老夫婦

喜寿や古希など日本には年齢ごとに決められた長寿祝いがあります。この中でも還暦祝いが一番有名ですが、その他の祝い事について詳しく知っている方は意外と少ないです。

今回は還暦祝い後に訪れる喜寿や古希の違いを紹介します。正しく祝うために知っておきたい喜寿と古希のことをまとめてみました。

最後には喜寿と古希に最適なプレゼントを紹介します。これから喜寿や古希を迎える方が周りにいる人は本記事を参考に理解を深めてみてください。

 

1、喜寿と古希の違いについて理解しよう

知識をイメージしたPCと机

還暦祝いといえば赤をテーマにした60歳の長寿祝いですよね。還暦は長寿祝いの中で最初に訪れるので知っている方も多いはず。一方、還暦の次に訪れる「古希」や「喜寿」といった長寿祝いが良く分からないという方は増えています。

還暦祝いの次に訪れるのが”70歳”の古希祝い、そして”77歳”の喜寿と続きます。古希と喜寿は似ているようで違う長寿祝いなので本記事で違いを理解しておきましょう。日本には、年齢によってさまざまな長寿祝いが用意されています。それぞれの違いを理解しておけば、長寿祝いで困ることはありません。

・古希とは?

古希は70歳を迎えた際の長寿祝い。中国の詩人の一節「人生七十古來稀」から伝わったとされる長寿祝いで、70歳まで生きることは稀なことという意味があります。古希の「希」はもともと「稀」 という字でしたが、常用漢字ではないため「希」に変わりました。

古希の70歳は満70歳です。昔は数え年で年齢を換算していたので69歳で古希祝いを迎えていました。現在は、数え年ではなく満年齢で年齢を数えるので満70歳に祝うのが一般的です。そのため、古希祝いは誕生日に祝うことが増えています。

また、古希祝いのテーマカラーは「紫」です。紫は昔から高貴で徳の高い色とされています。長寿を迎えた方に敬意を表す意味合いで紫が使われるようになりました。古希祝いにプレゼントを贈るなら紫の入ったものをプレゼントしましょう。

・喜寿とは?

喜寿は77歳を迎えた際の長寿祝い。還暦や古希は中国がルーツの長寿祝いですが、喜寿祝いは日本が発祥とされている長寿祝いです。喜寿の「喜」を草書体で書くと七が3つ読めることから77歳が喜寿祝いとなりました。江戸時代以降から広まったと言われており、江戸時代の国学者の詠草にも喜寿祝いに関係するものが残っています。

喜寿の77歳は満77歳です。古希祝いと同じく本来は76歳でしたが、現在は数え年ではなく満年齢で年齢を数えるので満77歳に祝うのが一般的です。満77歳を迎えた誕生日に喜寿祝いを祝いましょう。

喜寿祝いのテーマカラーは「紫」です。古希祝いと同じく長寿を迎えた方に敬意を表す意味合いで紫が使われるようになりました。喜寿祝いにプレゼントを贈るなら、古希祝いと同様に紫の入ったものをプレゼントしましょう。

・古希と喜寿の違いまとめ

古希祝いは「70歳」に祝う、喜寿祝いは「77歳」に祝う
古希祝いは「中国」がルーツ、喜寿祝いは「日本」がルーツ
古希・喜寿祝いのテーマカラーは「紫」である
古希・喜寿祝いは「満年齢」で祝う

上記に古希と喜寿の違いや同じ点をまとめました。ルーツが違う点を除けば基本的にテーマカラーや祝う年齢の数え方は同じです。古希や喜寿の祝い正しい知識を身につけて素敵な長寿祝いを迎えてください。

 

2、古希と喜寿に最適なプレゼントは何?

紫色のマカロン

最後に、古希と喜寿に最適なプレゼントを紹介します。古希と喜寿は同じテーマカラーの長寿祝いなのでプレゼントに悩む方は多いです。この章でおすすめのプレゼントを知ってプレゼントを考えてみてください。

・古希におすすめのプレゼント

古希祝いにおすすめのプレゼントは趣味や好みに関連したものです。紫の入ったプレゼントもおすすめですが、楽しみにしている趣味や好みのプレゼントは喜ばれやすいです。どんな趣味や好みがあるのか今一度考えてプレゼントしましょう。

-日本酒、ワイン

70歳のお祝いのプレゼントにおすすめのお酒

お酒が好きな方におすすめしたいのが日本酒やワインのプレゼントです。日本酒やワインは長寿祝いの人気プレゼントのひとつ。食事会のときにプレゼントした日本酒やワインを一緒に楽しむことが可能です。

