家族そろって古希のお祝いをしましょう!楽しい古希祝いにするポイントやケーキの工夫方法

70歳を無事に迎えたことをお祝いする古希祝いでは、どのようにお祝いすれば楽しく喜んでもらえるのか悩む方が多いのでは。

どこでお祝いしようか、プレゼントは何にしようか悩む部分が多いですが、何より古希をお祝いする際には家族揃って行うのがおすすめです。

今回は、古希祝いを家族揃って行うのがおすすめの理由や楽しい古希祝いにするためのポイント、お祝いのケーキの工夫方法についてご紹介します。

 

古希祝いをするなら家族揃って行うのがおすすめ!

70歳といえばまだまだ元気と思ってしまいがちですが、いつまでも健康とばかりも思っていられません。60代の頃には問題なく出来ていたことが、少し難しくなってくる年代でもあります。

孫の子守などをまかせている場合でも、無理をさせないようにして負担が掛かり過ぎないように配慮しなくてはなりません。

そこで、これまでお世話になった感謝と共に、この先もいつまでも元気でいてもらいたいという願いを込めて、70歳を迎える方に家族で古希のお祝いをしましょう

お祝いの方法としては、家族みんなが集まって一緒に食事をするという形がおすすめです。

離れて住んでいて普段は集まることがない子供たちや孫たちに囲まれるだけでも、元気で古希を迎えられて良かったと思ってもらえるのではないでしょうか。

家族の顔を見ながら会話をしたり食事をしたりするなど、家族と過ごす時間が何よりのプレゼントになると感じる方が多いものです。

ですので、みんなで都合を合わせて集まり、賑やかに楽しく食事会を催すのが何よりのお祝いとなるでしょう。

 

楽しく家族で古希祝いをするための準備

ここからは楽しく家族で古希祝いをするために押さえておきたい準備についてご紹介します。

古希祝いの日程を決める

家族が集まって古希祝を開催するためには、古希祝いをいつ行うのか日程を決める必要があります。

古希の方の都合を第一に、家族が集まりやすい日に古希祝いを開催しましょう。

まず数え年70歳でお祝いするのか、満年齢70歳でお祝いするのかを古希の方と相談して決めましょう。

古希の方が風習を大切にされている場合や地域によっては数え年70歳でお祝いした方が良いですが、現代では数え年や満年齢にあまりこだわらずお祝いする場合が増えています

近年では満年齢70歳の誕生日や誕生日前後の週末でお祝いされるご家庭も多いようです。

その他、ゴールデンウィークやお盆、お正月、連休など会社や学校で休みが取れやすい日にすると家族の日程を調整しやすくなります。

連休に古希祝いを行う場合には、家族や親族の各家庭によっては連休を使っての旅行などを計画している場合もあります。

遅くとも半年前には古希祝いの日程を決めてお知らせし、各家庭のスケジュールを調整してもらいましょう。

食事会の場所を決める

楽しい古希祝いにするためには、どこでお祝いするのかもポイントとなります。

リラックスした状態で家族水入らず古希祝いをしたいのであれば自宅、いつもとは違った雰囲気を楽しんでほしいのであればレストランや料亭など外食の選択肢が出てくるでしょう。

食事会を家で行う場合は手作りで古希の方の好きな物を作って差し上げるのもいいですが、人数が多いと用意する方も負担になります。

そういう時にはデリバリーやケータリングを使うのもおすすめです。最近では長寿祝い用のメニューも豊富で、注文するとセッティングから後片付けまですべてやってもらえるお店もあります。

人数が多く用意するのが大変な場合にはこういったサービスを利用しましょう。

レストランや料亭、ホテルを利用する場合は、あらかじめお店に食事会の趣旨を伝えて、古希の方の好物をメニューに取り入れてもらうなど相談してみるといいでしょう。

また、古希祝いプランのあるお店を選ぶのも良い方法です。

古希の色である紫のちゃんちゃんこを用意してもらえたり、花束やケーキのプレゼントがあるなど、様々な特典が付いているのでお祝いムードも高まります

このように、活用できるサービスやプランなどを利用することで、お祝いされる側もお祝いする側も楽しく、満足のいく古希祝いになるでしょう。

古希祝いの食事会はどこがおすすめ?一緒に渡したいプレゼント5選も紹介!

