還暦祝いに花をプレゼント

花はお祝いギフトの定番で、記念の日に花を贈られたら誰でも嬉しいもの。

しかし、大切な人の還暦祝いには「ありきたりな花ではつまらない」「いつまでもお元気でという特別な思いを込めたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめなのがプリザーブドフラワーです。

preserve(プリザーブ)には「保存する」という意味があり、プリザーブドフラワーは長期間綺麗な状態を保つことができる花として人気があります。

この記事では、ブリザードフラワーの魅力や、還暦のお祝いにプリザーブドフラワーギフトがおすすめの理由、選び方についてご紹介します。

プリザードフラワーの魅力について

バラ

プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な加工をして、花の色の鮮やかさや花びらのみずみずしさを長期間保てるようにしたものです。

生花だと長持ちしませんし、造花だと長持ちしてもやはり生花のようなみずみずしさには欠けます。

その両方を良いとこ取りしたのが、プリザーブドフラワーなのです。

また、長期間美しさを保つプリザーブドフラワーは、還暦祝いとして「これからも末永く、健やかで、お幸せに」という思いをこめるのに最適だと言えます。

還暦には赤いものを贈るならわしがありますが、赤い花のプリザーブドフラワーであれば言うことなしです。

特に、赤いバラをメインにしたアレンジメントがやはり一番のおすすめです。

還暦のお祝いにプリザーブドフラワーがおすすめの理由

赤いバラのプリザーブドフラワー

これからの生活や長寿を願う気持ちが伝わるプリザーブドフラワー。

還暦のお祝いにプリザーブドフラワーがおすすめの理由としては、水替えの手間がない、花瓶が必要ない、ネットから好きなアイテムを取り寄せることができるといった点です。

水替えの手間がない

プリザーブドフラワーは生花のようにすぐに枯れないだけでなく、水替えなどの手間もかかりません。

つまり、贈った相手の方に手入れの負担をかけることなく、ずっと長く飾ってもらえます

贈られた方はそれを目にするたびに、贈った方のあたたかい気持ちを感じることができます。

花瓶などが必要ない

プリザーブドフラワーはあらかじめアレンジされた状態で販売されていますので、花器を用意していただく必要もありません

相手の方が病気などで入院中しており、衛生上の観点から病院に生花持ち込みが禁止されている場合でも、プリザーブドフラワーであれば安心して贈ることができます。

さまざまなタイプのアレンジメントが販売されていますので、予算や相手の方の好みなどに合わせて選ぶことができます。

ネットなどから好きなアイテムをすぐに取り寄せることができる

最近では、プリザーブドフラワーはネットから簡単に注文できます。

ネットショップでは多彩な商品が選べて簡単に手配できますので、忙しい方でもお店に出向いたりする手間をかけずに贈ることができます。

還暦祝いにプレゼントするプリザーブドフラワーの選び方

還暦祝いにプレゼントするプリザーブドフラワーの選び方

「還暦祝いにプリザーブドフラワーを贈りたいけど、どんなものを選べばよいかわからない」と悩んでいませんか?

ここでは、還暦祝いにプレゼントするプリザーブドフラワーの選び方についてご紹介します。

タイプから選ぶ

プリザーブドフラワーには、ドーム型のタイプやボックスタイプ、壁に立てかけたり写真立てのようにできたりするフレームタイプのものなど、さまざまな種類があります。

還暦を迎える方がどの場所に置いてくれるのかなどをイメージしながら、相手の好みや雰囲気から選ぶと良いですね。

また、飾るだけでなく実用的に使ってもらえるものと一緒にしたい、というのであれば、時計と一緒になったタイプやフォトフレームと一緒になったタイプなどを選ぶのもおすすめです。

色から選ぶ

プリザーブドフラワーを還暦祝いに贈る場合には、赤一色ではなく、ピンクや黄色、紫、白、ブルーなどと組み合わせても華やかになりますよね。

色選びに迷ったときには、色の持つイメージや色彩効果などから選ぶのもおすすめです。

例えば、還暦のテーマカラーである赤色であれば「活力」「情熱」、落ち着いた色味の紫であれば「高貴さ」「神秘的」、ピンクであれば「幸せな気持ちになる」「安らぎ」などの心理効果があります。

すべての色味をバランスよくミックスしても面白いですし、相手のイメージに合った色味を選んでも良いでしょう。

還暦祝いに贈るなら花が最適!花の相場や種類を解説