上司の還暦祝いにカラオケ

いつもお世話になっている職場の上司が還暦祝いを迎える、となった時あなたは何をプレゼントしますか?

万年筆や腕時計、キーケースなど送ろうと思うと、いろいろなものを思い浮かべますよね。

みんなが参加して楽しい雰囲気にするためにカラオケに誘おうと考える方も中に入るでしょう。

上司の歌を聞いておくだけでも喜ばれるでしょうし、みんなと盛り上がるのも楽しいですよね。

しかし、カラオケに誘う際には知っておきたいデメリットもあります。

この記事では職場の上司の還暦祝いにカラオケへ誘うメリット・デメリットについてご紹介します。

職場の上司の還暦祝いにカラオケへ誘うメリット

カラオケ

職場の上司の還暦祝いとしてカラオケへ誘うと、以下のようなメリットがあります。

・上司が好きな歌を歌える

・お酒が飲める

・費用が安上がりなど

おそらくですが上司は今時の歌ではなく、演歌を歌うと想定されます。

参加する社員達は、顔をこわばらせながら拍手をする可能性が高いです。

ただ、上司がカラオケの常連客だった際は、プロ顔負けの見事な歌唱力を披露してくれることもあります。

その時は、参加者一同がすごいと言いながら、大きな拍手をしてもおかしくないです。

歌い終えた上司の顔も満面の笑みになっていた場合は、存分に楽しんでくれたことになります。

また、カラオケの店員に依頼をすれば、お酒や軽食を運んできてくれます。季節が春から夏ならビールを頼んでみるのも悪くないです。

つまみには枝豆や焼き鳥、ポテトチップスを用意すると最適です。

そして、還暦祝いでパーティを開くと、結構なお金がかかってしまいます。

しかし、カラオケなら数千円払えば済むので、費用面でも安上がりです。

駐車場も広くて停めやすいのも良い部分と言えます。

職場の上司の還暦祝いにカラオケへ誘うデメリット

道が分からない

職場の上司の還暦祝いにカラオケへ誘うデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・上司が音痴だったら反応に困る

・店の場所がわからない

・同僚が酔いつぶれることがあるなど

上司が音痴だった時は、笑うわけにもいかないので、無表情で拍手したり、「お上手ですね」と言えば上手くごまかしたりしましょう。

上司の気分を害するのは良くないので、雰囲気を壊さないように適切な行動を考えましょう。

また、店の場所がわからないときは、携帯電話のネット機能を使って調べればすぐに判明します。

お酒を飲もうと考えている時は、車で移動せず、タクシーかバスを使って店に行く方が無難です。

どうしても車を使いたい場合は、運転代行に頼めば大丈夫です。運転代行へつながる電話番号は、カラオケ店内にいる店員に聞けば教えてくれます。

そして、同僚がお酒を飲み過ぎて酔いつぶれてしまった際は、タクシーを呼んで家まで連れて行ってあげましょう

費用についてはタクシー運転手にお願いして、領収書を書いてもらえれば、後日に支払ってもらえると思われます。