70歳のお祝いである古希祝い。

近年では、昔と比較すると還暦を迎えても若い人が増えたため、還暦祝いよりも古希祝いの方が長寿をお祝いするものという認識が強くなりました。

そんなおめでたい古希祝いのテーマカラーは紫です。テーマカラーである紫のプレゼントを贈ると縁起が良いとされています。

今回は、古希祝いの古希の意味や70歳のお祝いに最適な紫のプレゼントをご紹介します。

 

古希祝いの「古希」の意味

70歳のお祝いの古希とは

古希祝いと聞いて名前は聞いたことあるけれど、どういうものかわからないという方は少なくないと思います。

還暦を知っている方はそれと同じように、古希も長寿に関すお祝いだと知っている方もいると思います。

古希とは元々、「古稀」と書きました。中国唐時代の詩人・杜甫の「人生七十古來稀」という詩の一節によるものとされています。

人生七十古來稀とは、人生70歳まで生きることは稀な事であるという意味です。

昔は人生50年と考えられていて、還暦にあたる60歳を迎えられることが長寿の証とされていました。

そして更に70歳を迎えられるというのは、非常に稀(まれ)だという意味から古希がお祝いされるようになったといわれています。

古稀という字が古希に変わった理由としては、昔は70歳を迎えるのは非常に稀でしたが、いまでは平均寿命が伸び、稀ではなくなったこと、「稀」が常用漢字ではないことなどの理由で、「希」に変わっていったとされています。

 

古希はいつ祝う?

古希は数え年で70歳を迎える年を指します。

数え年とは生まれた年を1歳として以降、元日に1歳年をとるという数え方です。これを現代の満年齢に換算すると古希は69歳をさします。

還暦は満年齢で60歳(数え年で61歳)なのに対し、古希は満年齢で69歳(数え年で70歳)となるため、還暦から古希までは9年しか空かないということになります。

しかし現在では数え年の習慣がなくなり、それに伴って古希のお祝いも満70歳の誕生日に行うケースが増えています。

また、誕生日以外の日でも70歳になる年の、家族や親戚があつまりやすい日を選んでお祝いを行うという場合もあります。

本来、古希祝いには還暦のとき同様、ちゃんちゃんこなどを着て、家族や親戚などが集まってお祝いします。

しかし、色は赤ではなく「紫」です。これは、昔から紫は特別な色として崇められ、位が高い人しか身に付けることが許されなかったためです。

そのため、長寿への敬意の表れとして紫色の物を贈ってお祝いするようになったようです。

 

古希祝いのプレゼントには紫の物がおすすめ

このように古希のお祝いに贈り物をする際には、紫色にこだわったものを贈るとよいと言われています

紫には人を癒す力が宿ると言われていますので、普段身に付ける物に紫色を選ぶと古希のお祝い品として最適です

ここからは、そんな紫色に注目したおすすめのプレゼントをご紹介しますので、テーマカラーや縁起の良さを大切にしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

アメジスト

amethyst

身に付ける贈り物としてはアクセサリーがありますが、特におすすめなのが紫水晶のアメジストです。

透明感のある美しい紫色が古希祝いにピッタリですし、指輪やネックレス、ブレスレットなど様々な種類がありますので男女を問わず贈ることができます。

また、宝石の中ではそれほど高価ではないので選びやすいといえます。

そのほか、アイオライトやサファイアなどの紫系の宝石の人気も高く、古希祝いのプレゼントにおすすめです。

ファッションアイテム

ファッションアイテム

その他の身に付ける贈り物としては、スカーフやマフラーなどのファッションアイテムや腕時計などがあります。

オシャレな衣類やファッションアイテムは、「これからもかっこいいお父さんでいてね」「きれいなお母さんでいてね」といった気持ちを込めることができます。

古希を迎えた後もオシャレにこだわって、より外出を楽しんでもらいましょう。

例えば、寒い季節に古希祝いを行うのであればセーターやマフラーなど、季節を問わずおしゃれしてほしいという場合には腕時計など、季節や相手の好みなどに合わせて選んでみましょう

いずれも紫色か紫のワンポイントが入ったデザインを選ぶと、古希に相応しいプレゼントとなります。

男女別!古希祝いに贈りたい腕時計の選び方とおすすめ腕時計7選!

名入れの日本酒やワイン

Name of wine

長寿祝いの定番である日本酒やワインといったお酒のプレゼントも古希祝いにおすすめ。

好きな銘柄やブランドがあるのであればそれに合わせてお酒を贈るというのも良いですが、中でも古希祝いに人気なのが名入れのお酒。

好きな種類のお酒に「祝古希」「古希祝いおめでとう」といったメッセージや相手の名前を入れることができるほか、「家族一同」など誰からの贈り物か贈った側の名前も入れることができます

ラベルにこだわることができるだけでなく、お店によっては瓶や包装を紫にできる場合もあるため、古希祝いにぴったりです。

名入れのお酒は外見だけでなく中身にもこだわっているので、お酒好きな方に満足してもらえるでしょう。

▽こちらの記事でも紫のプレゼントを価格帯別にご紹介しているので、古希祝いに紫のプレゼントを選びたい場合には参考にしてみてくださいね。

古希祝いには「紫」を!父母に贈りたい感謝を伝えるプレゼント!