鮭の旨みを最大限に引き出せる美酒

この純米大吟醸酒には、新潟県産米の五百万石と越後長岡自然清水で醸した純米酒の大吟醸を生原酒のまま瓶に直詰し氷点にてゆっくりと熟成させ、出荷直前に一本一本丁寧に瓶火入れをした原酒を使用しています。

米本来からくる風味とまろやかなコクが素材の旨みを引き出し、さわやかな香りと、とろけるような口当たりのお酒です。鮭のお寿司との相性は抜群で、コクのある脂をまとい、なめらかに喉を通り抜けるような心地よさを感じます。

多くの金賞を生んだ
受け継がれていく精神と努力

お福酒造は、明治30年(1897年)9月、創業者岸五郎氏により「岸五郎商店」として誕生しました。酒蔵は新潟県長岡市の中心部より南東へ約5キロのところに位置し、豊富な山林と清冽な自然清水を湛える長岡東山山系の麓に建てられています。

「醸造は一つの活劇場なり、その千変万化、究極とするところなかるべし」という創業者の岸五郎氏の言葉は今も受け継がれ、いつの時代も酒本来の味を大切にするということ、飲み飽きせず飲んだときの幸福感が味わえるよう、心地よい上品な甘味を残す酒質はそのままに、酒造り第一主義を貫いています。

”金”と”赤”で華やかに海をイメージしたブルーのボトルに美しい魚拓アートのラベル

パッケージで一番目を引くのは、魚拓アートを用いたラベルです。今にも動き出しそうな美しい魚拓は、多くの人を魅了し国内だけでなく海外でも注目されています。

ボトルは、透き通るような海をイメージした瑠璃色を。
装飾には、日本の文化に関わりの深い『赤』や『金箔』を使い、華やかな印象です。
一本一本桐箱に入っているので贈り物にも最適です。