赤ちゃんの手と父親の手

古希祝いを迎える父に何を贈れば良いのか悩んでいる方は多いはず。せっかくの長寿祝いに何か素敵なものを贈りたいですよね。

そこで、今回は古希祝いを迎える父に贈りたい素敵なプレゼント10選を紹介。父に何をプレゼントすれば良いのか悩んでいる方は、本記事を参考にプレゼントを決めてみてください。

 

1、古希祝いを迎える父にプレゼントするなら何がいい?

お父さんのイメージ

古希祝いを迎える父に何をプレゼントすれば良いのか?プレゼントを選ぶ前にまずは古希祝いについて知識を深めておきましょう。古希祝いの歴史を知れば、何かプレゼントのヒントにつながるかもしれません。

古希祝いは、還暦祝いの次に行われる長寿祝いのひとつです。還暦祝いが満60歳なのに対して、古希祝いは満70歳で祝います。また、還暦はテーマカラーが赤ですが、古希祝いのテーマカラーは紫となっています。一見、同じ長寿祝いでも中身が違うので、還暦祝いと混同しないように注意しましょう。

古希祝いの始まりは中国の詩人の一節からと言われています。「人生七十古来稀なり」つまり、人生70歳まで生きる人はまれであるという詩です。現代では、70歳まで生きることは当たり前となりましたが、昔は70歳まで生きることは珍しいことでした。古希祝いは、そんな70歳を迎えた方を祝い大事な祝いごとのひとつです。

古希祝いのテーマカラーは紫。もともと紫は高貴な色として愛されてきました。昔から位の高い人のみが許される色ということもあり、古希を迎えた人を敬う意味も込められています。また、紫はプレゼントを選ぶ際に心強い味方となってくれます。特に、ファッション関係や小物などはワンポイント紫が入っていると古希祝いらしく喜ばれることが多いです。

古希祝いを迎える父にプレゼントするなら、できるだけ紫の入ったものがおすすめです。プレゼントを選ぶ際のルールを決めておけば、迷わず素敵なプレゼントを選べますよ。

古希祝いには「紫」を!父母に贈りたい感謝を伝えるプレゼント!

・父へのプレゼントの相場は?

父への古希祝いの相場

古希祝いの相場は5,000円から1万円ほどと言われています。購入するプレゼントによって相場は変動しますが、基本的にこの価格帯を想定しておけば問題ありません。ある程度柔軟に対応したい方は1万円から3万円ほど用意しておくと問題なく購入できます。

また、古希祝いの食事会を開催する場合は、プレゼントの価格は抑えめにしても構いません。例えば、プレゼントを花束にして食事会の中でプレゼントすれば喜ばれます。両方とも高額になってしまうと予算内に収まらないことが多いので注意しましょう。

古希祝いのプレゼントはあまりに高額すぎると気を遣われてしまうので、できるだけ相場程度に収めることが重要です。古希を迎える方も感謝を伝える方も無理のない範囲で気持ちよく祝いを開催しましょう。

古希祝いの相場は1万円?気になる相場と平均予算について紹介!

・父へのプレゼントはどこで買う?

父への古希祝いのプレゼントを購入する場所

古希祝いのプレゼントはデパートやインターネットで購入できます。基本的には、贈りたいプレゼントがある場所で購入しましょう。

デパートの場合は、古希祝いのプレゼントについて店員に相談しながら決められます。また、渡したいプレゼントの実物が見られるので、インターネットで購入して実物と違ったというケースが防げます。実際に大きさやデザイン性を目で確認しお父さんの好みに合った贈り物を選びましょう。

老舗のデパートなら長寿祝いのコーナーが用意されていることもあるので、初めて古希祝いのプレゼントを買う方でも選びやすいというメリットがあります。

一方、インターネットはデパートに比べて、幅広いプレゼントが選べます。近年ではインターネットの普及やその選びやすさから、ショップを利用する方が増えています。

ネットショップなら本来デパートでは手に入らないプレゼントも手に入るのでこだわりたい人におすすめ。特に、長寿祝い用の名入れアイテムは多くのネットショップで取り扱っているので、インターネット購入する方にぴったりです。世界に一つしかないオリジナリティ溢れるプレゼントを古希祝いに贈りたいと考えているのであれば、インターネットから探してみると好みや予算に合ったものを見つけられるでしょう。

