還暦祝いに一眼レフカメラを贈る

還暦祝いには、無事に60歳を迎えたというおめでたい気持ちとともに、これまでの感謝やこれからの生活を願うものを贈ると喜ばれます。

特に、趣味につながるものやこれからの生活が明るくなるようなものなどは、長寿のお祝いの品としてふさわしいです。

趣味につながるものとしては、ウォーキングシューズやゴルフグッズなどがありますが、散歩に気分転換に家族団らんに、などさまざまなシーンで使える一眼レフも人気があります。

この記事では、還暦祝いのプレゼントの変化に触れながら、還暦祝いのプレゼントに一眼レフを贈って喜ばれる理由や趣味に広げる可能性についてご紹介します。

 

近年の平均寿命と還暦祝いのプレゼントの変化

還暦祝いのプレゼントの変化

長寿のお祝いの最初でもある還暦は、平均寿命が延びたことで今日では60歳であってもまだ高齢者扱いをしてほしくないという人も多いものです。

定年が60歳というのが以前であれば一般的でしたが、今日では65歳定年という企業も多くなり、還暦となっても引き続き仕事を続けていて生活が変わらないという人もいるでしょう。

そのために、還暦祝いとして定番だった赤いちゃんちゃんこをあげても喜ばれず、年齢を感じさせてしまうためにかえってマイナスの効果となってしまうこともあります。

せっかく相手に喜んでもらうために選んだプレゼントで、相手を傷つけて落ち込ませるような事態は避けたいですよね。

このような背景から、赤いちゃんちゃんこを着るのは記念撮影の時だけにとどめ、他の赤色のプレゼントを贈ったり、食事会などのイベントをプレゼントしたりする家庭が増えています。

還暦祝いのプレゼントには、腕時計やカバン、財布などの実用的なものから旅行など思い出に残るものまで、近年では幅広いものが人気を集めています。

中には、「新しい趣味を増やしてもらいたい」「たくさん外に出かけて欲しい」という思いから一眼レフを贈る方もいます。

 

父の還暦祝いに一眼レフをおすすめする理由

カメラ

還暦祝のプレゼントには、赤い色が使われているものや日常的に使えるものなどが人気を集めています。

また、60歳になってもこれからもますます趣味を楽しんでもらうために、趣味の物を選んであげるのも良いでしょう。

近年では、写真撮影をするとなってもスマートフォンや携帯電話にカメラ機能が付いているので、カメラを持参しなくても手軽に写真撮影をすることができるようになりました。

しかし、60歳くらいの人になれば若い頃には携帯電話もなく、デジカメも普及していなかったことから、フィルムありのカメラや一眼レフカメラを持っていたという方も多いものです。

一眼レフカメラは、画質が非常に良く、ちょっとした写真も魅力的な一枚にしてくれます。

しかも、カメラを触ったことがないという初心者の方でも気軽に美しい写真を撮ることができます

一眼レフカメラに親しみのある方は新しいカメラをプレゼントしてくれたことを喜んでくれるでしょうし、初めて手にする方もあちこちの写真を撮って楽しむ機会が増えるでしょう。

 

還暦から新しいカメラで新しい趣味を!趣味に広がる可能性について

馴染みのあるカメラ

還暦を迎える世代の方の多くは、現代の人よりも一眼レフカメラを使ったことのある経験がある方も多い年齢層。

そのため、今どきの便利な新しい機能もプラスされた一眼レフカメラをプレゼントしてみれば、定年を迎えた方にも楽しい人生を送ってもらえるかもしれません。

定年になれば、今までは忙しく営業に回っていたというお父さんでも、急にやることがなくなって自宅に引きこもってしまう人もいるのです。

趣味がある人になれば没頭することができますが、何もないという人になれば早めにきっかけを作ってあげる必要があります。

一眼レフカメラであれば、はじめは自宅の庭の草花の撮影から始めてもらったとしても、次第にいい写真を撮影したいと山や海などへ出かけるようになるきっかけともなります。

ファッションアイテムも還暦祝いとして人気がありますが、ファッションには興味がないというお父さんにも一眼レフカメラはぴったりです。

【男性編】還暦を迎えてから始める人気の趣味!趣味を見つける重要性についても

 

父の還暦祝いにおすすめの一眼レフの機種

Recommended single-lens reflex camera for father's 60th birthday celebration

一眼レフには機種が豊富にあり、お父さまへのプレゼントに悩まれる方が多いのではないでしょうか。

父の還暦祝いにおすすめの一眼レフの機種としては、キャノンのEOSシリーズが挙げられます。

キャノンのEOSシリーズには初心者に向けたカメラや玄人向けのものまでさまざまな機種が展開されており、お父さまのレベルに合わせて選ぶことが可能。

例えば、EOS M100は一眼らしい深いグリップなどはありませんが、小型で軽量であることから持ち運びやすさに優れています。価格もその分安くなっており、お買い求めやすくなっています。

また、操作がシンプルでわかりやすい、大型のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載で本格的な撮影が可能、見た目がスタイリッシュなデザインといったように他にも特長があります。

そのほか、初心者向けの定番キャノンEOS Kiss X7や、初心者から上級者まで使えるキャノンEOS 80Dも人気があります。

ご紹介したキャノンの商品以外にも、ニコンやパナソニック、ソニー、ペンタックスなどさまざまな企業が一眼レフカメラを販売しています。

操作性や持ち運びやすさ、特長などを比較しながら、お父さんにピッタリな一品を見つけましょう。

 

一眼レフで父に還暦からの新しい趣味を楽しんでもらおう

Let your SLR enjoy a new hobby from the 60th birthday

父の還暦祝いに一眼レフをおすすめする理由や趣味に広がる可能性、おすすめの一眼レフの機種についてご紹介しました。

趣味は生活を豊かにするものであり、一眼レフを贈ることで還暦からもアクティブに新しいことに挑戦してもらいたいという気持ちが込められます。

一眼レフでの写真撮影を楽しんでもらうために、お父さんと景色が綺麗な場所に一緒に散歩に行ったり、お孫さんを連れてきて写真を撮ってもらったりする時間も素敵ですね。

還暦祝いに一眼レフを贈ってお父さんに還暦からの新しい趣味を楽しんでもらいましょう。

還暦から始めるおすすめの趣味のご紹介!自分の好みや体力に合ったものを見つけよう