日本酒

1/4ページ

ラベルもボトルも美しすぎ!見ても飲んでも楽しめる【ワインのような日本酒】8選

Creative Designed By 30000002703 From LovePik.com 最近はワインのようなテイストやアロマを持つ日本酒が脚光を浴びています。 特に、日本酒用語が難しく日本酒に苦手意識を持って避けていたり、今までの日本酒は洋食に合わないと思い込んでいたり、日本酒瓶のデザインがオシャレじゃない(おじさんっぽい)から感覚的にイヤ、なんて思っている人が選んでいます。 「ワイン […]

日本酒【ALA】で血糖値降下!「ミトコンドリア」増強で寿命も延ばすと海外で証明

edited by writer using illustration  of K-factory on Illust AC 皆さんはグレート義太夫さんをご存知でしょうか。 以前、ビートたけしさんの弟子たちが結成した「たけし軍団」のメンバーの一人で、人懐っこい丸い笑顔が印象的なお笑いタレントです。 彼は糖尿病を患い人工透析を受けていますが、最近では緊急入院もしています。 彼が今思うことは「もっと早 […]

酒ソムリエも脱帽!?【超音波デキャンタ】で熟成酒ができる!のウソホント

photo by gavrilitsa on Pixabay 熟成酒とは、ビンテージワインのように、日本酒を最適な温度や条件の下で長期間保存してゆっくりと自然な変化を行わせたお酒です。 ほとんどの日本酒は製造年月から1年以内に飲んでしまうことが推奨されていますが、蔵元で管理され、じっくりと熟成された日本酒はより洗練された豊かな味が完成、しかも健康にもプラス効果が期待できる、ということで人気も盛り上 […]

「お餅入り」?「10回仕込み」?入手困難だけど飲んでみたい【超変わった日本酒】厳選6本

Photo by Joshua Sortino on Unsplash 日本酒はお米を原料にして作られるお酒ですが、中にはホカホカのお餅を混ぜたり、日本酒で日本酒を醸したり、洞窟にしまい込んだり、海に沈めたりする日本酒もあります。 今回は日本酒ファンを「う〜ん、こりゃ一度は飲んでみたい!」と唸らせる、変わった作り方の日本酒をご紹介します。 かわいそう!?凍えるほどにいじめぬいて得た上質の味わい『凍 […]

『よそに売るな』海外有名レストランが独占!【遠心分離機】で搾る日本酒のカラクリ

photo credit: Thomas Hawk Nobu via photopin (license) 縄文時代中期に始まったとされる日本酒造りも機械化が進んでいます。 性能が向上した精米機の登場で高精米が可能になり、35%どころか1%まで精米した究極の日本酒も登場。   仰天!精米歩合1%も!【飲んでみたい純米大吟醸】おすすめ5選   職人の勘と技が必要な洗米にも機械が導 […]

日本酒ゲットするならこの自治体!還元率54%もある『ふるさと納税』最新版

Photo by はむぱん on 写真AC を利用して筆者加工 近所の酒屋さんでは見かけたことがない日本酒が揃っているふるさと納税。 高価な純米大吟醸からワンカップまで揃っているので、どんな味なのかを想像するだけでも楽しくなります。 そこで今回は、 あとで「しまった!」と後悔しない日本酒の選び方 飲み比べもできる日本酒【新潟産】高還元率順 レアな日本酒【全国版】高還元率順 をご紹介します。 『ふる […]

【オーガニック日本酒】は安全で美味しい?買う前に知っておきたい『有機』の諸説紛々

photo credit: ncracker (Boyan Syarov) Aigamo via photopin (license) その昔、ヒポクラテスはこう言いました。「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」。 現在、この言葉は「オーガニック」の根幹を表すものとして使われています。毎日食べるものだから、より安全なものを選びたい人間の心理を突いています。 アメリカではすでに70%の人がオーガニ […]

日本酒【サブスクリプション】が大好評!米『Tippsy Sake』の壮大ストラテジーで日本にも恩恵が!?

photo credit: arty822 三種飲み比べ 〜 久保田・〆張鶴・仙禽 via photopin (license) アメリカのeコマースの世界は進化しています。 今までは1回の商品販売で終わっていたオンラインショッピングですが、現在ではプロが選んだ品物が定期的に送られてくるサブスクリプションボックスを利用する人が増えているのです。 Yummy Bazaarの世界の食べ物、スターバック […]

山田錦が東京ドーム260個分!【クラフト酒】に本気出すアメリカの意欲満々

Photo by Joao Marcelo Marques on Unsplash アメリカ最大の米生産地アーカンソー州で、2018年度の最優秀農家「2018 ARKANSAS FARMER OF THE YEAR」が決定しました。選ばれたのは、3000エーカーの農地で米作りをしているChris Isbell 一家。 農業関連の研究が好きなChrisは、米への水やりの実践を通して、地球温暖化の原因 […]

【日本酒の発酵】が地球を救う?『酒バイオテクノロジー』驚きの実態

【日本酒の発酵】が地球を救う?『酒バイオテクノロジー』驚きの実態 photo by RRice on 写真ACより筆者加工 皆さんは、地球温暖化防止のために何をしていますか? 様々な取り組みがある中でもっとも身近にあるのが「ゴミの分別」です。 可燃ゴミの量は年間6000万tと言われており、この膨大な廃棄物の再利用が急がれています。 では、ゴミ分別以外で家庭でエコ活動を進めるにはどうしたら良いのでし […]

1 4