還暦と干支

還暦祝いをはじめとする長寿のお祝いで気を付けたいのが、お祝いをするタイミングです。

還暦祝いは60歳で祝うものですが、満年齢と数え年、どちらで祝うのかご存知でしょうか?

「満年齢と数え年とはどのような違いがあるのか」と疑問に思っている方も少なくないでしょう。

これから還暦を迎える方が側にいるなら、還暦祝いを満年齢と数え年のどちらでお祝いするものなのか知っていて損はありません。

この記事では、満年齢と数え年の違いについて触れながら、どちらで祝うものなのかをご紹介します。

還暦祝いは満年齢でお祝いするのが決まり

赤ちゃん

満年齢は誕生日が来てから1歳年を取りますが、数え年は生まれた年を1歳として新しい年を迎えるごとに年齢を重ねていくことになります。

還暦祝いの場合は、満年齢でお祝いをするのが決まりです。

面白いのは、還暦以降のお祝いは全て数え年で行われること。

つまり、還暦は満年齢の60歳でお祝いしますが、米寿は数え年88歳(満87歳)、白寿は数え年99歳(満98歳)の時にお祝いするということです。

なぜ還暦祝いに限って数え年ではなく満年齢でお祝いするかというと、12年で一巡りする干支に大きく関係しています。

12年で一巡り、と書きましたが、実は十干十二支といって木、火、土、水、金にそれぞれ陰と陽があり、それに12の干支が組み合わさります。

この組み合わせは60になり、このことから厳密に自分の干支に戻るには60年かかるというのが還暦の始まりです。

自分の干支に戻ることが赤子に戻る、もう一度生まれ変わるという意味になります。

よって、赤いちゃんちゃんこや頭巾をかぶって赤ちゃんに戻るような装いをします。

還暦祝いを行う最適なタイミング

還暦と赤いちゃんちゃんこ

還暦のお祝いをする時期は、満年齢である60歳の誕生日を迎えてからというのは理解していただけたでしょうか?

満年齢と数え年では年齢の数え方が異なりますので、間違えないように注意しましょう。

そして、できれば数え年で新たに年齢を重ねる前、つまり翌年のお正月以前に還暦祝いの席を設けると良いでしょう。

もちろん誕生日と一緒に祝ってもよいので、親戚一同、子供や孫などと楽しい時間が過ごせるように計画をしておくと喜ばれます。

ただ、家族と予定が合わない場合には、お正月や誕生日にこだわらずに日を改めて家族や親族みんなでゆっくりお祝いできるよう、還暦祝いを計画しても良いでしょう。

例えば、還暦祝いに旅行をプレゼントしようと考えている場合には、ゴールデンウィークがおすすめです。

1年の休みの中でも大型連休であるため、家族の予定が合いやすくなります。

しかし、休みが取れやすく行楽シーズンであることから、ゴールデンウィークの時に還暦祝いに旅行をプレゼントする際には早めに予約をしておきましょう。

還暦祝いにおすすめの贈り物

還暦祝いのプレゼント

還暦祝いには赤にちなんだお祝いの品を贈ることも定番になっていますが、今ではさほど色にこだわらずとも本人の趣味趣向に合わせた日用品などを贈ることが良しとされています。

例えば、ゴルフや釣りに関連するものやガーデニンググッズなどその方の趣味に合ったものや好みに合うものなど、日常的に使いやすいものが良いでしょう。

もちろん、赤にちなんで誕生日に60本の赤いバラをプレゼントしたり、お正月にお祝いするなら赤いマフラーやセーターを贈ったりしても良いでしょう。

また、まだまだ若々しい現代の60歳ですから、多少派手目の物を選んだほうが還暦の趣旨とも合致するのでおすすめです。

食事会は自宅で行っても食事処で行ってもいいですし、ホテルや旅館には還暦祝いのコースが設定されているところもあるので検討してみましょう。

人生が生まれ変わる貴重な節目である還暦。

ぜひこれまでお世話になった感謝の気持ちや長生きしてほしい気持ちを込めて、思い出深い記念にしてあげましょう。