還暦や古希、喜寿の節目の記念日にグッドデザイン賞受賞の生まれた日の新聞付き名入れ酒を販売。食事会のサプライズの演出方法などをコラムにしてプレゼントのタイミングの良い渡し方などを紹介。

幻の酒運営サイト一覧

長寿を祝う節目の年齢

長寿を祝う節目は還暦に始まり、古希・喜寿と伝統があります。年齢を数える際に満年齢と数え年があり、風習によりお祝いするタイミングが地域によって異なります。

大きくは昭和24年の年齢改正を境に、「数え年」と「満年齢」で祝うタイミングが変わりますので注意が必要です

還暦・・・60歳

還暦は、十干と十二支の組み合わせがもう一度同じになるのは60年後の60歳の誕生日になるところからきたものです。昭和30年位までは、数え年の61歳を還暦としていました。それ以降は数え年ではなく、「満60歳」の誕生日を迎えた時に還暦のお祝い祖をするようになりました。赤い色には「魔除け」としての意味があり、60歳の誕生日には赤い色のちゃんちゃんこなどをプレゼントしてきました。現在は、赤いちゃんちゃんこ以外にも、赤い色をしたシャツやスカーフなどを花束と一緒にプレゼントするとも増えています。

古希・・・70歳

古希とは、70歳を言います。今でこそ70歳は、まだまだ元気な方がたくさんいらっしゃいます。ですが、中国の詩人であった杜甫の生きていた時代では、短命な時代でした。杜甫の詩句より、70歳まで生きる人は珍しく、希少であるとされていたのが由来で古希を迎えるとお祝いとしてプレゼントが贈られたりするようになりました。また紫色が長寿のお祝いの色とされていてプレゼントの時に紫色をベースにしたものを送られることが多いです。

喜寿とは・・・77歳

喜寿とは、77歳のことで、家族からプレゼントを贈ることが多いです。子供や孫などからお祝いのメッセージを心から書いて渡したり、花束などを贈るなど色々なプレゼントがありますが、孫が似顔絵を描いた絵やグッズなどを贈ると絶対に喜ばれるのでおすすめです。喜寿を祝うテーマカラーは、紫色なので色にこだわりたい人は、花束を紫中心にしたり、紫のちゃんちゃんこやTシャツ、フラワーボックス、湯飲みなどをプレゼントすると喜ばれやすいです。

傘寿(さんじゅ)とは・・・80歳

傘寿とは日本に昔からある長寿のお祝いの一つで、80歳になる年を祝うものです。この場合の年齢は元々は数え年によるものでしたが、近年では満80歳になる年に行われることも多くなりました。なぜ80歳のお祝いに傘という漢字が用いられるのかの理由としては、その漢字を略して書いた時に八と十という二つの漢字が縦に並んで見えるからだとされています。この傘寿にはそのお祝いの色と昔からされている紫色のプレゼントを贈ると良いと言われていますが、場合によっては黄色もしくは金色のプレゼントが良いとも言われます。

米寿とは・・・88歳

日本では、長寿をお祝いする行事があります。88歳のときに行うお祝いを「米寿」と言います。これは、米という漢字を分解すると八十八と書くことから来ていると言われています。また、末広がりの八が並ぶことでも大変縁起良いことだと言われています。
米寿では、金色または金茶色、黄色のちゃんちゃんこや座布団、扇子、頭巾などを用意してお祝いします。また、お祝いのプレゼントは、ちゃんちゃんこや扇子を贈る方が多いようです。

卒寿とは・・・90歳

卒寿は、卒の略字が卆と書き表され、卆が九と十から構成されている事から90歳になった事を祝う事を卒寿と呼ぶ様になっています。卒寿のお祝いの色は、古希や喜寿と同様に紫色や深紫色とされ、自宅やレストラン、及びお祝いの旅行先のお祝いの席では還暦のお祝いと同様にお祝い色のちゃんちゃんこや大黒頭巾及び祝扇を着用して家族や親族と食事したり、誕生から90歳を迎えるまでの誕生日の新聞を編集した本や似顔絵、花束などのプレゼントが贈られています。

白寿とは・・・99歳

日本では古くから長寿を尊ぶ風習があり、節目ごとにお祝いを行います。とくに白寿は99歳を向かえるという、極めておめでたいものです。その語源は百という漢字から一を引いた文字に由来し、正確には数え年で換算します。この際のプレゼントとしては還暦における赤のように、白を基調としますが注意が必要です。真っ白なハンカチや花は不吉とされ、これらは避けなければなりません。白寿という特別な記念であっても、やはり相手の好むものや健康アイテムが最適です。

