退職祝いに名入れ酒

退職祝いは何をおくろうか悩むところですが、もしもお酒好きの方であれば、お酒にこだわってみるのも良いでしょう。

特に、ボトルにラベルや刻印をする「名入れ酒」がおすすめです。

年号が入ったボトルだけでも、とても良い記念になり残しておきたくなるものですが、退職祝いに自分の名前や年号の入ったものならなおさらです。

世界に一つだけのプレゼントとして喜んで受け取ってくれるでしょうし、飲み終わった後も部屋に飾って眺めることもできる素敵なプレゼントとなります。

この記事では、名入れ酒を仕入れる方法や喜んでもらえるサービスについてご紹介します。

名入れ酒を仕入れる方法

名入れ酒

退職は第二の人生の始まりです。

今までご苦労様でした、ありがとうございましたの気持ちを込めて、またこれからの未来が明るいものになりますようにと祈りを込めて、名入れ酒を贈ってみるのはどうでしょうか?

名入れ酒は今や、ネットでもサービスを展開している店舗がたくさんあります。

彫刻が入ったお酒は世界で一つだけですので、オリジナリティが高く特別感があります。

最近は名前だけでなくラベルのデザインも豊富にあり、シャンパンやワインのボトルに施したラベルの刻印はおしゃれでとてもセンスが良く見えます。

ラベルを印刷してもらうものもありますが、やはり刻印してあるものは迫力がありますし、特別な感じがします。

焼酎や日本酒、ワインなど相手の好みのお酒に刻印してもらえば、人生の門出をお祝いする素敵なプレゼントなるでしょう。

ネットから名入れ酒を仕入れる際には、1週間程度掛かる場合があるため、早めに注文しておくと良いでしょう。

和紙と筆によるメッセージサービスも人気

筆

また、ラベルも印刷ではなく、一枚一枚手書きしてくれるものもあります。

これは、和紙に筆で書き込んでくれるサービスで、名前だけでなく、メッセージもいれることができます。

印刷と違い、和紙と筆の温かさが伝わり、心のこもった贈り物となること間違いなしで、日本酒や焼酎によく似合います。

余裕があれば、お酒と一緒にお酒の雰囲気や相手の好みに合ったグラスや酒器、焼酎グラスなどを贈ると良いでしょう。

また、オプションとして、気持ちを伝えるためのメッセージカードをさまざまなデザインの中から選んで付けることができます。

そういったサービスも利用すると、気持ちがなお伝わりやすくなるのでおすすめです。

多くの店舗では、事前に中身を確認できるようなラッピング方法をとっているため、渡す前に一度確認してから相手に渡すようにしましょう。