傘寿の由来

還暦や喜寿などという言葉を聞いたことはあっても、傘寿が何歳を祝うものなのか、どうやってお祝いするのかなど、ご存知の方は多くはないのでは?

傘寿とは80歳のお祝い事であり、シンボルカラーは紫色です。

一昔前と比べて長生きできるようになった現在ではありますが、節目節目で長生きしていることをお祝いするのは大切なこと。

この記事では、傘寿の意味や由来、一般的なお祝い方法、傘寿祝いのプレゼントの選び方についてご紹介します。

傘寿の意味や由来について

傘寿

日本には古くから長寿を祝う文化があり、有名なものとしては六十歳を祝う還暦が挙げられます。

実はこのお祝いには還暦以外にもさまざまな種類があり、古稀や喜寿といったものもあります。

八十歳のお祝いのことを傘寿と呼び、これは傘という漢字の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることからこう呼ばれています。

ほかにも、傘が広がる様子が末広がりに例えたという説もあります。

傘寿のお祝いの色は紫色となっているため、紫の色の物を贈ると良いとされています。

また、傘寿のお祝いの仕方というのは、還暦のお祝いと同じような形式でも良いとされているので、孫や子どもたちで集まってお祝いなどをする場合がほとんどです。

傘寿祝いの一般的な方法

傘寿祝いに軽い食事会

この長寿祝いは基本的には形式ばったものではないので、これといった決まりはありません。

そのため、家族やお祝いされる側の人が喜ぶ形で祝うのが最適だと言えます。

近年では寿命も延び、八十歳となっても若々しい人が増えていますが、そういった人でも旅行や長時間の祝宴といった形はつらい、という人もいます。

そのため、軽い食事会などを開くのも良いとされています。

ほかにも、お祝いとして贈り物だけをプレゼントする形でも十分喜ばれます。

贈る物として良いとされるのも人それぞれだとされますが、還暦に赤いちゃんちゃんこを贈るように紫色のちゃんちゃんこなどを贈っても良いとされます。

傘寿祝いには相手の好みに合った実用的なものがおすすめ

傘寿祝いにお酒をプレゼント

ただ、もっと実用的な物を贈りたいという人もいるため、そういった場合には、相手の好きなものを贈るのが最も良いでしょう。

お酒やお茶などは飲みやすく、飲み終わった後の瓶なども残るために思い出になる一品だと言えます

ほかにも、湯飲みや箸、コーヒーカップ、メガネケース、マフラー、帽子などといった普段使えるものも良いでしょう。

また、和菓子なども、当人以外の人なども食べやすくみんなで楽しめる贈り物として人気があります。

どんな贈り物であっても、孫や子どもたちが選んでくれたものであれば多くの人は喜んでくれます。

相手の事をよく考えて贈り物をすることが重要だと言えます。