日本酒をつくる過程の中に酒母造りがあります。
酒母とは酒のもとのことで、いろいろなつくりかたがありますが、一例をあげてみますと次のようになります。
まず、乳酸菌が混ざっている水と米麹を合わせます。乳酸菌のつくり出す乳酸は、他の雑菌を死滅させるため殺菌の役目をしています。次にアルコールを生成する酵母を加えます。そうしますと、乳酸菌は酵母のつくり出すアルコールによって死滅します。酵母がアルコールをつくり出す時には、炭酸ガスも発生させて、酒母の表面がふくらんできます。さらに発酵が進みますと、酒母の表面が泡面という状態になります。
酒造りにたずさわる人々の間には、泡面に自分の姿が映る状態を鏡面と呼んで、これを理想としているそうです。