古希祝いのプレゼントは、デパートやインターネットのメリット、デメリットを知った上で購入しましょう。できるだけ余裕を持ってプレゼントを選べば、購入場所を迷うことなくプレゼントを準備できます。

・失敗しないプレゼントの選び方は?

父の70歳のお祝いで失敗しないプレゼントの選び方

古希祝いのプレゼント選びに失敗したくないという方は多いはず。相手の好みを考えて購入しても、いまいち反応が悪い場合は選び方が間違っているかもしれません。ここでは、失敗しない選び方のポイントをまとめてみました。

・紫の入っているものを選ぶ!

・父の好みや趣味を把握しておく!

・すぐに楽しめるものをプレゼントする!

古希祝いのテーマカラーは紫なので、紫の入ったプレゼントを贈るのがおすすめです。古希祝いなのに、全く関連性のないプレゼントを贈ってしまうと、相手によっては喜ばれない可能性があります。ワンポイントで紫が入っていれば、長寿祝いの雰囲気が出るのでおすすめです。例えば、腕時計やバッグなどのファッショアイテムであれば、さりげなく紫色が入っているものであれば抵抗なく生活の中で愛用してもらえるでしょう。

父の好みや趣味を古希祝いの前からリサーチすることも重要です。例えば、ゴルフが好きな父にはゴルフグッズを。ウォーキングやジョギングが好きな父には関連したアイテムを。お酒やワインが好きな父には好きな銘柄のお酒をプレゼントするなど、好みや趣味を把握しておくと喜ばれやすいです。

食事会などでプレゼントした後にすぐに楽しめるプレゼントは喜ばれます。特に、食べ物や飲み物はその場で味わえるので人気が高いです。ケーキやお酒など飲食できるものはその場でみんなで楽しめるので魅力的です。一方、カタログギフトや旅行券などは場合によっては喜ばれますが、すぐには楽しめないため人によっては反応がいまいちということもあるかもしれません。その場で楽しめるものをプレゼントするのはおすすめです。

失敗しない選び方を紹介しましたのが、基本的には気持ちがこもっていれば問題ありません。父の反応がいまいちでも内心喜んでいることもあるので、相手の反応伺いすぎるのは控えましょう。反応が悪くても感謝を伝える気持ちがあれば問題ないです。それでも、気になる方は失敗しない選び方を参考にプレゼントを選んでみてください。

古希祝いに迷ったら読む!おすすめのプレゼント7選!【男女別】

 

2、古希祝いを迎える父に贈りたいプレゼント10選!
お父さんとギフトのイメージ

それでは、古希祝いを迎える父に贈りたいおすすめのプレゼント10選を紹介します。まだ、プレゼント選びに悩んでいる方は10選を参考に選んでみてください。すべてのプレゼントのおすすめ度や価格帯も紹介するので、じっくり読んだ後に購入を検討してみましょう。

・ファッションアイテム
ダウンジャケット赤紫緑白黒

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:5,000円〜1万円

季節問わず古希祝いのプレゼントでおすすめなのがファッションアイテムです。春先なら爽やかなシャツや、ポロシャツ。冬ならセーターやマフラーをプレゼントできます。また、帽子や手袋、靴下など細かいアイテムと一緒にプレゼントできるので、喜ばれることが多いです。お洒落なものを選んで「これからもかっこいいお父さんでいてね」といったメッセージを添えるとより喜んでもらえるでしょう。

ファッションアイテムの価格帯は5,000円から1万円程度。ブランドのものになると、さらに価格帯は上がりますが、特にこだわりがなければデパートやファストファッションブランドで購入しても構いません。

