退職の贈り物

長く勤めあげた職場の先輩が退職をする、そんなシーンではこれまでの感謝や敬意を込めて、失礼のないように送り出したいものですね。

また、同じ会社に定年まで勤める風潮も変化しつつあり、勤務形態も多様になって中途退職される方も増えてきました。

退職する形や状況などは人それぞれでも、これまでお世話になった気持ちを伝えるためにみんなで退職祝いのプレゼントを贈ろうと計画している方もいるでしょう。

その際、退職祝いなどに付ける「のし」の書き方は、慣れていないと悩んでしまうものです。

この記事では、退職祝いの「のし」の表書きの書き方や水引の選び方、マナー違反の贈り物についてご紹介します。

退職祝いの「のし」の表書きの書き方について

退職祝い

退職祝いのギフトは熨斗を付けてお渡しするのが一般的です。

まずは退職祝いの「のし」の表書きの書き方についてみていきましょう。

基本的には「御祝」「御礼」

退職祝いののしは筆もしくは黒のサインペン、黒の筆ペンを用いて書き、書き間違えた場合には修正液や二重線などを使わずに新しく書き直します。

「のし」の上段の部分(水引の上部分)に書く「表書き」ですが、一般に「御礼」や「御祝」が使われます。

定年など円満退職の場合には「御祝」か「御礼」、自己都合などによる退職の場合には「御礼」を使うと良いでしょう。

最近では、もっとカジュアルな関係であった場合には、「感謝」や「ありがとう」などと書く場合もあるようです。

退職理由によっては「御礼」や「おはなむけ」

退職祝いののしの書き方

ただ、円満退職ばかりではないので、のしの書き方にも注意が必要です。

事情を知らない中途退職の場合、「御祝」ではなく「感謝」や「御礼」などの労いの言葉を選んだ方が良いでしょう。

また、ステップアップのための転職や独立などによる退職の場合には、激励や応援の気持ちを込めて、のしには「おはなむけ」という言葉を選ぶのもおすすめです。

退職祝いを受け取る方が違和感を感じないよう、退職理由によって表書きの言葉を選びましょう。

のしの下段には贈り手の署名

のしの下段には贈り手の署名が書かれますが、職場全体からなど複数で贈る場合は、「〇〇一同」といった書き方がおすすめです

連名にする場合には、感覚的に右が上位と思いがちですが、左が上位となります。

しかし、職場で同じ役職の方が複数いる場合などは、書く順番に困ると思うので、そんなトラブルを避けるために「一同」を使うのが無難でしょう。

退職祝いでプレゼントを贈る際に気をつけたい注意点!のしの書き方や喜ばれる工夫について

退職祝いの「のし」の水引の選び方

「のし」の「水引」の選び方も注意が必要です。

水引には、「蝶結び」と「結び切り」の二種類があり、「結び切り(本結び)」には、一度しか繰り返さない、2度とほどけないという意味があります。

そのため、定年は一度だけだと思って結び切りを選んでしまう方がいます。

しかし、退職祝いは無事勤め上げ、新たなスタートを切るお祝い事ですから「蝶結び」を選ぶのが正しいでしょう。

ただ、結婚による退職の場合には、結婚祝いを含んだ意味合いとなるため、「一度だけのお祝い」の際に使われる結び切りの水引を選ぶようにしましょう。

結婚は一生に一度きりが望ましいため、蝶結びは結婚のお祝いにはふさわしくなく、結び切りが正しいものとなります。

退職祝いには避けたいマナー違反の贈り物について

選択する女性

退職祝いにはのしの表書きの書き方や水引の選び方だけでなく、贈り物自体にも注意をする必要があります。

退職祝いの品物選びに悩んで現金を贈ろうとする方がいますが、目上の方が退職する場合に現金を贈るのはマナー違反です。

目下の人や退職理由によっては大丈夫な場合もありますが、一般的にはやはり形あるもの、記念になって残るものを贈るのがベターでしょう。

また、もしも退職の際に餞別を貰った場合には、お返しなどは必要ないため、ありがたく受け取っておきましょう。

退職祝いで記念品を贈る時の注意点|避けたいNGな贈り物やのしの正しい書き方について