Pocket

ウェルカムボード結婚式を行う場合、ゲストの受付を行いますが、その時ゲストに対して「ウェルカム」という気持ちを込めて置くのが、ウェルカムグッズになります。
基本的なグッズとしては「ウェルカムボード」と「ウェルカムドール」を置くことが一般的です。それだけでは寂しいという場合には、受付のテーブルに会場の雰囲気に合わせて飾り花を飾ったり、バルーンなどをくケースもあります。バルーンなどは式後に子供たちに配るという使い方もできます。
ちょっとした飾りとして人気なのがナノブロックです。ただし、ブロックは自分で作る必要があるため、飾る場合には2~5個程度がちょうど良いと考えられます。

ウェルカムボードの作り方

ウェルカムボードの材料ウェルカムボードの作り方は様々なものがありますが、基本的には制作事例を見てイメージを決めていきます。イメージが決まったら予算を決めます。手作りですと5000円程度が相場となっています
結婚式の1週間前には出来上がってることが理想ですが、デザインなどにもよりますが余裕をもって用意するように心がけます。

実際に作るときには似顔絵ツールなどのインターネットで無料で手に入れられる素材を用意し、その後ホームセンターや百円ショップなどで額縁やフレームなどを用意します
黒板などを使うときには、様々なサイズをインターネットで購入することが可能です。
元になる部分を購入したら、デコレーション用の飾りを用意します。百円ショップで購入出来る造花や布、リボン、紙などは種類が豊富でアレンジをすることができるようになっています。
ちょっとしたアレンジをするだけでも、オリジナルティのあるウェルカムボードを作れます。

ウェルカムボードは作りや設置場所によって設置方法が変わります。額縁のボードにはイーゼルが必要となってきますが、結婚式場では備品として常備していることが多いため、事前に担当者と相談します。
手作りがしたいけど、全部を作るのは自信がないという場合には手作りキットも販売されています。キットであれば業者に頼むより安く、簡単に作れるためオススメです。

ウェルカムドールの作り方

ウェルカムドールウェルカムドールも、衣装や飾りとなるアイテムがあれば裁縫が苦手でも簡単に作ることができます。作り方としては、まずウェルカムドールとして使いたいドールを選びます。お気に入りのキャラクターや縁起の良い動物などのほか、家にあるドールやドール自体を手作りするのも人気です。
新郎新婦の2体を用意しますが、種類の違うドールを用意したり、カラーやサイズを違うものを選ぶなど好きに選びます。

次にドールのサイズに合わせて洋服や小物を作っていきます。裁縫が苦手な場合には、新郎用は蝶ネクタイになるよいうにリボンを飾り、新婦用はドレスを着せないでチュールとネックレスなどの小物だけを飾るという方法でも、ウェルカムドールらしい雰囲気になります。小物はボンドなどで飾ります。
これも百円ショップや手芸店で材料を購入することができ、手作りすることでオリジナリティのあるウェルカムドールが作れます。

その他のウェルカムグッズ

他にも、受付を終えたゲストにメッセージをいただくためのメッセージグッズを備えるのもオススメです。メッセージボードでも良いですが、サッカーボールなど新郎新婦にゆかりのあるアイテムだとより、式を楽しむことができます。このグッズを用意する場合には、ゲストの人数に合わせたサイズを選ぶ必要があります。

また、二日酔い予防のドリンクなどを用意し、ゲストに渡すのもオススメです。披露宴ではお酒が出るため、お酒をたくさん飲んでもらえるように受付のところに置いておきます。

様々なウェルカムグッズがありますが、基本となるウェルカムボードやウェルカムドールは自作することも可能です。
もちろん業者に頼むことも可能ですが、自分で手作りすることによって格安かつ個性のあるウェルカムグッズが作れます。