大彦命(おおひこのみこと)

大彦命(オオヒコノミコト)とは、日本書紀に記された大和朝廷時代の有名な四道将軍(しどうしょうぐん)の一人の名でもあります。日本書紀や古事記の話は少し難しく感じられるかもしれませんが、ひとつの神話としてお読み下さい。
朝廷が現在の近畿地方の一部を掌握するくらいの支配力しかもたなかった頃、朝廷は全国の統治を推し進めようとし、四道将軍を東西南北に派遣しました。(西方には後に桃太郎のモデルとなる吉備津彦(きびつひこ)などが登場します)
大彦命は北方への勅命を渡され、北陸へ上陸しました。大彦命は、越国の人々の協力を得て、東北地方まで治める事となったと考えられています。その証に、大彦命が北陸から東北まで長く治めた地域には今も大彦命を祭る神社が多く残っています。 遠征には船を使用した大彦命は、その天然に豊富な水路を辿り、東北まで自然による恵み(飲料に適した軟水や食)を元に、人々が安心して暮らせるよう尽力したと考えられています。現在でも大彦命を祭る神社を巡ると、自然の恵みと合わせ、古来「蝦夷の地に進出してきた畿内王権のもとでのたくましい開発事業の神」として崇められています。 越国の人々が心から従ったのは「より良い国にする」という、とてもわかり易い理念があったからであります。正しいもの・正しい理念は必ず万人にうけ入れられるもの。今回、このお酒「大彦命」も、そのこころを重ね、大彦命を冠するまた昔ながらの正しい製法をもって米だけで製造されました。「純米大吟醸 大彦命」もまた世の中に広まっていくことで、多くの人々が幸せになって日本酒の文化の向上になっていければと願い、造られた日本酒であります。

王を超えた酒米、新潟県産「越淡麗」

「越淡麗(こしたんれい)」とは、新潟県が16年もの歳月を掛けて研究開発し、ようやく完成した新種の酒造好適米の名前です。 “新潟の酒造りに合うよう”に、新潟での栽培に適し、母方に「山田錦(やまだにしき)」、父方に「五百万石(ごひゃくまんごく)」の交配から「越淡麗」は生まれました。 「山田錦」はタンパク質が少なく、大粒で心白も大きいため、醸造適正に非常に優れており、きめ細かやかでまろやかさが酒質に出るお米です。「五百万石」は淡麗でスッキリとしたキレの良いお酒を生み出します。 その両者の長所を併せ持つ高品質な酒造好適米として、鑑評会用出品酒などの高級酒に用いられることが多く、現在も限られた地域でしか栽培されいません。 この「大彦命(オオヒコノミコト)」の使用米は、「全量越淡麗造り」。精米歩合も35%と、非常に贅沢な造りをした、新潟の本気が垣間見える一本です。

精米歩合とは

玄米からどれだけお米を磨いたかを表す指標を精米歩合と言います。数値が低いほどお米を磨いています(玄米は100%)大彦命の精米歩合35%にするまでには約3日(約72時間程度)掛かるため非常に手間をかけて造られていることがわかります。

唯一、酒造りの使用を許された「菅名岳天然水」

「大彦命」に使用する水は、地元では「神の恵み」「奇跡の泉」として守られ続けている湧き水です。この天然水は、新潟県でもこの唯一、絶滅危惧種である稀少魚トゲソ(イバラトミヨ)が生息できるほど澄んだ湧き水でもあり、一般としては足を踏み入れることを禁じられている程でもあります。

大彦命を醸す今代司酒造は、酒蔵で唯一、湧水の採掘許可を得る事が出来た酒蔵でもあります。現在もその天然水を使用出来るのは今代司酒造の仕込み水だけとなっており、水の運搬は許可を得た本人である蔵主(山本吉太郎氏)だけが、現在も週に何度も足を運び、自ら汲み運んでおります。

海外からも評価が高い「全量純米仕込み」とは

新潟市のほぼ中央に軒を構える今代司(いまよつかさ)酒造。創業は寛政9年(1797年)の老舗です。
全ての製造する酒において、醸造アルコールを一切添加しない酒造りは、全国約1500もある酒蔵の中でも、わずか16蔵しか存在しないうちの一蔵であります。醸したお酒 に対し、醸造アルコールを一滴も添加せず、味わいを意図的に調整する事が出来ないために、味に対し誤魔化しが全く効かない正直な酒造りとも言えます。
米と水だけを使用した日本酒造りは新潟県内、95軒存在する酒蔵の中でも唯一となります。全国で流通する日本酒の89%はアルコール添加をしており(平成18年度調査)、残りの11%が、米と水だけで造られた日本酒ということを意味し、「大彦命」は、その11%の中でも限られた大吟醸酒ということになります。

日本酒消費量が多い県

日本全国で最も日本酒の消費量が多い都道府県は「新潟県」。また、全国の分布している酒造企業も新潟県が1位なんです!今日まで地酒を愛する県民に美味しい地酒達は支えられています。

贈り物としても安心してご利用頂けます!全国どこでも、送料無料

桐箱に入れて大切な方へお届け致します

桐箱の中にお酒をお入れしてお届け致します。贈答品や大切な方へのプレゼントに最適です。

熨斗・ラッピング無料対応

※風呂敷や包装紙について
本ページをご覧頂いているお客様がお使い頂いておますパソコン、スマートフォン、携帯電話によって若干の色見が異なる場合がございます。

品質を重視し
クール便無料対応

日本酒の保存は低温保存が原則です。そのため幻の酒ではクール便にてお届けも無料で承っております。