プレゼントを家族で相談する

古希祝いでは、お祝いや感謝の気持ち、長寿の願いなどを込めてプレゼントを用意する方が多いです。

その際、他の人と同じプレゼントを選んでしまったとなると、贈り主としては少々気まずくなりますよね。

古希祝いを家族みんなで行う際には、誰がどのプレゼントを贈るのかを把握するために連絡を取り合ったり、家族で相談する場を持ったりする場合が多いです

前もって相談し合っておけば、当日気持ちよくそれぞれがプレゼントを贈ることができ、楽しい会になります。

ぜひ家族で相談しながら素敵な贈り物を選んでみましょう。

家族と一緒に古希のお祝いを!家族でお祝いする重要性とおすすめのプレゼント!

 

家族で古希をお祝いする際のおすすめプレゼント

ここでは、家族で古希をお祝いする際のおすすめプレゼントをいくつかご紹介します。

名入れギフト

家族での古希祝いで盛り上がるサプライズ性の高いプレゼントとしては、名入れのギフトがおすすめです。

お酒や食器類、置時計、フォトフレーム、趣味に関するものなど好みの物や実用性の高いものに名入れすることができます。

名前やメッセージ、記念日などを入れることが多く、世界に一つだけのオリジナル性の高い記念品になります

名入れのお酒の場合には、中身は飲み終わっても瓶は手元に残りますので、好きなところに飾って楽しまれる方が多くいらっしゃいます。

古希の方のライフスタイルや趣味嗜好に合った名入れの品を贈れば、長く愛用したり、楽しんでもらえたりするでしょう。

フルオーダーの名入れ酒で古希祝いのサプライズ!おすすめの名入れのお酒や飲み物をご紹介!

フラワーギフト

古希祝いでの定番プレゼントとして人気があるのが、フラワーギフトです。

古希の方の好きなお花や古希祝いのテーマカラーの紫色が基調となった花などを花束にして贈りましょう。

花束を手渡しで渡すのも良いですし、自宅で古希祝いをする場合にはテーブルに花器を置いて生けておくのも素敵な演出になります

近年では、水やりや肥料やりなどの手入れ不要で長く美しい状態を保つプリザーブドフラワーのプレゼントも人気が高いです。

花束のタイプになっているものから、壁にかけて楽しむタイプのもの、オルゴールタイプの物などさまざまな種類があります。

古希の方の好みや手入れの負担を考えながら、最適なフラワーギフトを選んでみましょう。

古希祝いのプレゼントに花を贈ろう!おすすめの花8選を一挙紹介!

 

お祝いのケーキにも一工夫

お祝いをする時には欠かせないケーキですが、いつもの誕生日とは違う古希のお祝いということで、ケーキも特別なものを用意してみてはいかがでしょうか。

そこで、おすすめするのが似顔絵入りのケーキです。

業者に依頼をすれば、本人の似顔絵でケーキを作ってもらうことが出来ます

プロが描いてくれる似顔絵は本当にそっくりで素敵に仕上げてくれるので、食事会でこのケーキが登場すれば歓声が上がるに違いありません。

また、写真をケーキにプリントすることもできます。

古希の方の顔写真をプリントしてもいいですし、例えばお孫さんが描いたおじいちゃんやおばあちゃんの絵をそのままケーキにプリントすることもできます。

可愛らしい絵と拙い文字による「いつまでもげんきでね」の言葉は、きっと古希の方も感激される最高のプレゼントになるのではないでしょうか。

似顔絵や写真のケーキはネットから簡単に注文できます。ただし、日数が掛かる場合もありますので、早めの注文が安心出来ます

古希を迎える方の喜ぶ顔を想像しながら、お祝いの準備を進めて行きましょう。

70歳の古希祝いは感動とサプライズを!演出方法とおすすめのプレゼント

Follow me!