宴会の余興で裸踊り

いつもお世話になっている会社の社長が還暦を迎えて宴会を行う場合、余興で催し物や一発芸などをすると場が盛り上がります。

流行りの歌や踊りをしたり、物まねをしたり、芸人の持ちネタをコピーしたりと一発芸にはさまざまな種類がありますよね。

中には、自分の体を使って場を盛り上げようと裸踊りを選択する方もいるでしょう。

しかし、裸踊りには場が盛り上がるというメリットもあれば、気になるデメリットもあります。

この記事では、社長の還暦祝いの宴会の余興で裸踊りをするメリット・デメリットについてご紹介します。

社長の還暦祝いに裸踊りをするメリット

還暦祝い,飲み会

社長の還暦祝いの席では、話すだけでも楽しめるかもしれませんが、場が盛り上がることをすると楽しい雰囲気で還暦を祝福することができます。

「社長に楽しんでもらうために体を張る」という意気込みがある方は、裸踊りに挑戦してみるのも一つの手です。

社長の還暦祝いの宴会の余興で裸踊りをすると、爆笑の渦が発生、社長の印象に残る、宴会部長に任命されるなどのメリットがあります。

爆笑の渦が発生する

裸踊りを始めて、その仕草が周囲の人々の共感を得られた際は、爆笑の渦が発生すると想定されます。

お腹にサインペンか何かで顔を描いて、掛け声を出しながら踊ると効果的です。

サインペンについては、宴会をしている店の従業員に言えば貸してくれると思われます。

踊る時は、顔を風呂敷で包み、両手に座布団を掴んで踊ると周囲の人の笑いを誘いやすいです。

社長の印象に残る

沢山の人々が集まった所で個性的な動きをするには、ある種の才能が必要なため社長の印象に残るはずです。

大勢の前で裸踊りはすることは勇気がいることですが、社長に「面白いやつだ」と覚えてもらうチャンスでもあるのです。

宴会部長に任命される

おそらくですが、還暦祝いを行った次の日辺りに社長室に呼び出され、宴会部長に任命されるかもしれません。

宴会部長は社員達を宴会の席で笑わせて、今後のための活力をつけさせる役職ですが、上手くいけば会社の業績アップにつながります。

そのため、宴会部長になるのは大変名誉なことと言えます。

笑わせるのがメインなため、給料は上がらないですが、社長から何らかの感謝状が出ることがあるので、裸踊りをやってみる甲斐はあります。

社長の還暦祝いに裸踊りをするデメリット

お酒を飲むとひどく酔っ払う

社長の還暦祝いに裸踊りをすると場が盛り上がるなどのメリットがある一方で、知っておきたいデメリットもあります。

社長の還暦祝いに裸踊りをするデメリットとしては、笑いがとれないと恥ずかしい、社長がつまらないと言う、お酒を飲んだ後は酔いやすいなどです。

順番に見ていきましょう。

笑いが取れないと恥ずかしい

せっかく体を張ってみんなの前で裸踊りをしても、笑いが取れないとただただ恥ずかしい思いをしてしまう、というデメリットがまずは挙げられます。

動きが周囲の笑いを誘えない時は、裸で動いてるだけと判断されてしまいます。

笑わせるコツは、身体を大きく動かして、大きな声を上げながら踊ることです。

お風呂上りに洗面所の鏡の前で練習すれば、本番の際の役に立ちます。

社長がつまらないと言う

社長の還暦祝いの席では、主役となる社長が喜んでくれること、楽しいことをするのがベストですよね。

ただ、裸踊りが社長の好みに合わない場合や退屈だと感じてしまった場合には、「つまらない」と言われる恐れも。

社長がつまらないと言った時は、社長のコップにお酒を注いであげれば、機嫌を直してくれるはずです。

それに社長の発言は、構ってくれない人がいないのも要因なので、誰かがそばにいくとすぐに饒舌になるでしょう。

お酒を飲んだ後は酔いやすい

お酒を飲んだ後に裸踊りをすると、酔いが身体中に回りやすいので、すぐに動けなくなってしまいます。

したがって、裸踊りをする時は、お酒を飲まない状態で行いましょう。

メリット・デメリットを理解して裸踊りをするか検討しよう

スーツ姿の男性

社長の還暦祝いの席で裸踊りをすることは、勇気がいることではありますが社長に覚えられるなどメリットがあります。

ただ、メリットがある一方でデメリットも少なからずありますから、実際に行うかどうかはメリット・デメリットを理解したうえで検討しましょう。