還暦に何故お祝いするのか

還暦とは、60歳になった時に赤いちゃんちゃんこを着てお祝いする行事だということは知っている人が多いでしょう。自分の祖父母や父母が写真館でそのような写真を撮ったという方も少なくないでしょう。ではこの還暦の意味ですが、実は赤ちゃんに還ることを意味します

では、なぜ60歳で赤ちゃんに還るのかということですが、干支が1回りするのには60年かかり、1回転するとまた最初から始まるからです。しかし、干支というのは、子から始まって、亥でおわるので12年で1回転するのではないかと思う方が大半でしょう

ところが、干支というのは十千の千と十二支の支の組合せです。つまり、十千というのは10種類あり、その10種類と、十二支の12種類の組合せ方干支というのはできています。自分の干支に、なにか文字がついていることに気が付いたことがある人もいると思います。甲、乙、丙、丁という数え方がありますが、まさにこれを十千といいます。甲乙つけがたいという使い方は多くの方が知っているでしょう。そして、この干支が60種類あるということになり、60歳が還暦ということになります。

つまり、ようやく干支が1回転するという記念で、満60年齢でお祝いをするわけです。また、最近では事情が違ってきましたが、少し前までは60歳の還暦と共に定年を迎えました。ですから、60歳というのは職業人生の上でも、大きな区切りになります。その会社によって、実際に退職できる時期は違ってくるようですが、60歳が目安になります。長く働いてきたことに対する労いの気持ちも込めてお祝いをすることが多いです。

ただし、最近は60歳定年と一律に決まっているわけではありません。もう少し、定年を遅くしている企業もあります。しかし、干支が1回転するというのは、大方の人の場合、人生で1回しか経験できません。つまり、60歳というのは大きな区切りなので、わりとしっかりとお祝いをする家庭が多いです。

シニア夫婦

お父さんの還暦食事会をする場合、自宅と外食どちらが良いか

還暦祝いは大事な人生のイベントです。ある意味で人生の新しい門出だからです。今では社会全体の年齢が若くなり、60歳といっても、まだまだ立派な現役世代です。昔でいうところの50代と同じくらいの年代です。そのため、還暦祝いだからといって、妙に高齢者を意識したプレゼントをしたり、おもてなしをするのはNGです。

父親の還暦祝いをする場合の対応ですが、食事会を開催し、家族や親戚一同でお祝いをするのがオススメです。食事会という形をとれば、老若男女問わず自然と参加しやすいです。堅苦しい雰囲気もなく、またシャイなタイプの父親でも、親戚一同が集まって楽しく食事をするパーティ方式であれば、恥ずかしがらずに承諾してくれるでしょう。

食事会

還暦食事会を開催する場所についてですが、自宅とレストランの2点からチョイスしましょう。基本的にどちらでもOKです。プレゼントなお祝いですので、これが正しいマナーというものはありませんし、家族や本人の都合を最優先にすべきです。まずは父親本人の意見を聞きましょう。お祝いをされるのは大歓迎だが、あまりレストランといった周囲の目がある場所で賑やかに祝福されるのは逆に恥ずかしい、と感じる男性もいます。

父親の大事なお祝いなので、豪華絢爛にレストランでお祝いパーティを開催すれば本人に感謝されるだろう、こう考えてサプライズ的に会場をセッティングする娘さんもいらっしゃいます。もちろん、良い案ではありますが、本人の意見を聞かずに派手なパーティを開催すると、肝心の父親が不機嫌な顔をしてしまいます。

厳格な性格で派手な事があまり得意ではないタイプの男性の場合は、自宅を会場にした方が無難です。自宅であれば、無礼講で飲食が楽しめます。それこそ豪華なレストランでは姿勢をくずせなかったり、お酒が飲めなかったり、子どもたちと自由に会話が出来ない等、逆に面倒な制約もあります。親戚一同が大勢訪れる場合も、キャパシティの問題がありますので、広々とした自宅のリビングなどを還暦祝いのパーティ会場にした方が賢明です。

