古希祝い

祖父母や両親、親戚、お世話になった恩師など身近な方が70歳を迎えるとなった時、どういったものを贈れば喜んでもらえるのか悩むものです。

今回は、古希祝いの意味や古希祝いの相場、おすすめのプレゼントについてご紹介します。

 

古希祝いの意味

70歳のお祝いの意味

数え年70歳は古希といい、長寿を迎えられた事を家族でお祝いします。数え年で70歳ですから、満年齢ですと69歳で古希祝いをする事になります。

古希は中国唐時代の詩人の詩「人生七十古来稀なり」によるもので、人生70年生きる人は稀である事から、長寿としてお祝いされるようになりました

昔は人生50年と言われており、60歳の還暦を迎えることさえ困難でした。現在では衣食住が豊になり、医療の進歩などで人生70年の古希祝いが出来る方が飛躍的に増えました。

平均寿命が長くなっている現在でも、無事に70歳を迎えられた事への感謝とこれからの健康とさらなる長寿を願い、家族みんなで賑やかな古希祝いをしてあげるとよいでしょう。

 

古希祝いの色と相場

古希祝いには親族が集まり、食事会などを催して皆でお祝いをします。還暦の時は赤いちゃんちゃんこですが、古希の場合は紫色の座布団やちゃんちゃんこを用意してお祝いします。

紫色は昔から特別な色として、位が高い人しか身に着ける事ができませんでした。そのため長寿を迎えられた事に敬意を表して紫色の物を贈り、お祝いをするようになりました。

ですので、プレゼントの品も紫色を選ぶとよいでしょう。

古希祝いの平均的な相場は、両親なら20,000万円から50,000万円、祖父母なら10,000円から30,000円、親類だと5,000円から20,000円位です

ですが、無理のない金額で感謝とお祝いの気持ちを伝えるのがよいでしょう。あまりに高額なプレゼントは主役の方に心配をかけてしまいますので、相場を意識しながら選んでみてください。

プレゼントの品については特に決まり事はありません。古希を迎える方に喜ばれるような贈り物を心掛けましょう。

古希祝いの相場は1万円?気になる相場と平均予算について紹介!

 

古希祝いにおすすめのプレゼント

古希祝いに家族で温泉旅行

古希祝いの相場を確認したところで、古希祝いにおすすめのプレゼントを3つご紹介します。古希の方の趣味嗜好やライフスタイルを考えながら最適な贈り物を選んでみましょう。

紫色をあしらった品

やはり古稀の色である紫をあしらった品がおすすめです。女性であれば紫のお花を使った花束や鉢植え、プリザーブドフラワーなどは喜ばれる贈り物です。

また、アクセサリーやストール、帽子などのファッションアイテムも喜ばれます。

男性ならカシミヤなどの暖かく上質なベストやセーターなどもいいでしょう。ゴルフウエアやジョギングウエアなど、趣味に使えるプレゼントも喜ばれます

古希祝いには「紫」を!父母に贈りたい感謝を伝えるプレゼント!

名入れのアイテム

Name entry items

男女共におすすめするのはメガネケースや茶器、アルバムなどです。こういった日常的に使うアイテムに名前やメッセージを入れるのも素敵です。

名前やメッセージ入りのお酒やワインなども喜ばれますし、ぐい飲みやグラスとセットで贈るとお洒落なプレゼントになります。

名入れアイテムの魅力は、見るたびに使うたびに思い出がよみがえること。手元に残る古希祝いの記念品を贈りたい場合には、名入れのアイテムを贈るのがおすすめです。

古希のお祝いに喜ばれている「名入れ酒」!魅力や古希祝いにプレゼントしたいおすすめの名入れ酒をご紹介!

旅行

品物だけでなく、温泉旅行などの思い出をプレゼントする方法もあります。海外でも国内でも日帰り旅行でも、ご予算とスケジュールに合わせて選ばれるといいでしょう。

古希を迎えられる方の希望があれば、それに沿って計画を立てるのが一番ですが、もし体力的に不安があるようでしたら近場を選択された方が安心です。

古希祝いは家族一緒にお祝いした方が喜ばれますので、予算にもよりますが旅行を贈る際には家族旅行を贈るのがおすすめです

一生の思い出に残る古希ギフト!旅行のプレゼントの魅力や選び方について

 

古希祝いにご祝儀を贈る際に意識するポイント

70歳のお祝いにご祝儀を包む際のポイント

古希祝いにプレゼントではなくご祝儀を贈る事もありますが、のしの表書きには古希御祝、祝古希などと書き、水引は紅白、金銀にします

表書きの文字はボールペンや万年筆は使用せずに、お祝いの気持ちが伝わるよう毛筆で濃く鮮やかに書くようにしましょう。

この時、ご祝儀袋の水引が結び切りか蝶結びかで悩んでしまうかもしれません。

70歳は人生に一度しかないイベントであることから結び切りと思われる方も老いるかもしれませんが、古希祝いなどの長寿祝いは何度合っても喜ばしいことなので「蝶結びの水引」を選びます。

これからも77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿…と長寿のお祝いが続くよう、蝶結びの水引を使用しましょう。

お祝いの当日に参加できず手渡しできない場合には、前日までには届くようにします。

お祝いに出席できなかったことを詫びるメッセージとお祝いの言葉を添えると、気持ちを伝えることができます。