古希祝いのプレゼントなので、できるだけ紫の入ったアイテムをプレゼントしましょう。洋服なら紫のカラーを使ったものが多いので選べる選択肢が広がります。奥様とペアルックとしてプレゼントするのもおすすめですよ。

・日本酒・ワイン
赤ワインとワインの入ったグラス

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:5,000円〜1万円

お酒が好きな父におすすめしたいのが日本酒やワインです。お酒を嗜む方なら日本酒やワインのプレゼントで喜ばない人はいません。どちらも、価格帯は5,000円〜1万円程度で、有名な銘柄になるともう少し高くなることもあります。

また、古希祝いをはじめとした長寿祝い用の日本酒やワインも用意されています。これらの日本酒やワインには名入れすることができるため、世界でひとつのプレゼントが渡せます。名入れは日本酒やワインのラベルの部分にできるため、「祝 古希」や「古希祝いおめでとう」、さらに父の名前を入れることも可能です。

古希祝いのプレゼントにお酒を贈ろう!必ず喜ばれる厳選日本酒5銘柄を紹介

・革小物
茶色の革の財布

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:1万円〜3万円

70歳で古希という節目を迎えて、より健康に長生きしてほしいという意味を込めて革小物のプレゼントはいかがでしょうか?使い込むほどに味わいが深まる革小物は、長生きしてほしいという思いを伝えられます。

革小物の価格帯は1万円〜3万円ほどで、財布やキーケース、名刺入れなどものによって価格が違います。また、使っている革の種類によっても変わってくるので、好みの革小物を見つけたら都度価格を確認してください。

革小物をプレゼントするなら、普段父が使っている小物をプレゼントしましょう。財布やキーケースなどは使っている頻度が高いので、革小物としてのプレゼントに最適です。プレゼントする前に父の持ち物の状況や使用頻度、傷み具合などをチェックしておきましょう。

・湯のみ・マグカップ
コーヒーカップと珈琲

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:3,000円〜5,000円

普段からお茶や紅茶、コーヒーを飲んでいるなら湯のみやマグカップのプレゼントがおすすめです。湯のみやマグカップは3,000円〜5,000円程度で購入できるので予算内に収まりやすいプレゼント。古希祝いらしく紫色の湯のみやマグカップをプレゼントしましょう。

また、湯のみやマグカップの中には、名入れでできるものもあります。価格帯が5,000円〜10,000円ほどになってしまいますが、オリジナルの湯のみやマグカップがプレゼントできるので喜ばれます。 両親にペアのマグカップをプレゼントすれば、より喜ばれるのでぜひ検討してみてください。

・安眠グッズ
安眠をイメージした布団と猫

おすすめ度:★★★★★
価格帯:5,000円〜3万円

古希を迎えて70代に差し掛かると疲れが取れないことも多いです。少しでも疲れをとってアクティブに活動して欲しい思いを込めて安眠グッズのプレゼントがおすすめ。安眠グッズは、プレゼントされてすぐに利用できるので喜ばれやすいプレゼントです。

安眠グッズの中で特に人気なのが枕のプレゼント。枕は睡眠と深い関係のあるものです。古希祝いを機会にオーダーメイドの枕をプレゼントすれば、ぐっすりと深い睡眠を取れます。オーダーメイドの枕は2万円〜3万円程度で作れますが、若干価格が高いので予算と相談しながら決めましょう。

また、少し価格帯を抑えたい方はパジャマがおすすめです。こちらは、5,000円から1万円ほどで購入できるので手に入りやすいです。一部、パジャマの素材によっては料金が高くなることもありますが、比較的購入しやすいのでおすすめです。カラーは古希祝いに合わせて紫のパジャマをプレゼントしましょう。

・趣味のアイテム
ゴルフ場とゴルフボール

おすすめ度:★★★★★
価格帯:5,000円〜

古希祝いに悩んだら、長寿祝いという枠にとらわれず趣味のアイテムをプレゼントするのがおすすめです。例えば、ゴルフが趣味のお父様ならゴルフグッズ、釣りが趣味なら釣りグッズなど、趣味のアイテムならプレゼントするものが選びやすいです。