日本酒やワインの中で特におすすめなのが名入れの日本酒やワインです。ラベルの部分に文字を入れられる名入れ日本酒やワインは長寿祝いの定番となっています。「祝 古希」などの文字を入れて世界にひとつだけのプレゼントを贈りましょう。

古希祝いのプレゼントにお酒を贈ろう!必ず喜ばれる厳選日本酒5銘柄を紹介

-マグカップ、湯のみ

Mug

普段からコーヒーや紅茶、お茶を飲んでいる方にプレゼントしたいのがマグカップや湯のみのプレゼント。古希祝いが終わったあとも継続して使えるので、いつでも祝いの席を思い出してもらえます。日常的に使うアイテムは喜ばれやすいプレゼントなのでおすすめです。

マグカップや湯のみに名入れできる場合もあるので、日本酒やワインと同じく世界にひとつだけのプレゼントが贈れます。マグカップや湯のみと一緒にコーヒーや紅茶、お茶をプレゼントしてもいいでしょう。食事会が終わった後にゆっくりとティータイムを楽しんでください。

-ファッションアイテム

70歳のお祝いのプレゼントにおすすめのファッションアイテム

還暦を含めた長寿祝いで人気のプレゼントといえばファッションアイテムです。テーマカラーである紫の入ったファッションアイテムをプレゼントしましょう。春や夏はストール、ポロシャツなど軽いものを、秋や冬はマフラーやセーターがおすすめです。

紫は一見取り入れにくい色に思えますが、年齢を重ねるごとに不思議と似合っていく色です。紫は、古希を迎えた方にぴったりのカラーなので季節にあったファッションアイテムをプレゼントしてみてください。

-似顔絵

portrait

記念日や祝い事の定番プレゼントといえば似顔絵です。古希を迎えた瞬間の表情を絵として残せるので喜ばれます。祝い事が終わった後も似顔絵を見るだけで楽しい思い出が蘇ってくるプレゼントです。

こうした似顔絵は事前に写真を贈ることで似顔絵にしてくれます。似顔絵を提供している店舗によってイラストのタッチが違うので、自分好みのタッチの似顔絵を見つけて頼んでみてください。

また、似顔絵には額縁などをつけられるオプションが充実している店舗があります。凝った似顔絵をプレゼントしたいならオプションの充実度も選ぶ基準にするといいですよ。

-花束

70歳のお祝いのプレゼントにおすすめの花束

すべての記念日に贈る定番のプレゼントといえば花束です。男性よりは女性に贈ると喜ばれるプレゼント。花屋さんで予算と古希に贈る旨を伝えればそれに適した花束を作ってくれます。古希のテーマカラーは紫なので紫を中心とした花束をプレゼントしましょう。

また、生花の花束は環境によってすぐに枯れてしまいますが、ブリザードフラワーなどをプレゼントすれば長い期間花を楽しんでもらえます。

古希祝いに感謝を伝えたい♪ おすすめの花束と花言葉を紹介!

 

・喜寿におすすめのプレゼント

続いて、喜寿祝いのおすすめプレゼントです。77歳ということで趣味や好みのプレゼントを中心に健康に気を使ったプレゼントがおすすめです。テーマカラーの紫を基調として健康グッズなどをプレゼントしましょう。

-帽子・アクセサリー

77歳のお祝いのプレゼントにおすすめの帽子

77歳を迎えると健康状態によっては外出が難しいことがあります。少しでも外出を楽しんでもらいたい、そんな願いを叶えるプレゼントが帽子やアクセサリーのプレゼントです。外出が楽しみになるような帽子やアクセサリーをプレゼントしましょう。帽子ならつばが広く締め付けの少ない帽子がおすすめです

アクセサリーなら紫を基調としたものがいいでしょう。指輪やブレスレットなど身につけやすいアイテムがぴったりです。

身に付けるだけでぱっと明るくなるような帽子やアクセサリーは、気持ちの明るさにもつながります。好みに応じたものをプレゼントしましょう。

 -パジャマ

pajamas

長寿を目指したり健康な体を維持したりするには日々の健康管理が必要となります。

良質な睡眠はさまざまな病気のリスクを減らします。喜寿を迎えた方にぐっすりと眠って欲しい方におすすめなのがパジャマのプレゼント。合わないパジャマを着て寝ていると寝苦しさにつながります。寝苦しい夜が続けばそれだけ病気のリスクが上がるので危険です。

シルクや麻といった肌触りがいいパジャマをプレゼントすれば良質な睡眠がとれます。寝つきが悪い、寝てもすぐに目が覚めてしまう方に贈るならパジャマがいいでしょう

-マッサージ器

77歳のお祝いのプレゼントにおすすめのマッサージ器

肉体的な不調が続くと精神的にも参ってしまいます。そこで、少しでも体の負担を減らしてもらうためにマッサージ器をプレゼントしましょう。長寿祝いのプレゼントといえばマッサージチェアがおすすめですが、置き場者や値段が気になってしまいますよね。

そこでおすすめなのがマッサージクッションです。クッションのような形状になっていて背中や肩、足など部位毎にマッサージチェアのようなマッサージを受けられます。マッサージチェアに比べると値段も安いのでおすすめです。コンパクトで持ち運びやすいこと、喜寿の方でも操作しやすいことを念頭に置いて選んでみてください。

喜寿には健康グッズを!身体が楽になるプレゼントで喜んでもらおう!

