを控えている方の中には疑問に思っている方もいらっしゃるはず。還暦をお祝いするようになった背景は?お祝いする場合どのようにお祝いするのが一般的なのか?など悩みますよね。

そこで、今回は還暦をなぜ祝うようになったのか背景を解説。合わせて、近年の還暦のお祝いの傾向や還暦祝いの時期の決め方についてもご紹介します。

 

還暦を祝うようになった背景とは?還暦の意味合いも解説!

還暦とは60歳のことを指し、人生に一度の大切な節目です。これまで生きてきた60年間を振り返ると感慨深いものであり、お祝いされないとなると寂しさを感じる方も少なくありません。

おじいちゃんやおばあちゃん、ご両親など身近な方が還暦を迎えるとなったらぜひ家族でお祝いしましょう。

大切に思われている」とうれしく感じてもらえるはずです。

還暦の方の大好きな料理やお酒、そしてプレゼントを用意して思い出に残る還暦祝いを開きましょう。

還暦をお祝いする文化が根付いている日本ですが、還暦をお祝いするようになった背景や意味合いについても確認しておきましょう。

・還暦を祝うようになった背景は?

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこと帽子をかぶったシニア夫婦のイラスト

そもそもなぜ60歳を祝うようになったのか、背景として昔は長寿を祝うという習わしだったからです。

現在は高齢者社会で80歳以上まで生きるケースも多く、100歳を超えるようなこともあります。

こうした長い寿命を考えると60歳など長寿という感覚も薄くなっています。

しかしながら、戦前の平均寿命は短く、50歳にも満たないことが多かったのです。

日本には「人生50年」という時代もあったことから、60歳を無事に迎えることは大変おめでたいことです。

したがって、60歳まで生きるのは十分長生きをしていると言え、ゆえに長寿を祝うという風習が広まるようになったのです。

・還暦の意味合いは?

外国人の白いエプロンをつけたシニア男性が腕組みをしている

以前は60歳まで生きることが難しい時代もありましたので、還暦祝いというと以前は長寿祝いという意味合いが強くありました。

長寿を祝う習わしが現代でも続いて祝い事として考えられていますが、ただ前述したように60歳はまだまだ若い内に入る年齢でもあります。

バリバリで働いている現役の方も多くいらっしゃいますし、働いていた職場を定年退職した後も新たな仕事に就く方も増えています。

また、仕事を退職した後に趣味を楽しんだり、パソコンや資格の勉強をしたり…と、一人ひとりライフスタイルが異なり、若々しく生活を送られている現役世代の方が多いですよね。

そのため、お祝いをされる方も、「年寄り扱いをされたくない」「まだまだ現役なのに」という意識が芽生えているのも事実です。

このような意識を持つ方が増えていることから、近年では還暦は長寿のお祝いというよりは人生の節目をお祝いするものという意味合いが強くなっています。

 

近年の還暦のお祝いの傾向

ひまわりの花(造花)といつもありがとうと書かれた白いマグカップ

還暦の意味合いの変化から、近年のお祝いの方法も傾向が変わってきています。長寿をお祝いするというよりも家族で集まる良い機会として考えられ始めました。

還暦と言えば本卦還りを指すことであり、即ち干支が一周して赤ちゃんに戻るという意味です。

その象徴として、赤いちゃんちゃんこなどを身に着ける慣習もあります。

ところが、現代では老け込んでしまう象徴のようにも捉えられる節もありますので、身に着けたくないという声もあるのです。

本人が希望すれば赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾などを贈っても良いかもしれませんが、本人の意志を尊重することが大切になります。

家族との記念撮影の時だけ赤いちゃんちゃんこなどを身につける、という方も少なくありません。

このような時代の変化を踏まえて、あまり大々的に還暦を祝うということはやらない配慮も見えます。

したがって、還暦を祝すというよりも、感謝の気持ちを伝えたり、家族で集まる良いきっかけとして捉えられていたりする一面もあります。

また、意味合いとしては、「引退」というイメージではなく、「感謝」や「労い」というイメージで、これからの健康を願って誕生日をみんなでお祝いすると良いでしょう。

とは言え、おめでたいことには違いないということもあり、子どもや孫たちから贈り物をしてお祝いするケースが多いです。

家族旅行やペアの時計、ネーム入りのお酒、花束、記念品など、さまざまなプレゼントを用意して長寿を祝います。

そして贈られた方も嬉しいものであり、家族で集まるだけでも幸せを感じられるものですから、還暦が近付いてきたらお祝いの計画を考えてみるのがおすすめです。

両親の還暦祝いに贈りたい名入れ酒!選ぶポイントや名入れ酒と一緒に贈ると喜ばれるプレゼント3選を紹介!

 

還暦を祝うならいつが良い?還暦祝いの時期の決め方

手帳の上に黒い眼鏡が置いてある様子

還暦をお祝いする背景を理解し、還暦をお祝いすることが決まったら、時期をいつにするのか決める必要があります。

還暦は満年齢60歳をお祝いするので、誕生日にお祝いするというご家庭が多いです。

ただ、還暦を祝う時期は得に決まっていないので、家族の良いタイミングで開催するという場合がほとんどです。

誕生日やお正月、ゴールデンウィーク、お盆、敬老の日などお祝いする時期は家庭によって異なります。

あれこれ候補があって迷われるかもしれませんが、還暦祝いの開催時期は還暦の方の都合を聞いたうえでお祝いする側が決めるのが一般的です。

還暦祝いは家族で会う良い機会とされている傾向にありますので、できるだけ家族みんなで集まれる時期に設定するようにしましょう。

誕生日が分かりやすくて一番良いかもしれませんが、家族みんなが集まりやすい日で設定するのであれば連休やお正月、お盆などがおすすめです。

それぞれの家庭の都合もありますから、遅くとも前年にはどの日に行うのか決定して、集まる親族に計画を伝えておきましょう。

還暦祝いはいつが最適?お祝いのタイミングとプレゼント例を紹介

 

還暦を祝うようになった背景を理解してお祝い方法や時期を決めよう

プレゼントボックスの上に置かれた赤い一輪の薔薇とthankyouと書かれたリボン

還暦をお祝いするようになった背景やお祝いする方法、お祝いする時期についてご紹介しました。いつもの誕生日とは違って、還暦は人生の節目の一つであり還暦を迎える方にとって感慨深いイベント。何もお祝いされないとなると寂しいものですので、これまでの感謝を伝えたり、これからの生活を願ったお祝いの方法を取ったりすると喜ばれます。

どのようにお祝いすればよいのか、開催する時期はいつが良いのか迷ったら本記事を参考にしてみてください。還暦をお祝いするようになった背景を理解したうえで、お祝い方法や時期を決めて素敵な還暦祝いを開催しましょう。