70歳のお祝いである古希祝い。どうやってお祝いしたら良いのか迷う場面があるのでは。

いつ行えばよいのか、食事はどういったものが喜ばれるのか…など疑問点が多いと準備が大変になりますよね。

そこで、今回は古希祝いの食事の選び方日取りの決め方など70歳のお祝いの祝い方をご紹介していきます。

 

70歳のお祝いの祝い方

70歳のお祝いの祝い方

古希のお祝いは、一昔前までは、本当に少数の人だけしか迎えることが出来ないものでした。少し前までは人の人生は50年であり、現在のように100歳を超えても元気な方がこれほど多いという時代は近現代に入ってからになります。

医療の発達や食糧事情が良くなったことが人の寿命を大幅に伸ばしましたが、還暦でも昔はよく迎えることが出来たとお祝いをしたものです。

それから10年年を重ねて数え年の70歳が古希の年齢になりますが、現在では70歳でも現役で働いている方は珍しくなく、お祝いの仕方にもその人に合わせた工夫が必要になってきます

年寄り扱いをされたと感じて不快になる方も中にはいらっしゃいますので、長寿をお祝いすると同時に日頃の感謝の気持ちを伝える日にしても良いでしょう。

また、あまり集まる機会がない親戚が集まる貴重な席にもなりますので、前もって準備をしておくようにしましょう。

 

古希祝いの食事の選び方

70歳のお祝いの食事の選び方

古希祝いの食事会を自宅もしくはレストランなどで外食するにしてもお祝いに向いた食事とはどういったものなのか悩む方は多いのでは。

お祝いの席になりますので、お赤飯や鯛など縁起物を用意する地域もありますが、やはり何を食べたいかはご本人の意向を聞いておくことをおすすめします

自分のお祝いの席で食べられるものが何もないというのはつまらないものですので、ご本人の好物を必ず用意しておく配慮は必要になるでしょう。

レストランなど外食で古希をお祝いする場合には、事前にコースやメニューの確認を行いましょう。

70歳という年齢はまだ現代では若いうちに入りますが、塩分を控えていたり、コレステロールを気をつけている方もいらっしゃいますので、健康面で心配のある方はなおさら、食事には気をつけましょう。

古希祝いの食事会はどこがおすすめ?一緒に渡したいプレゼント5選も紹介!

 

古希祝いにお金を包む際の相場

70歳のお祝いにお金を包む際の相場

70歳のお祝いに何を贈ればよいか迷った場合には、使い勝手の良いお金を包もうと考える方もいるでしょう。

お祝いにお金を包む場合は、お祝いされる方との間柄で金額が変わってきます。ご親戚でも遠縁になってくると5000円程が相場であるとされています。あまり高額なお金を包むと返って気を使わせてしまいますし、お返しが負担になりますので、相場を大きく外して高額なお祝いを包むことは避けた方が無難でしょう。

古希祝いにご祝儀を包む場合には、表書きには「古希御祝」などと記入し、紅白や金銀の水引を選びます

ご祝儀袋の表書きはボールペンや万年筆の使用は避け、喜びの大きさを表現するように毛筆で濃く書くようにしましょう。

水引については、長寿のお祝いは何度あっても良いことであることから、蝶結びの水引を選びましょう。

今ではあくまでも人生の通過点である70歳の節目の古希のお祝いですが、日頃の感謝の気持ちを込めて、お祝いをするようにしましょう。

 

古希祝いの日取りの決め方

70歳のお祝いの日取りの決め方

古希祝いは誕生日当日にお祝いする文化は昔からあります。ただ、現在では古希祝いを迎えた本人が希望した日や家族が集まりやすい日などに行われる傾向があります。

どうしても誕生日当日かそれに近い日がいいという場合は、誕生日後初めての土曜日に行うのがいいでしょう。週末の方が沢山の人に来てもらえるということもありますが、翌日が日曜日であれば帰宅の時間や便などで気を遣わせることが少なくなります。

日曜日に行うと片付けでもバタバタとしてしまいがちですから、お祝いの翌日が休みの日を選ぶと色々と融通を利かせやすくなるでしょう。

一番は、古希を迎えた本人が希望する日を尊重することです。サプライズをするのはなかなか難しいものですから、いっそのこと事前に主役となる本人と打ち合わせをするのも大切です。

この人には絶対に祝ってほしいという人もいるでしょうから、そうしたところから都合の良い日を探すのも悪くはありません。

古希祝いはどの時期にしたらいいの?気になる時期とおすすめのプレゼント12選!

 

70歳のお祝いの祝い方まとめ

70歳のお祝いまとめ

70歳のお祝いの祝い方についてご紹介していきました。

前述のように近年では、誕生日当日に古希祝いをする文化はなくなりつつあります。誕生日当日というのが一番わかりやすいですが、古希を迎えた本人が希望する日を尊重して、日取りを決めることが大切です。

71歳を迎える前であればいつでもお祝いできますので、頃合いを見ていつ行うか早めに計画しておくといいでしょう。