百寿とは・・・100歳

百寿とは、文字通りで100歳を迎えることを祝う行事です。本来は99歳の白寿を祝うことが伝統的ですが、現在では100歳まで長生きする人が多くなったために、百寿についても盛大に祝うことが多くなりました。白寿のように数え年ではなく、満年齢で祝うことがあるのも、現代的な習慣に順応させているためです。百寿が「ももじゅ」とも呼べることにちなんで、桃色のちゃんちゃんこをプレゼントとして贈ることも定着しています。

茶寿とは・・・108歳

長寿をお祝いする「賀寿祝い」の100歳を超えたお祝いのひとつが茶寿です。茶寿を祝う年齢は「10+10+88」の108歳で、これは「茶」の字を分解すると草冠が旧字で、「十十」がと十の字が2つ、その下が「八十八」になることが由来しているのです。古来から緑茶は習慣として呑まれており、体に良いカテキンやポリフェノールがたっぷり。茶寿のお祝いには、これを呑んでもっと長生きしてくださいという願いを込めて、お茶が贈られることが多いのです。

川寿とは・・・111歳

川寿とは、数えで111歳のことを言い、それを祝して皇寿命や王寿とも呼ばれており、一般的には皇寿を用いられています。
川寿は、川の字が数字の1を111と3つ並べたように見えることから、111歳を意味する言葉となったのが由来です。
還暦などの長寿の祝いには、赤などの基調となる色が決まっていますが、100歳を超えた祝い事には特別に決められた色がなく、川寿に関しても基調となる色がないのが特徴です。
また、祝い事にも何をするという決まりもないので、家族や親族と穏やかに食事会などを行なうことが多くみられます。

珍寿とは・・・112歳

珍寿とは、数え年で112歳以上の年祝いの呼び名です。名前の「珍」の由来は、112歳までのご長寿はとても珍しいという事だと言われています。お祝いの色は特に決められておらず、112歳以上は毎年この珍寿をお祝いします。
なお、95歳を意味する年祝いも、珍寿と言われています。その由来は、左の「王」の字を、1と10と1に分解し、右側を83とし、それらの数字をすべて足すと、「1+10+1+83=95」となるからです。こちらもお祝いの色は特に決められていません。

天寿とは・・・118歳

天寿(てんじゅ)とは、数え年で118歳の年祝いのことで、「天」の文字が「一」、「一」、「八」に分けられることに由来しています。
長寿のお祝いの品物は、長生きを喜び、さらに元気でいてほしいという願いを込めたものが選ばれます。趣味の物や健康グッズなども喜ばれている贈り物です。お菓子などの食べ物は好みや健康状態を考えて贈りましょう。
お祝いの品物または金封には、紅白または金銀の花結び(蝶結び)の水引を用います。

大還暦とは・・・120歳

人が60歳を迎えると還暦というのはよく知られていますが、それを2回を迎える大還暦というものも存在します。つまり120歳のお祝いであり、ギネスブックに登録された公式な記録に限れば、フランス人のジャンヌ・カルマンという女性が、122歳と164日という大長寿で大還暦を迎えられています。120歳という年齢はなかなか迎えられるものではありませんが、近年の医療技術の進展や健康志向などから、今後は増えていくことが期待されます。

2016年グッドデザイン賞受賞-詳細ページへ|還暦祝い館
よくある質問集|還暦祝い館
記念日新聞休刊日一覧
記念日新聞紙面状態チェック
お祝い年齢早見表|還暦祝い館
のし・包装について|還暦祝い館
お客様の声|還暦祝い館
還暦祝いのよもやま話|還暦祝い館
六十年前の世相|還暦祝い館
新潟から全国へお届け|還暦祝い館
旅行先へ直接お届け|還暦祝い館
唎酒師のいるお店ロゴ|株式会社幻の酒
ライフスタイルマガジンに掲載|株式会社幻の酒
ライフスタイルマガジン「GOETHE(ゲーテ)」にて当店の限定酒が掲載されました!
ゼクシーに掲載|披露宴のサプライズ
結婚情報雑誌「ゼクシィ」「ゼクシィネット」にて「記念日の新聞付き名入れ酒」が掲載されました!
雑誌に掲載|記念日祝い

営業日カレンダー

【営業時間のご案内】
平日 9:00~18:00
日・祝日は出荷を含む業務すべてのお休みをいただいております。

インターネットでのご注文は年中無休で受付しております。

【定休日中のご指定日について】
定休日中のご注文に関しては、翌営業日から発送の準備をさせていただきますので、指定日発送ご希望の場合はご注意いただくよう願います。

【定休日中の配送について】
土曜日15時以降のご注文につきましては、新聞お取り寄せの都合上、【最短発送日が翌週の火曜】となります。

何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
PAGETOP
Copyright © 株式会社幻の酒 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.