両親に贈る還暦祝いの予算

両親が還暦になると、子どもや孫から還暦祝いが渡されることになります。

子どもや孫から心のこもったプレゼントを贈ることで思い出に残る還暦祝いになりますし、日頃伝えられない感謝の気持ちも示すことができます。

ただ、還暦祝いといっても、その予算はどれくらいなのか、相場は存在するのかなどイマイチよくわかっていない面が多々あります。

平均予算を知った上で、それにプラスして何かプレゼントをするのか、それともそれに近い値段のものを贈るのかなどを決めていくことになるでしょう。

この記事では、両親に贈る還暦祝いの平均予算やプレゼントを選ぶ際に意識するポイントについてもご紹介します。

母親への還暦祝いの方が平均予算は高い

電卓

還暦祝いの平均予算は父親と母親で傾向が異なり、母親への還暦祝いの方が若干高めになっています。

父親に渡すプレゼントの平均予算はだいたい1万円から5万円程度、母親の場合は3万円から5万円程度となっています。

両親が一緒に還暦を迎える場合などは、やはり3万円から5万円が多く、中には1万円未満、10万円以上といったものになっています。

この値段の違いは両親が還暦祝いとして何を望んでいるか、もしくは子供や孫がどれだけ出し合うかでも大きく変わります。

記念品や食事を還暦祝いのプレゼントとするケースでは、記念品は日頃欲しいといっていたものをプレゼントし、その後、レストランなどでお祝いをし、その費用は子どもで割り勘というものになります。

旅行をプレゼントする際に意識するポイント

金額よりも感謝の気持ち

還暦祝いに記念品を贈ったり食事をプレゼントしたりする以外にも、家族旅行や夫婦水入らずの旅行をプレゼントするケースもあります。

その場合、両親で旅行に行ってもらうために旅行券をプレゼントしたり、宿泊券を用意し、新幹線などの手配もすべて子どもが行って旅行に行ってもらったりします。

旅行に行くとなると、5万円以上の費用がかかることが予想されます。

ただ、この場合大事なのは値段ではなく、還暦を祝い、今まで育ててきたことを感謝する気持ちです。

還暦祝いに関しても、両親が普段から旅行に行きたい、温泉につかりたいという言葉を聞いているから、ならば連れて行ってあげようという気持ちから旅行券のプレゼントなどにつながります。

もちろん、両親からこれが欲しいとおねだりするケースもありますが、できるだけその夢を叶えさせることが大事です。

さらに、孫がいる場合には、その孫からのプレゼントも一緒に渡すとさらに満足感を高めさせます。