退職祝いに贈るお酒選び

退職祝いのお酒の選び方は、第一には贈られる側の気持ちを考えることが大事ですが、基本となる要素も把握しておけば失敗することがありません。

円熟した状態でありながらも、若々しさも感じられるような要素があれば、退職祝いとしてもふさわしい逸品になります。

造りが完璧な状態であれば、お酒は熟成させるごとに旨味が増して、ふくらみのある状態になることも知っておくと役立ちます。

この記事では、退職祝いでお酒を贈る時に役立つ知識や選び方、おすすめのお酒についてご紹介します。

退職祝いのお酒の選び方や役立つ知識

熟成されたお酒

長年の功績を称えるために贈るわけですから、退職祝いのお酒は完全発酵させたものを選んでみましょう。

この場合には、途中でアルコールを添加することなく、酵母を十分に働かせて完全発酵の状態にするわけですが、高度な技術を有する作業です。

優秀な杜氏が統率する蔵元から選ぶことで、完全発酵のお酒を購入することができます。

完全発酵させたお酒は、長期の熟成をしても味が重くならずに、逆に旨味が凝縮する特性を持っています。

純米の古酒を選ぶようにすれば、長年の功績を称えるためにも最適な逸品になります。

純米のお酒を選ぶ場合には、発酵の状態が不十分な場合には後味が鈍くなることがあります。

また、円熟した日本酒であっても、アミノ酸の影響が強すぎる場合には、後味が重たくなってしまいます。

濃厚でありながらも軽快な後味が特徴の熟成酒を選ぶようにすれば、古さを感じさせない魅力を持った贈り物になることでしょう。

退職祝いには入社した年のワインもおすすめ

入社年のワインを贈る

場合によっては作りたての新酒を選ぶことも可能ですが、このお酒は十分な熟成期間を経ていないため、退職祝いの品として贈っても喜んでもらえない可能性があります。

新酒の場合には、ワインの場合でも同様な要素があるため、出来る限りは長期熟成させた品物を選ぶようにしましょう。

ワインについては、入社した年の銘柄が手に入れば最高ですが、入手できない場合でも他の選択肢はあります。

しっかりと熟成させたお酒を選ぶようにすれば、入社した年代ではなくても感謝の気持ちを伝えることは可能です。

熟成させた種類を選ぶ際には、名入れのサービスも利用して、年代なども表示してもらうと価値が高くなります。

最近では、ネット注文の際に気軽に名入れのサービスを利用することができ、世界に一つだけのプレゼントとして特別な日の記念の贈り物に最適です。