ひ孫と米寿祝い

還暦や古希、喜寿など人生の節目節目で存在する長寿祝いの際には、家族や親戚一同で長生きをお祝いしたいですよね。

米寿祝いの際にも、子どもから孫、ひ孫まで集まってお祝いしてくれることは、主役の方にとって非常にうれしいことです。

では、思い出に残るような、そして喜ばれるような米寿祝いにするためには、どのような点を意識すると良いのでしょうか?

この記事では、米寿の意味や由来、テーマカラーについて触れながら、喜ばれる米寿祝いにする2つのコツについてご紹介します。

米寿の意味や由来、テーマカラー

お米

88歳の誕生日を迎えることを「米寿」と呼びます。

これは、「米」の文字をくずすと八十八と読めることに由来しているからです。

イメージカラーとしては、黄色や金色が米寿に相応しいお祝いの色とされています。

以前は、生まれた年を1歳とする「数え年」で88歳(満年齢87歳)を迎えたら米寿のお祝いをする習慣がありました。

ただ、現在は、生まれた年を0歳とする「満年齢」で88歳を迎えたら、米寿のお祝いをするという家庭も少なくなく、どちらでお祝いしても良いとされています。

88歳の年齢まで迎えられたことは、とても喜ばしいことですので、家族と一緒にお祝いをすることが多くなります。

実際に、子供や孫、ひ孫まで誕生している方も多いので、一堂に集まってお祝いをするのは何よりの記念になります

また、88歳を迎えた方にとっては、嬉しい日になるでしょう。

喜ばれる米寿祝いにするコツ

誕生日ケーキ

米寿祝いには、これまでの感謝の気持ちやこれからの生活を願って、家族で会食をすることが多いです。

会食をするだけでなく、ちょっとした工夫や配慮をするだけで、喜ばれる米寿祝いにすることができます。

ここでは、喜ばれる米寿祝いにする2つのコツについてご紹介します。

①余興やプレゼントを用意する

会食するだけでなく、

・子や孫、ひ孫で余興をする

・真心のこもったプレゼントを贈る

など、いろいろな演出を考えることができるでしょう。

なかなかこう言った機会がないと、子や孫やひ孫まで勢ぞろいするチャンスは見つからないものです。

88歳を迎える方を中心に家族が一緒にお祝いをすることで、より絆も深められます。

米寿のお祝いに孫からプレゼント!おすすめの贈り物7選や相場を紹介

②体調に合わせた会場選び

米寿祝い

迎える方の体調に合わせて、会食の会場を選ぶようにしましょう

体調に合わせて選ぶことで、負担をかけることなくお米寿のお祝いをすることができます。

また、元気な方であれば、行きたい場所を予め聞いておけば、尚更、喜んでくれる会食になるでしょう。

家族そろって祝う気持ちは、これからの長寿にも励みになるでしょうし、88歳の方も元気を家族に与えてくれるでしょう。

米寿と言うのは迎えたくてもなかなか迎えられない方もいます。

それほど、貴重なお祝いの記念日ですので、計画を立ててみるのもいいのではないでしょうか?

米寿のお祝いにはどんな食事が喜ばれる?おすすめの料理と流れを解説

米寿祝いにお祝いの気持ちを伝えるのも大切

88歳のお祝いでは気持ちを伝えるのも大切

米寿祝いなどの長寿祝いでは、家族みんなが集まり米寿の方に顔を見せることが何より喜ばれるポイントなりますが、その際にお祝いの気持ちや日頃の感謝の気持ちを伝えるのも大切なことです。

普段は言えない気持ちを手紙にしたためたり、短い文章でもメッセージカードにまとめて渡したり、家族で寄せ書きを作ったりなどして気持ちを伝えましょう。

米寿祝いに当日来られない方がいる場合には、メッセージビデオを作るのも良いでしょう。

直接本人に気持ちを言えなくても、カメラの前であれば正直に気持ちを言えるという方も少なくありませんので、参加状況や家族の意見を参考に検討してみましょう。

メッセージビデオを会食の際に流して家族で見るのも素敵な時間となりますし、後で何度でも見返せるようにプレゼントするのもおすすめです

どんな方法であれ、お祝いの気持ちや感謝の気持ち、これまでの労いの気持ちなどを米寿の方に伝えることで忘れられない米寿祝いになるでしょう。