flower-purple

古希祝いのプレゼントに花束を渡す方は多いです。古希祝いのカラーである紫の花束は気品もあり、プレゼントされた側も嬉しいプレゼントのひとつ。

そこで、今回は古希祝いにおすすめの花を7つ紹介します。また、花の相場や購入場所なども紹介していくので、なんとなく古希祝いに花をプレゼントしようと考えている方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

それでは、古希祝いに花のプレゼントがおすすめの理由から見ていきましょう。

 

1、古希祝いには花を贈るのがおすすめ

flower-purple-bag

還暦祝いの次に訪れる古希祝い。還暦が60歳なのに対して、古希は70歳を迎えた際の長寿祝いです。 また、還暦祝いのカラーは赤ですが、古希祝いのカラーは紫になります。

還暦祝いを盛大に祝う方は多いですが、意外と見過ごされがちなのが古希祝いです。そのため、何をプレゼントしていいのか分からないという方は多いです。しかし、基本的に還暦祝いも古希祝いは同じ長寿祝い。還暦祝いの時と同じようにプレゼントを選び、食事会などで祝いことをおすすめします。古希祝いも長寿祝いの一つであり、迎える方にとっては重要なイベントであることには変わりありませんので、きちんとお祝いしましょう。

そして、古希祝いはキーカラーが紫になります。なので、何をプレゼントしていいか分からない方は、紫の入ったプレゼントを意識しましょう。例えば、紫の洋服やグラス、アクセサリーなどがおすすめです。これらのプレゼントの中でもおすすめなのが「花」のプレゼントです。

還暦祝いでは、キーカラーの入った赤いバラをプレゼントした方は多いと思います。それと同じく、古希祝いでも紫の入った花束をプレゼントする方が多いです。紫の花で統一するのも素敵ですし、さまざまな色の花を組み合わせてフラワーアレンジにするのも人気です。また、花束だけでなくブリザードフラワーやフラワーアレンジメントなどをプレゼントする方も多く、花は古希祝いのプレゼントの中でも人気です。

 

2、古希祝いの花の相場を知っておこう

flowerandvases

古希祝いの花にはさまざまな種類があります。紫色の花を中心にした花束をはじめとして特別な加工してある花も人気が高いです。ここでは、花の種類ごとの相場に関してご紹介していきます。

・花束 【平均予算5,000円~】

予算に応じて購入できる花束は人気が高いです。ネットで購入する場合はすでに完成された花束を購入しますが、花屋で購入する場合は予算に応じて最適な花束を作ってくれます。そのため、予算を前もって購入する花屋に伝えておきましょう。

例えば、予算5,000円で古希祝いの花束を作りたいと伝えれば、紫をテーマにした花束を作ってくれます。その時に仕入れてある花を中心に作るため、季節に応じた素敵な花束をプレゼントできます

また、予算によってはさらに豪華な花束を作ることも可能なので、使いたい花がある場合は余裕を持って花屋に伝えておきましょう。古希の方に花束を持ち帰ってもらう時のことを考えて、持ち運びやすさやサイズの調整なども相談してみましょう。

・ブリザードフラワー 【平均予算3,000円~】

プリザーブドフラワー

ブリザードフラワーは枯れないように加工された花です。水やりの必要がないため、プレゼントしてすぐにお部屋に飾っておくことができます。また、加工された花なので長期間鮮やかな色合いが楽しめます。

ブリザードフラワーの予算は3,000円ほどから。予算が低いほど小さい花になってしまいますが、食事会でプレゼントしたり、他のものと一緒にプレゼントしたりする場合にはぴったりです。

10,000円以上予算がある場合は大きなブリザードフラワーをプレゼントできます。すでに花瓶に入っているため、ご自宅に飾る場合も楽チンですよ。

・フラワーアレンジメント【平均予算5,000円~】

フラワーアレンジメントは、花瓶の下にスポンジを入れて、そこに花を生けていきます。スポンジに水を吸わせるだけで花の手入れができるため、花束を渡すよりも管理が楽です

また、さまざまな花の入れ物が用意されており、プレゼントする方に合わせて種類を選ぶことができます。基本的に予算は5,000円程度あれば十分です。もちろん、これ以上の予算があれば、それなりに大きなフラワーアレンジメントが購入できます。

 

3、古希祝いの花はどこで購入するの?

flower-shop

最後に気になるのが古希祝いの花を購入する場所です。古希祝いにプレゼントした花によって、購入場所が異なるため、それぞれの購入場所を確認していきましょう。

基本的に花束を購入するなら花屋がおすすめです。ネットでも花束を購入できますが、写真と実物のイメージが違うことがあるため、想定していた花束を違う場合があります。また、直接渡してくれる花屋と、さまざまな費用がかかっているネットでは、同じ予算でも花束の大きさが異なります。

もし、花屋で花束を作る場合はイメージをしっかり伝えることを心がけてください。古希祝いなら紫を基調に、またプレゼントされる方が好きな花があればそれも伝えておきましょう。イメージをしっかりと伝えれば、バランスの良い花束を作ってくれます。

続いて、フラワーアレンジメントを購入する場合は店舗、ネットどちらでも構いません。完成品の場合は質が統一されているので、全く写真と違うということは少ないです。

また、ブリザードフラワーも生花ではないので、時間のない方はネットで購入することをおすすめします。どちらも古希祝い用の花を提供している場合があるため、紫を基調にした花がすぐに手に入ります

