現代日本の結婚式の種類!教会式から人前式まで式のスタイルをご紹介!

結婚式

これから結婚式を挙げようというカップルの中には、どのような結婚式のスタイルで挙げようか迷っている方もいるでしょう。

結婚式のスタイルや予算、場所などを考慮したうえで、自分たちの望む形の結婚式を挙げるのが一番ですが、結婚式にはどのような方法があるのでしょうか?

そこで、この記事では、現代日本の結婚式の種類を特徴やメリット、デメリットを含めてご紹介していきます。

結婚式の種類やスタイルについて

結婚式

大切な人にプロポーズをして結婚をすることになった場合、結婚式を挙げるかどうか考えることになります。

結婚式を挙げるカップルは多いと思いますが、結婚式の種類はさまざまなものがありどんなものを選んだらよいのかわからないという人もいると思います。

例えば、キリスト教式や人前式などの挙式スタイルから、海外ウェディングなどがありますよね。

そのため式を挙げる時には、それぞれの特徴やメリット、デメリットを考慮して選ぶことがオススメです。

また、結婚式のスタイルにもさまざまなものがあり、式場やホテル側、プロディース会社によって分類に分けられます。

挙式形体では宗教式か無宗教式か、会場では屋外か屋内かなど、さまざまな形で分けられているのが現状です。

具体的な分け方としては、大きく分けると宗教式では「教会式」「キリスト教式」「神前式」「仏前式」、無宗教式なら「人前式」が挙げられます。

まずはどういったタイプの結婚式を挙げたいのかを考え、式場を決めていきましょう。

現代日本の結婚式の種類

手を繋ぐ

現代の日本ではどういった形の結婚式が執り行われているのかご紹介します。

これから結婚式を挙げようと考えている方は、それぞれのメリットやデメリット、特徴などをまずは知っておきましょう。

教会式

教会式は、キリスト教の教会で主に信者を対象にして執り行われている式になり、基本的には初婚のみとなります。

教会専属の牧師または司祭が司式を行うタイプの式となっています。

信者でないカップルが教会での挙式を希望する場合には、事前に数回から数ヶ月教会に通って、礼拝に参加し、勉強会などに出席をするという条件をもとに許可されるというケースもあります。

キリスト教の信者が対象ですので、教義に則った式となり、肌の露出のないウェディングドレスを着用するなどの厳格さを求められることが基本となっています。

また、通りすがりの人でも参加できるという特徴があり、信者であれば知り合いではない人が参列するということもあります。

このタイプの大きなメリットは、伝統的かつ厳粛な雰囲気で思い出深い式を挙げられることです。

キリスト教式

結婚式

キリスト教式は、ホテルや式場などに設けられたチャペルで執り行われるタイプになります。

教会式よりも一般的で、日本では多くの結婚式がこの方法で行われています。

牧師は常駐していないことが一般的で、式を執り行う時にホテルや式場が契約している牧師によって司式が行われたり、知り合いの牧師に依頼することで司式を行うこともあります。

キリスト教式のウェディングドレスを着て行うタイプの多くがこの形式で、親族以外の友人なども参列しやすいというのが特徴です。

また、ホテルや式場のタイプによっては、アトリウムウェディングやガーデンウェディングなども行えます。

メリットは、宗教色が弱く誰でも参加しやすいということが挙げられます。

加えて、外国人の牧師と契約している式場もあり、聖歌隊による歌の演出なども楽しめます。

披露宴会場と同じ敷地内に設けられたチャペルであれば、移動もスムーズでゲストに負担をかけることがありません。

キリスト教式結婚式とは?キリスト教の種類による違いやマナーについて

神前式

神前式はホテルや式場で行う神式スタイルの挙式です。

神社でも行うことができ、神社ではその神社の神職が、ホテルや式場であれば提携している神職の人が式を執り行います。

キリスト教式よりも縛りがゆるく、希望する場合には挙式も可能です。

ただし、収容人数は少なく親族だけを参列させるというのが一般的なスタイルです。

この式のメリットは、日本人らしい白無垢や色打掛、引振袖などを着ることができるということです。こうした衣装を着る機会はほとんどないため、日本らしい花嫁衣装を着たい女性にも人気です。

参列するのが親族だけという気軽さもあり、人気が高まっています。

神社で行う神前式ってどんな結婚式?式場の選び方や費用も解説

仏前式

仏前式結婚式

仏前式は、主に両家どちらかの菩提寺、あるいは自宅で執り行う宗教式になります。

新郎新婦の実家の宗派が違う場合は、どちらか一方に合わせれば大丈夫です。

ホテルや挙式でも行っているところはありますが、数が少ないとされています。

新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓う式で、祖先に結婚式の報告をして仏に感謝するという形式の式となっています。

このタイプのメリットは、家と家の結びつきをしっかり感じられるという点にあります。

衣装に関する決まりは特になく、意外と思われるかもしれませんが洋装でも可能です。

仏前式結婚式とは

人前式

人前式は宗教の対象に結婚することを誓ったり報告したりするのではなく、立会人の元で結婚を認めてもらうタイプの式になります。

親しい仲間や友人に囲まれて、みんなにお祝いしてもらいたいと考えている方におすすめの方法です。

宗教に関わらずすべての挙式スタイルを人前式というため、その種類はさまざまなものがあります。

自由度が高いという特徴があり、海外で行ったり、船上で行うなど自分たちにあった式を行えます。

メリットは宗教色がないため、宗教に抵抗がある人でも参加しやすいというとが挙げられます。

こだわり抜いた演出が行えるなど、自由度が高いことから思い出作りには最適です。

結婚式は会場の種類によっても分類可能

結婚式

主な結婚式についてご紹介してきましたが、会場の種類や場所によっても分類することができます。

会場としては、ホテル・レストラン・ゲストハウス・自宅・クルーズ・専門式場が挙げられ、場所によってもメリットが異なります。

例えば、ゲストハウス等を貸しきって行うハウスウェディングであれば、まるで自宅のようにゲストをもてなすことができ、アットホームな雰囲気で式を挙げることができます。

美しい庭やバルコニーなど、フォトジェニックな撮影スポットが多い点も特徴。個性豊かな会場が多いため、こだわりがある人によく選ばれます。

よく親しまれている専門式場であれば、様々な設備が揃っており、バリエーション豊かであることが特徴です。慣れたスタッフや、十分な設備など、経験豊かな実績が安心感につながることも多いです。

ホテルでの結婚式は、アクセス面で便利な場所が多く、また宿泊設備が備わっている点が特徴です。ホテルらしい整った設備も魅力です。

このように、結婚式といっても一口で言っても、さまざまなウェディングスタイルがあります。

新郎新婦がどういった雰囲気で結婚式を挙げたいのか、ゲストをどうもてなしたいのか、によって納得のいく結婚式を挙げましょう。