趣味のアイテムにはこだわりのある方もいるので、古希祝いの前にリサーチしておくことをおすすめします。普段の会話や一緒に買い物などに行って、欲しいアイテムを聞いておけば古希祝い当日に喜んでくれること間違いなしです。

価格帯は、趣味のアイテムによって変わってくるので注意が必要です。趣味のアイテムといっても、メインのアイテムではなく、アクセサリーなどをプレゼントすれば、そこまで高額な予算を用意しなくても問題ありません。

・レコードプレーヤー
レコードプレイヤー

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:1万円〜3万円

音楽が好きな父にプレゼントするならレコードプレーヤーがおすすめ。昔のレコードを持っているなら、再生して楽しむことができます。もし、レコードプレーヤーをプレゼントするなら、中古のレコード店でお父様の好きなレコードをセットにしてプレゼントしてもいいでしょう。

レコードプレーヤーの価格帯は、1万円〜3万円で購入できます。プレーヤーによっては、スピーカーに接続する必要があるので、そちらの予算も検討しておきましょう。スピーカーは音質にこだわらなければ3,000円から購入できます。音質にこだわる場合は、レコードプレーヤーと同程度の料金がかかることもあるので注意しましょう。

・スニーカー
コンバースのスニーカーとジーンズ

おすすめ度:★★★★★
価格帯:1万円〜

外出が趣味のお父様にはスニーカーのプレゼントがぴったり。歩きやすいスニーカーは健康にもいいので、毎日の外出をさらに楽しくしてくれます。健康にいいスニーカーの価格帯は1万円ほどから購入できます。あまり安いスニーカーの場合、履きにくかったり、疲れたりしやすいので注意しましょう。

また、スニーカーはサイズが合っていても、足の形状によっては合わないこともあります。古希祝いの当日や前の日に一緒に靴を買いに行くことをおすすめします。くれぐれも、ネットショップで購入することは控えましょう。

・バスグッズ
バスタオルとアメニティ

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:1,000円〜3,000円

毎日のお風呂でよりリラックスして欲しいならバスグッズがおすすめ。入浴剤や石鹸などリラックス出来る香りのものを選びましょう。バスグッズは、比較的価格帯が低いので予算が厳しい方におすすめです。

プレゼントされたその日のうちにバスグッズを堪能できるので、すぐに喜んでもらえます。デパートやネットショップなど購入できる場所も多いです。

・カタログギフト
カタログギフトから選んでいるイメージ

おすすめ度:★★★★☆
価格帯:5,000円〜

古希祝いのプレゼントを本人に選んで欲しい方はカタログギフトがおすすめ。結婚式の引き出物でカタログギフトをもらった経験がある方も多いはず。最近では、ジャンル別のカタログギフトが用意されていて、好みのものを自由に選んでもらえます。

また、カタログギフトの価格帯はやすい物で5,000円ほど。価格帯によってカタログの中身が変わってくるので、予算にあったカタログギフトをプレゼントしましょう。

 

古希を迎える父に贈りたいプレゼントまとめ

古希を迎える父に贈るプレゼントまとめ

古希祝いを迎える父に贈りたい素敵なプレゼント10選を紹介しました。還暦祝いの後にやってくる古希祝い。こちらも立派な長寿祝いなので、できるだけ喜んでもらいたいですよね。古希祝いは、大切な家族の一員であるお父さんに日頃の感謝を伝えるのに最適な場です。素敵な長寿祝いに花を添えるプレゼント選びは悩んで当然です。

本記事がプレゼント選びの悩みを解決する糸口になれば幸いです。少しでもプレゼント選びに悩んだらおすすめのプレゼント10選から選んでみてはいかがでしょうか?素敵なプレゼントを決めて、思い出に残る古希祝いを迎えてください。