還暦に贈るプレゼント

プレゼントを贈る時に、何を贈っていいのか非常に迷うことがありますが、ハンカチであれば、男女問わずにお使い頂けて、非常に便利です

そのため、還暦祝いのプレゼントとしてもおすすめ。

しかし、ハンカチと一口で言ってもさまざまなデザインや色があって、どのようなものを選べば良いのか迷うという方もいるでしょう。

この記事では、還暦祝いのプレゼントを選ぶ際におすすめのハンカチ柄や、柄の選び方についてご紹介。

また、還暦祝いのプレゼントとして避けた方が良いハンカチの色についてもご紹介します。

迷った時におすすめ!還暦祝いのハンカチ柄の選び方

プレゼント

実際に贈るとなると、いろいろなものが販売されていてどんな柄を贈ればいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、還暦祝いに喜ばれるハンカチ柄の選び方についてご紹介します。

シンプルなものを選ぶ

もしも、好みが分からない場合は基本的にはシンプルな物が良いでしょう。

男女問わずできるだけ落ち着いた色合いの物にして、ワンポイント程度の柄が入ってる物が万人受けされますし、様々な場面でも気兼ねなくお使い頂くことが出来ます。

貰った側も、せっかく頂いたプレゼントを使うのに、あまりにも派手すぎたり、個性が強かったりする物だと使いにくいと感じてしまう場合があります。

そのため、できるだけシンプルで使いやすい柄の物を選ぶことをおすすめします。

相手の好みに応じた使いやすい柄を選ぶ

還暦にハンカチを贈る

相手が男性であれば、紺色などの色合いのもの、女性の場合は白や薄いピンク、トーンで言えばペールトーンのような淡いトーンが使いやすいです。

そして、もしも相手の好みを知っているのであれば、相手の好みに応じた柄を選ぶようにすると良いでしょう。

しかし、花柄が好きだからといって、全ての花柄が好きとは限りません。

派手な花柄もあれば、控えめな物や大きな花柄や小花柄などその種類も沢山あります。

可能であれば、贈る相手がいつもどんな物を利用しているのかを事前に調べておくと、相手が喜んで貰える柄を選びやすくなります。

相手の好みや使いやすい色味などを意識して、相手に喜ばれるものを選ぶようにしましょう。

イニシャルや名前を刺繍したものを選ぶ

贈る相手のイニシャルや名前などを刺繍し、還暦祝いのプレゼントとして贈るのもおすすめです。

自分の名前が入っているということであれば特別感が演出できますし、使っていくうちに愛着も沸きます。

オリジナリティのあるプレゼントにしたい場合には、刺繍入りのハンカチも検討してみてはいかがでしょうか?

還暦祝いに避けた方が良いハンカチの色について

還暦祝いに避けたいハンカチの色

「シンプルなものなら白色のものでも良いかな」と白色のハンカチを選ぶのは避けた方が良いでしょう。

白色のハンカチはご遺体の顔にかけることから死を連想させるため、おめでたい還暦祝いのプレゼントとしてふさわしくありません。

白色がベースのものを選びたい場合には、白い平織りのハンカチは避け、赤や青など模様が入っているものやレースのデザインがあるもの、柄が入っているものなどを選んだ方が無難でしょう。

還暦祝いは第二の人生の始まりであり、これからの生活や長寿を願う気持ちが伝わるものが喜ばれます。

そのため、「死」「苦」「老」などのマイナスイメージを連想させるようなものは避け、明るい気持ちになれるようなハンカチを選びましょう

贈る際にはラッピングしてメッセージも忘れずに

ギフト

購入した場所によっては贈答用として綺麗にラッピングしてくれることもあるので、一度お店側に確認してみると良いでしょう。

お店の方が丁寧に、そして綺麗にラッピングしてくれるため、包装が苦手な方でも安心です。

また、プレゼントと一緒に一言添えたメッセージや日頃の感謝の気持ち、そしていつまでも元気でいて貰いたいといった願いを込めたメッセージカードや手紙を添えると更に喜ばれます。

還暦祝いに添えたい一言メッセージ!相手との関係別の書き方と注意点や寄せ書きの書き方

最高のプレゼントを贈るのに必要なのは、相手への思いやりです。

相手が喜んで貰えそうな物を選んで渡すことによって、プレゼントそのものよりも、その気持ちが相手に喜んで貰えます。

日頃は恥ずかしくて言えない気持ちをハンカチなどの還暦のプレゼントとともに贈り、思い出に残る還暦祝いにしてみてはいかがでしょうか?