Pocket

マタニティー結婚式

最近ではお腹に新しい命を宿した状態で結婚式を挙げる女性は少なくありません。

ただ、妊娠した状態でのマタニティ結婚式では、周りが配慮をしたり、自分自身が体調面で気を付けたりと、結婚式で注意しなければならないことがたくさんあります。

この記事では、妊婦さん向けの結婚式プランの特徴や準備期間、マタニティ結婚式で必要不可欠なことについてご紹介します。

マタニティ結婚式について

マタニティ結婚式

マタニティ結婚式はスピード婚、おめでた婚、授かり婚と言われていて現代の若い人達の結婚式の主流の一つともなっています。

ただ、妊娠中だからこそ気をつけなければならないこと、妊娠中だからこそ嬉しいこともあります。

マタニティ結婚式の場合には、一般的には妊婦が安定期に入った5、6ヶ月ぐらいが多いとされています。

しかし、まだお腹が目立たないうちにウェディングドレスを着たいという新婦の希望で3ヶ月未満で式を挙げる場合もあるでしょう。

ただ、まだ安定期に入っていないこの時期だとつわりがひどく、食べ物やブーケなどの花の匂いにも敏感になってしまうので、注意が必要でヘアメイクにも工夫をします。

お腹が大きくなる7ヶ月以降でも似合うドレスがあります。

妊婦さん向けのプラン

ウェディングプランナー近年マタニティ結婚式が増えていることから、今はどの式場でも妊婦さん向けのプランが数多く用意されています。

ウェディングドレスは締付けの少ないゆったりとしたもの、転倒は絶対に禁物なので裾の長いロングドレスでないものを選びます。

妊娠中の新婦さんも多いので、ドレスの種類は数多く白やカラードレスや和装も用意されています。

新婦にとっては一生に一回のことですからドレスにはこだわりたいものです。

体を冷やさないように袖付きやファーを使用して負担を少なくしてそれでいて綺麗な演出を楽しみたいですね。

もちろん、当日の体調によって細かいお直しにも式場は対応できます。

ウェディングプランナーもマタニティ結婚式に慣れているので無理のないプランを一緒になって考えてくれます。

妊婦さんには安全が第一なので挙式の際、式場や披露宴会場で歩く導線を考えます。

高砂席にこだわることもないので新郎新婦席はソファにして工夫することも可能です。

妊婦さんが万が一急に体調の変化があり具合が悪くなった際にもきちんと休憩室が用意されています。

準備期間が短い

結婚式の準備マタニティ結婚式は通常より時間がないのが特徴です。

通常1年前、半年前から準備をする人が多いのですが、3ヶ月前から急いで準備をしなければなりませんし、もっと期間が短い場合もあります。

ただ、そのために挙式を諦めてしまうのはもったいないことです。

出生前、出生後の結婚式はほぼ100パーセント、出生前の結婚式もかなりの割合を占めています。

メールや電話で詳しく打ち合わせれば、細かい部分を決めることも可能です。

出生後だと赤ん坊がいて子育てに新人ママが慣れなくて、バタバタしているのに比べれば出生前の方が余裕があります。

プランナーはきちんと短期間でのプランを立ててくれます。

ドレス選び、招待状発送、料理メニュー選択やメイクリハーサルも短期間で可能です。

妊娠出産には多額のお金がかかりますので、プランナーも無理のないプランを立ててくれます。家族、親友だけを呼ぶアットホームな式も心温まります。

マタニティ結婚式で必要不可欠なこと

マタニティ結婚式

マタニティ結婚式で必要になるのは新郎新婦以外の家族や友人達の協力が不可欠です。

新郎新婦の父母や同胞がブーケやウエルカムボードを作ったり、引出物を選んで用意したりするなど頼れるところは頼ってしまいましょう

また、妊婦さんは体調の変化に敏感です。

2次会までは無理をして行わなくてもいいでしょう。

改めてお祝いの席を友人達と設けてもいいわけですし、新婚の新居にお招きしてもいいわけです。

式の友人挨拶は新婦に対して、そしてお腹の赤ちゃんに対して行われます。

新郎新婦の親御さんもまずは新しい命を喜んでくれます。

新郎新婦、出席者にとって一生の思い出となります。

嬉しいのはそうやって家族友人の協力が手厚いとお互いの絆が深まることです。

お腹に赤ちゃんがいる新しい命を宿した新婦の事を出席者全員が祝福してくれます。

赤ちゃんが成長して大きくなった時には自分も両親の結婚式に参加できたのだと喜びます。