お父さんの還暦と定年退職が同じ日の場合の祝い方

60歳と言えば、還暦と定年退職という人生の2つの大きな節目があるイメージです。お父さんの還暦と定年退職が同じ日だということもあると思いますが、この場合どんな風にお祝いしたらよいのでしょうか?
そもそも、還暦と定年退職は同じお祝いでも意味合いが異なります

還暦とは、長寿のお祝いの一つであり、それまでさまざまな経験を乗り越えて人生を歩んできたことに敬意を示し、これからの健康や長寿を願うものです。

これに対して定年退職祝いとは、長い間会社や社会へ尽くしてきたことへねぎらいと感謝を示し、これからの人生も充実したものになるよう願うものです。

この2つのお祝いを同じ日に行ったとしても、特に悪いということはありません。
なぜなら、どちらのお祝いも主役はお父さんだからです。

温泉旅館の料理

還暦と定年退職のお祝いを一緒に行っていいかということよりも、むしろ重要なのはいつ行うかです。

せっかくのお祝いですから、家族や親せきが揃う日にするとよいでしょう。少し日付けがずれたとしても、お父さんのお祝いのために皆が揃うほうがお父さんもきっと喜ばれるに違いありません。お祝いにつきものなのがプレゼントです。

還暦のお祝いと聞いて赤いものを思いつく人も多いと思います。長寿のお祝いにはそれぞれ色があり、還暦の場合赤や朱色だからです。それにちなんで赤いものを贈るのも定番です。

そのほかにも例えば記念にお父さんの嗜好品に名入れにして贈る人も多いようです。定年退職のお祝いは、今までの感謝の気持ちを込めたメッセージ入りのものもおすすめです。

退職したことにちなんで旅行をプレゼントするケースも増えています。
どちらのプレゼントにも共通していることは、記念に残るものが選ばれることが多いという点です。
そして重要なのは、決して1つにまとめたりせず、2つのお祝いに対してそれぞれのプレゼントを用意することです。

一生に一度の還暦祝いと定年退職祝い。愛する家族や親せきに囲まれて盛大に祝ってもらうとお父さんの心に残る一生の宝物になることでしょう。

お父さんの還暦祝いを外で食事会の場合は

60歳の還暦祝いをする場所選びは重要です。一生に一度のことですので、せっかくならお父さんの特別な思い出に残るようにしたいですよね。

食事をする場所ですが、家族や親戚が大勢集まって還暦祝いをする場合は自宅で飾り付けをして、準備が完了したところでお父さんを呼ぶというのもいいですよね。いつも暮らしている自宅なら誰に気を遣うこともなく普段通りのスタイルでみんなで盛り上がることができると思います。

せっかくなので、普段お父さんが行かないような場所で還暦祝いをしたい場合は人気のあるオシャレなレストランもおすすめです。予約をとって開催することでその日が特別な日だと感じることができますし、お父さんにとっては普段いかない場所なのでいい記念となることでしょう。
お店の人に事前に頼んでサプライズのケーキや料理の演出などをしてもらうと盛り上がりますよ。
気をつけたいのが人気店だと予約なしでは入れませんし、一か月くらい前から予約をしておかないと取れないことも多いので必ずリサーチはしておいたほうがいいです。

美味しい料理を食べ過ぎ注意

食事は洋食よりも和食の方が人気が高いです。和食の中でもお寿司は安定した人気があります。日本といえばお寿司というほど人気料理ですし、普段の生活で頻繁に食べに行く場所でもないので特別な感じを出せると思います。せっかくの還暦祝いですので回転寿司ではなく、いいお寿司屋さんにするのもいいですよ。
いいお寿司屋さんの見分け方は内装に現れるそうです。いい職人さんがこだわるのはカウンターで、イチョウの木やヒノキからできた一枚板のカウンターを使用しているお寿司屋さんはこだわりも強く、いいお店であることが多いそうです。

一生に一度のお祝いの場所ですが、お父さんの性格や体調なども考えてあげることが一番大事だと思います。お父さんが笑顔になれる場所はどこでどの料理が喜んでくれるのか

お父さんの気持ちになって素敵な思い出に残るような最高の日にして下さい