還暦に曲をプレゼント

還暦祝いとして一風変わったプレゼントを贈る人も珍しくありませんが、自作した曲を還暦祝いにプレゼントする方もいます。

還暦祝いに曲をプレゼントする際には、今までの60年間を歌詞にし、それに曲をつけて歌うというやり方が一般的です。

歌ってもらった相手は、自分のために曲を書いてくれ、それを歌ってくれるというのはとてもうれしく、泣いてしまう方もいます。

感動的で思い出に残る曲を還暦祝いにプレゼントするにはどうしたらよいでしょうか?

この記事では、還暦祝いにプレゼントする曲の作り方や意識することについてご紹介します。

還暦祝いには自作の曲を贈るのがおすすめ

還暦祝いに歌をプレゼント

還暦祝いの際には、プレゼントや記念品を贈る以外にも、食事会の際などに心込めて曲をプレゼントする方も少なくありません。

還暦祝いにピッタリな有名な歌としては、千昌夫さんの「還暦祝いの唄」や、長渕剛さんの「乾杯」、美空ひばりさんの「川の流れのように」などが挙げられます。

また、有名な歌手の方が歌う歌も盛り上がりますが、自作した曲を歌う、というのもダイレクトに思いを伝えやすいのでおすすめです。

歌詞の中に還暦を迎える方への思いを込めることができますし、還暦祝いとして忘れられない一曲となります。

一人で歌うのも良いですが、家族みんなで歌うとより幸せな雰囲気に包まれそうですね。

歌う側としてはちょっぴり気恥ずかしい気持ちはあるかもしれませんが、これまで生きてきた人生を思い返してもらえるように、どれだけ心を込めて歌えるかがポイントとなってきます。

還暦祝いにプレゼントする曲の作り方

音楽家に曲作りを依頼

還暦祝いの曲を作るためには、60年間で何があったのかなどを知る作業が必要です。

その人の生い立ちを知り、60年間に何があったかなどを感じ取る中で、いかに大変な人生だったかを学び、その段階で曲を作る側が思わず泣いてしまうということもあります。

感謝の気持ちやこれからも元気でいてほしいという気持ちが交錯し、そこに魂が加わることで、より良いものになっていきます。

ただ、曲を贈りたいけど、自分は楽器も弾けないという場合もありますよね。

そのような時には、知り合いの音楽家やミュージシャンなどに依頼するということが得策です。

この場合には、

・参考となる資料を片っ端から集めてそれを見てもらう

・依頼者からの話を聞いた上で印象に残ったエピソードなどを踏まえて制作してもらう

と言ったような方法で、還暦を迎える方のことを知ってもらい、曲を仕上げていきます。

家族みんなで感謝の気持ちを込めて歌うことを意識する

家族みんなで合唱

還暦祝いのために用意した曲を家族みんなで歌うような場合には、それ専用にアレンジしてもらうということも可能です。

還暦祝いにとって大事なのは、自分のために時間や費用をかけてくれたという事実ですが、自作の曲はかなりの時間を要し、心のこもった曲を発注する場合でも相当な労力を要することになります。

還暦祝いに曲をプレゼントすることで、相手はその要した時間と労力を理解してくれて、「自分のために」と感極まることもあるでしょう。

また、自作の曲を送ることで、感謝の気持ちがストレートに伝わりやすいのも特徴の一つ。

その人本人だけでなく、周囲の人もその歌を聴いて泣いてしまうということもよくある話です。

ちゃんとしたものでなくても、例えば歌詞を子どもや孫などが考えるというのでも良いでしょう。

みんなが何かしらのところで参加するということをすれば、歌い終わった後の話のネタになりますし、感動はより一層強まることになるはずです。

このように、還暦祝いのプレゼントでより心の込めたものを贈りたいという場合にはおすすめであり、世界に1つしかないプレゼントとなります。

還暦祝いには思い出の歌をプレゼント!方法やカラオケを活用するメリット