還暦祝いに添えたい一言メッセージ!相手との関係別の書き方と注意点や寄せ書きの書き方

還暦祝いのプレゼントの準備ができたら、一緒に一言メッセージを贈りませんか?

短い言葉でも「自分のことを思って書いてくれた」と還暦の方に喜んでもらえますし、関係性をより良いものにしてくれるはずです。

この記事では、関係別の還暦祝いに欠かせない一言メッセージの書き方と注意点や、寄せ書きの書き方についてご紹介します。

 

還暦祝いを一言メッセージでより特別なものに

還暦祝いとなるようなプレゼントは、還暦を迎える方の好みや欲しいものなどによるため、たくさん存在します。

60年前のワインや今までのアルバム、似顔絵などのものや旅行券や図書カードなどの金券類、レストランでの食事。

そして、還暦祝いでは定番の赤いちゃんちゃんこなどさまざまなものがあります。

しかし、それらを単にプレゼントするということではなく、それにプラスして一言メッセージを添えることで還暦祝いをさらに劇的なものへとさせてくれます。

一言メッセージで書く内容としては、その人から見た、還暦祝いを贈る相手との間柄でその中身が大きく変わることになります。

 

相手との関係別の一言メッセージの書き方と注意点

まずは、相手との関係別の一言メッセージの書き方と注意点についてご紹介します。

両親に一言メッセージを贈る場合

ご両親に一言メッセージを送る場合、自分の素直な気持ちを親しみのある文章で書くのがおすすめです。

例文としては、

・良好な夫婦仲を願う気持ちを込めるのであれば、「これからも夫婦仲良く」「夫婦で充実した生活を過ごしてください」など。

・健康を願う気持ちを込めるのであれば、「いつまでも元気でいてください」「これからも健康に気を付けてください」など。

・人生の節目を迎えて今後のより良い時間を願うのであれば、「今後は趣味などでより充実した生活を過ごしてね」「のびのびと自分の時間を楽しんでください」など。

「これからもかっこいいお父さんでいてね」「笑顔が素敵なお母さんでいてね」といった、今後の活力になるメッセージも素敵ですね。

また、定年退職されるご両親であれば、「長い間家族を支えてくれてありがとう」「定年退職おめでとう」といったメッセージを書いても良いでしょう。

ただ、日頃の感謝が伝わるような書き方がいいですが、普段言わないようなことを書いてしまうと、ちょっとウソっぽく見えてしまうこともあります。

普段言わないことを書く場合には、突っ込まれた際にスラスラと返せるような形にしておくことが賢明です。

両親への還暦祝いにおすすめ!喜ばれる定番・人気のプレゼント3選

祖父母に一言メッセージを贈る場合

おじいちゃんやおばあちゃんの還暦祝いでは、子どもからの一言メッセージはもちろん、孫からのメッセージに喜ぶものです。

堅苦しい言葉を控えて、できるだけありのままの気持ちを一言メッセージに書きましょう。

両親への一言メッセージと同様、「今後も元気に私たちを見守っていてください」「いつまでも若くてパワフルなおじいちゃん(おばあちゃん)でいてね」など、健康を願う気持ちや今後の活力につながるようなメッセージを贈ると喜んでもらえます。

上司や恩師など家族以外に一言メッセージを贈る場合

上司や恩師に一言メッセージを贈る場合は、常識的な文章表現を心がけつつ親しみのある書き方をするのがおすすめです。

上司であれば「一緒に仕事ができてうれしい」、恩師であれば「先生のように素敵に年齢を重ねられるように頑張ります」など。

文例などを見ると堅苦しいものが多くありますが、普段上司と接する際に使うような言葉遣いの方が本当にお祝いしているというのが伝わります。

普段の接し方がにじみ出るような文章が望ましいでしょう。

堅苦しいものの方が確かにマナーとしてはいいかもしれませんが、「本当にそんなこと思ってるのか?」と思われてしまう可能性があります。

そのため、文例通りの堅苦しさでメッセージを書かずに、いつも話しているような言葉遣いを選んで書くようにしましょう。

お世話になった上司や先輩に贈る「還暦祝い」の選び方と注意点を紹介

 

一言メッセージを添えて贈りたいおすすめ還暦祝いプレゼント

一言メッセージの書き方をご紹介しましたが、おすすめの還暦祝いプレゼントをご紹介。

どんなものでも一言メッセージを添えて贈るのが望ましいですが、添えるとより気持ちが伝わるプレゼントを厳選してご紹介します。

還暦祝いプレゼントに気持ちのこもった一言メッセージを添えれば、気持ちがより伝わり喜んでもらえるでしょう。

花束

花にはそれぞれ花言葉というものが存在し、どの花にどのような花言葉があるのかご存じない方もいるかもしれません。

そこで、一言メッセージを書いて「この○○の花には○○という花言葉があり、あなたにぴったりだと思って贈りました」などの一文を添えるとより効果的に気持ちが伝わります。

縁起の良い花言葉の花の例を挙げると、「幸福が飛んでくる」の花言葉を持つ胡蝶蘭、「勇敢」「栄光」の花言葉を持つグロリオサなどがあります。

赤いバラの花は長い期間咲くため長寿の花として知られており、「愛情」の花言葉を持つことから大切な方への還暦祝いにピッタリです。

花のプレゼントには注意!還暦祝いに贈って良いおすすめの花と贈ってはいけない花

生まれた年のワイン

生まれ年のワインは、生まれてから還暦を迎えるまでの60年間の人生を振り返るのにぴったりなプレゼントになります。

そのままプレゼントしても、ヴィンテージ物のワインというのは特別感があります

その特別なワインに一言メッセージで「還暦をお祝いして生まれ年のワインを贈ります。のんびり大好きなお酒を楽しんでください」といったメッセージを添えましょう。

これまで忙しくてなかなかお酒をのんびり楽しむ時間がなかったという方には、喜ばしい贈り物になるはずです。

還暦祝いには赤いワイン!生まれ年のワインの探し方や一緒にプレゼントすると喜ばれるもの

 

還暦祝いに贈る寄せ書きの書き方

寄せ書きの場合は、自分一人ではなく、関係する多くの方が寄せ書きに自分の気持ちを書いていくことになります。

寄せ書きなどで一言メッセージを書く場合には、ウケ狙いをしないことが最優先です。

後で見返した時に、「このときの自分はなぜそんなことを書いたのだろうか」と思ってしまうようなことは書かない方が得策です。

もちろん、ありきたりなことは書きたくないという人もいるでしょうが、ここは素直に思っている事を書くことが大切

その時に思ったことであれば数年後に見返した時でもなぜそのように書いたのかよく覚えているものです。

いずれにしても、その一言メッセージに魂を込めるくらいの感覚が必要です。

心に残る還暦祝いをするなら?サプライズを企画する方法と最適なイベント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)