-旅行

Travel

喜寿を迎えた方がインドア派なら旅行のプレゼントがいいでしょう。77歳の年齢になるころには外出する機会が減って自宅に引きこもりがちになっているという方もいるので、外に出るのが楽しくなる旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

ただ、喜寿の方の体調などを配慮すると体に負担がかかる遠出はおすすめできません。旅行を計画する際には、できるだけ体の負担がかからない国内の近場がおすすめです。ホテルや旅館では長寿祝いのプランが用意されているので、喜寿祝いを問題なく祝うことができます。

予約の際に長寿祝いのプランが用意されているのか確認してみましょう。ホテルや旅館などによりますが、プロのカメラマンが記念撮影をしてくれたり、ちゃんちゃんこなどを貸してくれたり、お祝いのために花束を用意してくれたりなど、さまざまな特典を受けることができます。

予算はほかのプレゼントに比べると高いですが、家族水入らずで思い出を残すことが可能です。喜寿を迎える前に計画を立てて思い出に残る旅行をしてください。

心のこもった喜寿祝いのプレゼント!旅行を贈るために準備する事や宿泊先の決め方

-バッグ

77歳のお祝いのプレゼントにおすすめのバッグ

喜寿祝いの方がよく外出をするなら機能性の高いバッグをプレゼントしましょう。バッグは外出時には使う機会が多いものなので、使いやすいものは喜ばれます。

ポケットが多く、チャックやボタンでしっかりと止められるバッグなら安心しで持つことができます。テーマカラーの紫が入ったバッグをプレゼントすれば喜寿祝いと関連付けられます。外出が趣味の方にはぜひバッグをプレゼントしてみてください。使い心地が良く安心感のあるバッグでお出かけをより楽しんでもらいましょう。

 

▽喜寿祝いのプレゼント選びに迷ったら予算も一緒にご紹介しているこちらの記事もおすすめです。

5分で決まる!喜寿祝いのプレゼント選びの参考になるおすすめの贈り物10選を紹介!

▽男女別に喜寿祝いにおすすめのプレゼントを知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

男女別!喜寿祝いに向けて知っておきたい選び方とおすすめプレゼント10選

 

・古希と喜寿の相場と注意点

古希と喜寿のおすすめプレゼントを知ったところで気になるのはプレゼントの相場です。古希は還暦祝いから10年後、喜寿は古希から7年後ということもあり、予算を上げていった方がいいのか?それとも同じくらいの相場でいいのか?悩んでしまいますよね。喜寿祝いの大まかな相場を確認しておきましょう。

-基本的に1万円から3万円ほど

プレゼントの中身にもよりますが、基本的に1万円から3万円ほどで問題ありません。孫から贈る場合は3,000円から5,000円ほどが相場です。ただ、旅行やマッサージ器などをプレゼントする際は相場よりも予算が高くなります。まずは予算を決めてからプレゼントを選ぶといいでしょう。

また、プレゼントではなく現金のプレゼントを考える方が増えています。確かにプレゼント選びに悩んで決められない場合は現金という選択肢もありますが、長寿祝いに現金のプレゼントは基本的に避けるべきでしょう

目上の人に金銭を贈るのはマナー違反ですが、還暦祝いに特別な決まりはありません。もし、本人の希望や避けられない理由がある場合は熨斗袋に入れて贈りましょう。古希や喜寿のプレゼントはなんでも構いませんが、現金に関してはよく考えてから贈るようにしてください。

喜寿祝いの適切な相場はいくら?相場別のおすすめプレゼント10選も紹介!

 

まとめ
知識をイメージした本

古希と喜寿の違いについて紹介しました。正しくこれらの長寿祝いを祝うために本記事で紹介したことを覚えておきましょう。古希や喜寿は同じような中身が違います。混同したまま長寿祝いを迎えないように注意してください。

古希や喜寿のプレゼントに悩んだら本記事のおすすめのプレゼントを参考にしてみはいかがでしょうか?それぞれの長寿祝いに適したプレゼントを紹介しています。素敵なプレゼントを手に入れて思い出に残る長寿祝いを迎えましょう。