還暦祝いに華やかな花束を

還暦祝いに花を贈る際に、最初にイメージするのは赤いバラの花束ではないでしょうか?

還暦のテーマカラーは赤色なので、赤色のバラを60本贈るなんてのも素敵なプレゼントになりますね。

ただ、赤いバラの花束以外にも、還暦祝いにふさわしい花は多くあります。

この記事では、還暦祝いに贈りたいふさわしい花や、花を贈るタイミングについてご紹介します。

還暦祝いに贈りたい花の魅力

還暦祝い

還暦の60歳を迎えるとき、家族や親しい人でお祝いをします。

昨今の60歳はたいへん若く活気にあふれています。

節目のお祝いに贈り物として花を贈り、華やかにお祝いを盛り上げましょう。

還暦祝いでは、赤色の頭巾とちゃんちゃんこを身につけてお祝いする風習が地域によってみられます。

日本では古来より赤い色は魔除けの色とされ、厄払いをしてこれからも元気に過ごせるようにと願いを込めた風習と言われています。

そのため、還暦祝いには、赤色の小物をプレゼントしたり、赤色やピンク色の綺麗なお花を贈ったりする方が多いです。

特に、還暦祝いにふさわしい花をプレゼントすると、花言葉の意味を含めてお祝いすることができるので素敵です。

「華麗」や「幸い」など贈る相手のイメージに合う花言葉を持つ花を贈ると、気持ちが伝わりやすく今後の活力にもつながるでしょう。

還暦祝いにふさわしい花

還暦に60本のバラ

ここでは、還暦祝いにふさわしい花を花言葉と一緒にご紹介していきます。

赤いバラの花束

赤い色をベースにした花束は還暦祝いとして好まれます。

濃い紫、オレンジ、黄色などと組み合わせて明るい華やかな花束を贈ると、還暦を迎えるご本人も嬉しい気持ちになるものです。

他には、赤いバラ60本のゴージャスな花束も特別なお祝いの気持ちが伝わることでしょう。

赤いバラの花言葉には、「情熱」「愛情」「美」「あなたを愛しています」などがあり、相手に思いを伝えるのにぴったりな花です。

家族から還暦を迎える方へ大切に想う気持ちを表現するには、赤いバラはふさわしいといえるでしょう。

還暦祝いには60本のバラを贈ると喜ばれる!贈る際のポイントや気持ちを伝える工夫

胡蝶蘭の鉢植え

胡蝶蘭の鉢植えは、花持ちが良く、縁起の良いものとして取り扱われています。

胡蝶蘭の花言葉は「幸運が飛んでくる」なので、活気あふれる未来に向かう節目にふさわしいと言えます。

咲き終わってからも上手にお世話すれば、来年に咲かせる楽しみもあります。

胡蝶蘭には白や薄いピンクなど種類があるので、還暦を迎える方の雰囲気や好みに合うものを贈ると喜ばれるでしょう。

還暦祝いのプレゼントには胡蝶蘭がおすすめ!喜ばれる理由や胡蝶蘭の選び方について

ダリア

バラの花束に添えても相性が良いダリアは、さまざまな色合いがあって祝い事の際にも人気の花です。

ダリアの花言葉は「華麗」「気品」であり、お花を贈る相手を思い浮かべながら色合いを選ぶと喜ばれるでしょう。

▽還暦祝いに最適な花の種類を花言葉とともに紹介しているこちらの記事もおすすめです。

還暦祝いに贈るなら花が最適!花の相場や種類を解説

▽還暦祝いに贈ってはいけない花をチェックするならこちらの記事をご覧ください。

還暦祝いのプレゼントとして贈って良いおすすめの花と贈ってはいけない花

お花を贈る際にはメッセージも一緒に添える

メッセージ

還暦祝いには、お祝いしたい気持ちを表すのが一番です。

赤いバラや胡蝶蘭に限らずに、ご本人のイメージにぴったりと似合う花を贈ることは、もらう側も印象に残り、人生の節目にふさわしく敬意を込めた気持ちが伝わるものとなります。

相手により気持ちを伝えるために、贈る際はメッセージを添えておめでとうの気持ちを伝えることも大切です。

普段はなかなか伝えることのできない感謝の気持ちや、今までの苦労を労わる気持ちを添えて伝えたいものです。

還暦祝いにお花を贈るタイミング

幸運を運んでくる花胡蝶蘭

贈るタイミングは、特別なお祝いの会をされるのであれば、その当日、もしくは前日までに届けるように手配します。

しかし、本人が外出していて不在の場合には、手間をかけてしまうので注意が必要です。

そのため、届く時間帯に留守ではなく、受取可能かどうかを確認することにも気を配りたいところです。

一緒に暮らす家族も目にすることになりますから、家族の節目を彩る感慨深いものとなることでしょう。