社長の還暦祝いで司会

会社の社長が還暦を迎えてパーティーをする運びとなった場合、司会を任せられることがあります。

もしも上手く場を盛り上げることができ、社長にも良い印象を残すことができれば、後々良いことがあるかも…と期待する方もいるでしょう。

しかし、中には「みんなの前で失敗したらどうしよう」など司会を務めることに不安を持っている方もいると思います。

そこで、この記事では、還暦祝いの基本的な流れについて触れながら、社長の還暦祝いのパーティーで司会を務めるメリット・デメリットをご紹介します。

還暦祝いの基本的な流れ

還暦祝いの会の流れ

司会者は会をスムーズに進行する役割があるため、還暦祝いの際には基本的な還暦祝いの司会の流れを確認しておく必要があります。

出席者や会の規模にもよりますが、基本的な流れを確認して後は自分なりにアレンジすることが求められます。

開会の言葉から始まり、

・出席者の中で一番役職の高い方もしくは年長者から祝辞をもらう

・乾杯

・食事や歓談

・余興やお祝いの言葉

・記念品や花束の贈呈

・還暦祝いの主役からの挨拶

と続き、締めの言葉、最後に閉会の言葉で還暦祝いを閉めるのが基本的な流れとなります。

会のタイムスケジュールも確認しながら、良いタイミングで次、次と式の次第を進めましょう。

また、会場に時計があるかわからないため、腕時計を忘れずに持っていきましょう

社長の還暦祝いのパーティーで司会を務めるメリット

パーティー

上司の還暦祝いにスピーチする際には、抜擢されたことに喜びを感じる人もいれば、緊張や不安を抱える人もいるでしょう。

スピーチが上手にいけば、その分周りの評判も良くなりますし、社長からも良く思われるかもしれません。

上司の還暦祝いのパーティーで司会を務めると、社長の印象が良くなる、お酒が沢山飲める、料理が美味しいなどのメリットがあります。

社長の印象につながる

例えば社長の苦労話を上手く周囲の人達に伝えると、涙を誘ったり、同情してもらえたりすることがあります。

次に、会社が急成長を遂げていくエピソードを披露すると、参加者たちが社長の経営手腕が優れていると評価する結果につながります。

そのため、自然と社長からの印象が良くなるので、場合によっては出世できる可能性があります。

良質なお酒が沢山飲める

還暦のパーティーでもあることから、良質な日本酒が出ると思われます。

お酒が好きだった時は、大いに楽しむことができますが、一気飲みはリスクが高いので止めておいた方が良いでしょう。

料理を楽しめる

社長が店を選んだ時は、社長が良く足を運んでいる店の場合がほとんどです。

したがって、出される料理はどれも高級な物ばかりなため、舌鼓を打てる可能性が高いです。

高級でもあることから滅多に味わえない料理が多いので、味わって食べれますし、余った料理を持ち帰りたい場合は、店の従業員に話せばやってくれる場合があります。

しかし、春から夏にかけての時期は傷みやすいので、断られることがあるので覚えておきましょう。

社長の還暦祝いのパーティーで司会を務めるデメリット

食べ過ぎ・飲み過ぎに注意

社長の還暦祝いの司会をすることでメリットがある一方で、気になるデメリットもあります。

デメリットは失敗すると恥ずかしい、お腹を壊すことがある、飲み過ぎると帰りにくいなどが挙げられます。

失敗すると恥ずかしい

司会をしていると言い間違えたり、余計なことを言ってしまったりすることがあります。

大半のミスは笑って済ませてくれるので問題ないです。

一生懸命やっている最中での出来事なので、気にする必要はありません。

お腹を壊すことがある

出される料理が美味しいと、つい食べ過ぎてしまうのはよくある話です。

食べ過ぎるとお腹を壊すので、腹八分目にしておいたほうがいいです。

飲み過ぎると帰りにくい

飲み過ぎてしまうと家に帰りにくくなるため、注意が必要です。

緑茶か烏龍茶を飲みながら飲酒をすれば、体内のアルコールの分解に役立ちます。

失敗は笑って済まされるかもしれませんが、食べ過ぎ・飲み過ぎは自分の責任になってしまうため、量には十分気を付けましょう。

社長の還暦祝いの席で挨拶をするメリットとデメリット