退職祝いに贈るもの

退職祝いは、定年退職される方や定年以前に勇退される方に贈るお祝いの品です。

退職祝いはくしやハンカチ、お茶など祝い事にふさわしくないプレゼントを除いて、長年の勤務をねぎらう気持ちさえこもっていれば、基本的に何を贈っても喜ばれると言えます。

しかし、どうせ贈るのであれば、ご本人が本当に喜んでくれるものを贈りたいものです。

また、退職される方が会社の上司の場合や、自分のお父さんの場合などがありますが、退職される方との間柄でも相場も変わってくるので、目安として知っておきたいところ。

そこで、この記事では、本当に喜ばれる退職祝いを贈るための知っておきたい相場や、人気の退職祝いのプレゼントについてご紹介します。

退職祝いを贈る場合の相場について

電卓

まず、職場の上司やお父さんに対する贈り物を選ぶ際のポイントとしては、「適切な値段を決める」ということが挙げられます。

安すぎると物足りなさがありますが、逆に高すぎると相手に気を使わせてしまうこともあります。

そのため、本当に喜ばれるお祝いをするためにはバランスの取れた値段設定を行うことも重要です。

①上司に贈る場合の相場

贈り物の値段の相場としては、5,000~10,000円程度というのが一般的とされています。

そして、退職と一概に言っても勤続年数がそれぞれ違います。

そのため、比較的年齢が若い方が退職される場合は手頃な値段に抑え、勤続年数の長い定年退職などの場合はやや高めの値段設定にするのが無難だと言えます。

②お父さんに贈る場合の相場

花

お父さんに対して退職祝いを贈る際については、還暦祝いと兼ねて行う場合は10,000~50,000円程度が相場です。

また、早期退職の場合は、5000円程度以上のものを考えておくとよいでしょう。

贈って喜ばれる退職祝いの品物の選び方やおすすめのプレゼント

ゴルフクラブ

次に、退職祝いの品物の選び方としては、再就職の予定があるという場合はビジネス関連のものも喜ばれると言えます。

しかし、定年退職の場合は、ご本人の趣味を考慮したものを選ぶと良いでしょう。

例えば、

・スポーツが好きな方にはスポーツ用品など

・ビールが好きな方にはビアジョッキを贈る

など、相手の趣味をよく把握した上で選ぶことも重要です。

そして、趣味に関係なく誰に贈っても喜ばれるものとしては、額入りのポエムや似顔絵などがあり、人気のある商品になっています。

何を贈ったら良いか分からないという場合は、カタログギフトを贈るのもよいと言えます。

カタログギフトであれば、ご本人の好きなものを自由に選ぶことができるため、誰でも満足してもらえる贈り物ができると言えるでしょう。