Pocket

結婚式の費用新郎新婦にとって結婚式の費用はある意味死活問題です。

最初に結婚式でかかる費用をある程度知っておいて貯金を始め、足りなければ両親から借りるとかご祝儀で何とか工面するなど、さまざまなことで結婚式の費用を確保します。

しかし、そもそもどの項目がどれくらいかかるのかというのは実際にその内訳を見ないとわからないことがほとんどです。

そして、いらない演出などがあればそれを削っていくなど本当にこれが必要なのかを精査していくことも重要です。

この記事では、平均的な結婚式の費用や、衣装・撮影にかかる費用、結婚式の費用を抑えるための工夫についてご紹介します。

平均的な結婚式の費用

結婚式の費用

結婚式の費用は、平均でも400万円程度はかかります。

こうしたものはどれだけのゲストを招待するかにもよります。

数十人規模で招待を行えば人数分の食事は必要です。

料理と飲み物で1人あたり2万円弱かかる計算となっており、引き出物まで入れると招待客だけで2万円以上のお金をかけます。

50人を招待すれば少なくともその金額だけで100万円はかかります。

これらはご祝儀の相場が3万円からであることを想定しているために成立していますが、最近は不況の影響や考え方の変化で2万円を包む人もいるために予算の設定が多少難しくなっています。

衣装にかかる費用

結婚式の衣装次に衣装ですが、新郎新婦の衣装を合わせてだいたい50万円以上です。

新婦は1回お色直しをするため、その分も含まれています。

お色直しを全くしなければ削れる部分ですが、明らかに予算を抑えるために削ったことがわかってしまうため、予算のためにお色直しを削る人はあまりいません。

以前は2回行われていることが多かったですが、1回につき20万円程度かかることや短い時間で行うためタイムスケジュールが難しい問題もあるために1回のケースが増えています

削るにしても予算の都合ではなく本人たちのポリシーで決めておき、食事のグレードは落とさないようにすれば予算の都合とは思われません。

撮影にかかる費用

撮影に関するものもそれぞれで結構かかります。

スタジオでの撮影やスナップ写真の撮影、ビデオの撮影などをすればそれぞれで10万円以上の出費です。

特に、最近は動画をネットに上げるなどビデオ撮影の需要が上がっています。

もしこれらの費用を削るのであれば、友人に撮影をお願いするなど削れるところで削ることが大切です。

特に結婚式での写真はコンテスト形式にして2次会の余興の1つとして楽しむというのもおすすめです。

そうすれば各々が撮影を行い、それを1つにまとめられます。

結果としてその日の模様を記録にできるだけでなく、予算を削れます。

結婚式の費用を抑えるための工夫

6月に結婚式ただ、これらの予算は時期によって変動することを知っておく必要があります。

ジューンブライドと称されるように6月に費用が高くなると思っている人がいますが、実際はそこまで件数は多くありません。

春先よりも6月のほうが安くなる傾向にあるため、ジューンブライドとして結婚式を行うことも1つの手でありお得感を感じます。

実は、意外にも結婚式を挙げるシーズンは秋に人気が集中しており、場所によっては1年も前から予約が入るなど需要が高まっています。

また、仏滅にあえて行う場合には割引をしてくれるなど、あの手この手を使って予算を削ることは可能です。

記念日を意識して日付を決めたケースでは仏滅などはあまり意識されません。

結婚式にかかる費用は数百万円程度かかりますが、値下げ交渉がなされるケースは多く10万円以上の値下げができたケースも多いです。

いくつものところに足を運んで、見積もりをとって安いところを探すこともおすすめです。

あとは時期に応じて値下げ幅が変わると思ってよさそうです。

最近では持ち込めるものは新郎新婦が持ち込んで予算を削るケースも見られます。

その分、手作り感を出せるため一石二鳥です。

まとめ

結婚式

料理の質で予算を調整していた時代は終わり、新郎新婦の工夫や考え方の変化で質を保ちながら予算を削る時代を迎えています。

招待したゲストを楽しませながら自分たちの思い出にも残る結婚式にするために、演出にも多少お金をかけるカップルが増えています。

また、コストを削るために招待状や席次表などのペーパーアイテムを手作りするなど、費用を抑える方法は他にもいくつかあります。

時期や予算、自分たちの希望などを考えて、自分たちならではの結婚式を計画しましょう。