人気のプリザーブドフラワー

就職や昇進、退職祝いでプレゼントとして贈るプリザーブドフラワーが人気を集めています。

プリザーブドフラワーは、インテリアの感覚で飾ることができ、部屋を華やかで明るい空間にすることができますし、記念の品として長期的に保存することができます。

この記事では、就職・昇進・退職祝いにおすすめのプリザーブドフラワーの魅力や特徴についてご紹介します。

プリザーブドフラワーの魅力や特徴

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーの最大の魅力は、造花のため、生花のように枯れる心配がない点です。

そのため、花を育てた事が無い人も安心して室内に飾ることができ、貰った人も手入れが不要でいつまでも美しい花を眺めることができるのです。

長期間生花のような瑞々しさや美しい姿のまま維持できるため、就職祝いや退職祝いをはじめとする多くの記念日にプレゼントとして贈られているのです。

しかも、生け花と異なって花粉が発生しないため、花粉アレルギーの心配もないところも魅力的なポイントです。

また、プリザーブドフラワーの特徴として、寿命が非常に長い点も挙げられます。

専用の溶液を使って加工をしているため、保存状態が良好であれば10年以上持つ花もあります。

このように、退職祝いや就職祝いで貰ったプリザーブドフラワーを長く自宅に飾っておく事ができる魅力があります。

さらに、プリザーブドフラワーは、肥料や水が不要なため、花瓶以外のフラワーボックスなどに入れてインテリアとしても重宝できます。

プリザーブドフラワーは贈る場面や人を選ばない素敵なプレゼント

手入れ不要のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーに加えて、その他のギフトを組み合わせてプレゼントすることも可能です。

結婚して退職される女性には、プリザーブドフラワーを使ったフラワーアレンジメントなどを贈る方も増えています。

また、お子さんの就職祝いや旦那さんの昇進祝いなどにも最適です。

プリザーブドフラワーは、自由自在に組み合わせてオリジナルの色合いを出すことができるので、相手の好みに合わせやすいのもうれしいところですね。

このように、就職・昇進・退職祝いの場面以外でも、結婚式や誕生日のお祝いなど、プリザーブドフラワーは、お祝いの際のプレゼントとして人気を集めています。

生花を貰うと育てるのが大変で、貰った側の負担を考えると贈るのを躊躇する方もいるでしょう。

一方、プリザーブドフラワーでは手入れ無しで長期間美しい造花を見る事ができるので、特別なお祝い事の際には是非プレゼント候補として検討してみてはいかがでしょうか?

就職・昇進・退職祝いに贈るプリザーブドフラワーはタイプが豊富!

退職祝いに贈るプリザーブドフラワーは種類が豊富

インテリアに便利なタイプ

花束タイプのほか、プリザーブドフラワーには壁に立てかけられるタイプの物、ボックスに入っているタイプの物、花器に入っているタイプの物などタイプが豊富にあります。

ピンクや白色、黄色、オレンジ、赤色など華やかな色合いのプリザーブドフラワーが多く、おめでたい就職・昇進・退職祝いに贈るのに最適です。

プリザーブドフラワーは保管に便利なものや持ち運びしやすいサイズのものが多いことから、インテリアに使うことができ、手元に残る就職・昇進・退職祝いの記念品にもなります。

セットアイテムのタイプ

プリザーブドフラワー単体のものだけでなく、プリザーブドフラワーとフォトフレームや置時計、オルゴール、ぬいぐるみ、お酒などとセットになっているものも人気です。

特に、プリザーブドフラワーと名入れできるフォトフレームや置時計、お酒のセットは気持ちが伝わると人気があります。

例えば、退職祝いに贈るのであれば会社の仲間との写真を名入れフォトフレームに入れてもらってプレゼントしたり、お酒が好きな昇進される上司に名入れのお酒をプレゼントしたりなど、贈るシーンによって選ぶことができます。

メッセージカードを付けて贈ろう

多くのお店ではギフト用にメッセージカードを無料で付けてくれるため、美しいプリザーブドフラワーとともにお祝いの言葉や感謝の気持ちを伝えることもできます。

プリザーブドフラワーはさまざまな種類やタイプがあるので、贈る相手のお祝いのシーンや好みに合わせて贈ることができる素敵なプレゼントです。

是非人生の門出をお祝いする言葉と一緒にプリザーブドフラワーを贈りましょう。

【定番の文例つき】退職祝いに喜ばれる手紙やメッセージの書き方と意識すべき3つのポイント

 

▽こちらの記事も合わせておすすめ

退職祝いで渡す花は何が良い?男女別の選ぶ際のポイントやおすすめの花