フラワーショップや花屋さんでもプリザーブドフラワーを取り扱っているお店はありますが、種類が豊富で好みに応じたものが選びやすいのがインターネットのショップです。シーンや予算に応じて選ぶこともできますので、お店に行く時間がない方やさまざまな種類と比較したい場合にはおすすめ。

ただ、インターネットでの注文の場合は、注文から配達までに時間を要する場合がありますので、古希祝い当日には間に合うように手配しましょう。

ぜひ、これらの購入場所を参考に古希祝いの花を手に入れましょう。

 

4、古希祝いの花束におすすめの花を7つ紹介

refreshtime

古希祝いにはどういった花を贈るのが人気なのでしょうか。イメージがなかなか付かないという人も多いのでは。

ここでは、古希祝いに花束をプレゼントしたいという方のためにおすすめの花を紹介します。もし、好みの花があれば花屋に行った際に伝えてみてください。同じ花がなくてもイメージに沿った花を使って花束を作ってくれます。さっそく、古希祝いにおすすめの花を7つ見ていきましょう。

・バラ
flower-elegant

花言葉:エレガント、尊敬

古希祝いのキーカラーにぴったりなのがバラ。もちろん、赤いバラではなく紫のバラがおすすめです。花言葉は「エレガント」や「尊敬」など。両親どちらの古希祝いにも適した花です。還暦祝いの際に60本の赤いバラをプレゼントするように、古希祝いでは70本の紫のバラをプレゼントする方が多いです

紫のバラは花束にすると上品で素敵な印象になります。赤いバラに比べてプレゼントされる機会も少ないため、喜ばれやすい花のひとつです。古希祝いに花束をプレゼントする方はぜひ紫のバラも入れてみてください。

・胡蝶蘭
kocyouran

花言葉:幸福が飛んでくる、純粋

お祝いといえば胡蝶蘭というイメージのある方は多いでしょう。特にお店の開店祝いに胡蝶蘭が送られることが多いです。その理由として胡蝶蘭の花言葉である「幸福が飛んでくる」があります。新たに門出を祝い際に胡蝶蘭は適しています。

また、年中作られている花ということもあり、花屋でも用意してあることが多いです。古希祝いでも花束を作る際に豪華な見た目の胡蝶蘭はよく使われています。古希祝いという新たな門出に合わせて胡蝶蘭を入れてみてはいかがでしょうか?

・ダリア
dahlia

花言葉:華麗、優雅、気品

気品溢れる優雅な雰囲気が魅力的なダリア。さまざまな色が存在しているダリアですが、古希祝いにプレゼントするなら紫色のダリアがおすすめです。ウェディングブーケなどでも使われているため、花束の主役になるような存在感が魅力的です。また、ダリアは他の花と組み合わせても華やかさを演出してくれます。

大きな花なので予算が少なくても様になる点は嬉しいところ。紫色のダリアにも濃度が異なるものが多いので、花屋と相談して花束にするダリアを決めても良いでしょう。

・トルコキキョウ
fransflower

花言葉:優美、希望

トルコキキョウには「永遠の愛」という花言葉もあるため、結婚式などで人気が高いです。特に純白のトルコキキョウは人気が高いです。紫のトルコキキョウの場合は花全体が紫のものと、花びらの先が紫のものがあります。

花束にして組み合わせると上品な雰囲気が出せるため花束全体が締まります。花束のメインにもサブにも使える万能は花なので花束を使う際にはぜひ入れてみてください。

・ガーベラ
gerberaflower

花言葉:神秘、常に前進

ガーベラといえばピンクや赤、オレンジをイメージする方が多いですが、実は紫色のガーベラも存在しています。ただ、人工的に色づけしたものなので自然のガーベラではありません。ガーベラの花言葉は「神秘」や「常に前進」などです。

古希祝いにぴったりな紫のガーベラはブリザードフラワーやフラワーアレンジメントに多いので、ガーベラを入れたい方は花束ではなく、こうした特殊な花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

・ユリ
lily-purple

花言葉:純粋、無垢

紫のユリは存在しませんが、白いユリが古希祝いにおすすめです。キーカラーが紫だからといって全て紫色の花で花束を作ってしまうと重い印象を与えてしまいます。そこで、花束に入れたいのが純白の花です。

ユリはオレンジやピンク、黄色などの華やかな雰囲気の花や紫の花との相性がよく、全体的に優雅な気品のあるイメージに仕上げてくれます。ユリはどの花屋でも置いてあることが多いため、注文する際にもユリを入れて欲しいと伝えれば、理想の花束が作りやすいです。

・ブラックリーフ

最後に紹介するのはブラックリーフです。花ではありませんが花束に使いやすい植物。ブラックリーフは真っ黒な葉っぱですが、ツヤがありしなやかに曲がるため、花束を豪華な雰囲気にしてくれます

少しゴージャスな雰囲気の花束にしたい場合は、ブラックリーフを入れるといいでしょう。

古希祝いに感謝を伝えたい♪ おすすめの花束と花言葉を紹介!

 

まとめ
flower-kokiiwai

古希祝いの花についてご紹介しました。祝い事のプレゼントに欠かせない花の存在。お祝いムードを高めて場を華やかにしてくれる花束のプレゼントを古希祝いにも贈りましょう。

古希祝いでも花は喜ばれるので、本記事でどんな花があるのか?そして相場や購入場所を知って、ぜひ購入してみてください。

また、花束を作る方はおすすめの花を参考にしてみてはいかがでしょうか?季節によってない花もありますが、花言葉を含めてさまざまな思いを伝えられます。本記事で興味を持っていただけたら幸いです。