Pocket

結婚式のサプライズ

結婚式に参加したことがある方の中には、新郎もしくは新婦の友人たちが余興でフラッシュモブを行っているのを見た経験があるのでは?

驚くと同時に会場に一体感が生まれて新郎新婦にとってもゲストにとっても忘れられない結婚式になりますよね。

しかし、フラッシュモブを行う上ではいくつかの注意点があり、気を付けなければサプライズが台無しになることも。

そこで、この記事では、フラッシュモブを始めるタイミングやフラッシュモブをする際の注意点についてご紹介します。

近年結婚式でフラッシュモブが人気

結婚式

フラッシュモブは街中でいきなり知らない人がダンスを踊り出して周囲の人を驚かせるものです。

動画サイトでは多くのフラッシュモブ動画が上がり、サプライズを仕掛けた側も一緒になってキレのいいダンスを披露して驚かせる様子が見られます。

これを結婚式で取り入れる動きが目立っており、新郎新婦を驚かせる余興や新郎新婦いずれかを驚かせるものとして多くの結婚式で行われています。

ただ、フラッシュモブを成功させるためには準備とタイミングが大切となります。

フラッシュモブを始めるタイミング

結婚式の乾杯

どのようにしてフラッシュモブを始めるかはさまざまで、最後の締めで行うのもおすすめです。

退場する際のBGMが違うなどと式場のスタッフにクレームをつけると見せかけて踊り出す演出もできます。

この時は新郎新婦それぞれが参加することになり、一体感のあるダンスを見せて感動させて終わるのも終わり方として美しいです。

スタッフにクレームをつける演出はさまざまなことで活用でき、人を増やして行いたい時には格好の理由です。

友人が仕掛ける場合はスピーチなどが終わって歓談中に行うのが理想です。

新郎新婦いずれにも伝えていない場合、サプライズをもし仕掛けるのであれば結婚式の進行を妨げない形が大事です。

この時は会場側と打ち合わせをしておく、もしくは新郎新婦の関係者に断りを入れておくことが求められます。

いきなり始められても、かなり驚かれてしまったり色々なことを新郎新婦も考えて計画しておりそれを壊すことは決して本意ではないからです。

特に式場のスタッフと連携して行なっていくことが求められます。

結婚式でフラッシュモブをする際の注意点

フラッシュモブの注意点演出をやる際に心がけておきたいことは誰を驚かせるのかを明確にすることです。

フラッシュモブはいきなりやってくるため、驚きが強いです。

例えば新郎を引っかけるために新郎以外の参列者全てにその事実を伝えるのも大切です。

何も知らない人はいきなり周囲が驚く様子を見てあっけにとられて怒り出す人もいます。

こうなってしまうとせっかくのサプライズも台無しですので、事前に伝えておくべき人には伝えておくのも必要です。

特に会社関係者を多く招待する場合は上司など一部に伝えておくのが無難です。

実際にフラッシュモブをやる場合に注意したいのがダンスのレベルをあまり上げないことです。

業者にお願いしてプロにやってもらう分には問題ありませんが、素人が中心となって行う場合はあまり上げすぎると踊りについてこない人が出てきます。

すると見た目としてバラバラになり、見栄えのいいものではなくなります。

そうさせないためにもダンスのレベルを落として誰でもできるような形にするか、ダンスのレベルを上げるために結婚式までの期間は徹底的に練習をするかを決めておかないといけません。

両親を巻き込むと驚きも倍増!?

両親も巻き込む新郎新婦を思いっきり驚かせたいのなら、新郎新婦の両親を巻き込んで行うのが一番です。

まさか両親がそんなことをするとは思ってもいないために実際にその姿を見たらあまりの衝撃で結婚式の緊張が吹き飛んでしまうほどです。

キレキレなダンスができればそれでいいですが、できない場合は両親の動きが邪魔をしない程度に周りで盛り立てて簡単な振り付けを指導してそれをやってもらうのもおすすめです。

人によってはパニックに近い驚きを与えられるため、想定よりも早く泣き出す新婦の姿も見られます。

まとめ

結婚

新郎新婦側や参列者側、双方から仕掛けられるサプライズがフラッシュモブです。

その分、準備にはかなり時間がかかり打ち合わせも必要です。

自分たちで作り上げる形になれば、友人たちがここまでしてくれたということに感謝の気持ちを強く持ちます。

また、会社関係者が行うケースも多く、自分たちのためにやってくれたことに強い感動を覚える人も少なくありません。

やるからには真剣に踊る、そして恥ずかしがらないことが結婚式でのサプライズを成功させる秘訣です。