還暦祝い

60歳を迎える方を祝う還暦祝いですが、還暦祝いをする意味やその由来についてご存知ですか?

還暦の発祥の地は日本ではなく、還暦祝いの風習が広がりを見せたのもだいぶ昔のこととなります。

この記事では、還暦祝いの意味とその由来、還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを贈る風習が広まった理由、そして近年の還暦祝いの意味合いについてご紹介します。

還暦の由来や発祥の地について

還暦の由来と古代中国

そもそも還暦とは60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支に還ることから、元の暦に戻るという意味で還暦と呼ばれるようになりました。

これは、一種の生まれ直しであると意義づけられています。

干支というと十二支だけを思い浮かべる人が多いと思いますが、正確には十干と十二支を組み合わせたものを干支といいます。

十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類のことで、十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類のことです。

この二つの組み合わせが60種類あることから干支が一回りするのは60年となります。

還暦の発祥は古代中国であり、日本では奈良時代に長寿の祝いの習慣を取り入れ、貴族達の間で広く行われるようになったのが由来です。

この頃の長寿の祝いは「年祝」とも呼ばれ長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で「四十の賀」「五十の賀」と40歳・50歳で祝われていました。

室町時代の頃から「還暦」「古希」と呼ばれるようになり、広く一般的に行われるようになったのは江戸時代と言われています。

この頃、平均寿命は50歳未満だったため60歳は長命であり、かつ長寿の人が持つ知識や経験はとても貴重で大切にされていました。

還暦祝いに贈られる赤いちゃんちゃんこの意味

赤いちゃんちゃんこの意味は厄除け

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこが贈られるのには2つの理由があります。

一つは、還暦は60年で生まれた干支に還るため、赤ちゃんに戻るという意味があり、赤ちゃんと語呂が似ている赤いちゃんちゃんこを羽織ってもらうようになったと言われています。

もう一つは、昔から赤い色は厄除けや魔よけの力があると信じられていたからです。

昔は医学が発達しておらず新生児の死亡率が高かったことから、赤ちゃんが生まれると魔よけの色と信じられていた赤色の産着やちゃんちゃんこを身につけさせて、無事に成長するよう祈る習慣がありました。

そこで、還暦になると「赤ちゃんに戻る、生まれ変わり」という意味を込めて、今後の健康を祈って赤いちゃんちゃんこをプレゼントする習慣が全国的に広まったのです。

特に、男の厄年が還暦の年にもあたるため、厄除けとして還暦に赤いちゃんちゃんこを身につけると良いと言われていました。

見た目がかわいらしい赤いちゃんちゃんこには、深い意味合いが込められていたんですね。

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこ?そのワケと購入する方法とは?

近年の還暦祝いの意味合い

近年の還暦祝いの意味合い

現代においては平均寿命が延び、60歳を迎えてもまだまだ現役で働く人も多くなっているので還暦祝いは長寿の祝いというよりも人生の区切りをお祝いするという意味合いが濃くなっています。

現役の方に対して還暦祝いに赤いちゃんちゃんこをプレゼントするのは、「年寄扱いして」「まだまだ若いのに失礼」と思われることが多く、赤いちゃんちゃんこはあまり喜ばれない傾向にあります。

このような背景から、最近では赤いちゃんちゃんこの代わりに赤いシャツやネクタイ、スカーフなどを還暦祝いのプレゼントとして贈るようになってきてます。

また、赤にこだわらずとも、バッグや時計などの日常的に使えるものや綺麗なお花、家族旅行、家族での食事会などのイベントをプレゼントする方も増えています。

このように、平均寿命の変化とともに、還暦祝いの意味合いやプレゼントの内容も変化しているのです。

これからも災いなく、元気で生き生きと長生きしてもらうために、相手が喜んでくれる還暦祝いのプレゼントを選んでみては?

何が嬉しい?贈って喜ばれる還暦祝いのプレゼントは?