Pocket

神前式

結婚式を挙げる際には、プランナーと十分話し合って式の流れを確認したり、衣装合わせをしたり、招待状を送ったり…とスケジュールが密になります。

その中で、挙式や披露宴を行う際、どのくらいコストがかかるのか気になりますよね。

自分たちの理想通りに計画すると、結構コストが膨らんでしまうということもあるでしょう。

この記事では、挙式・披露宴・衣装・演出のコストに分けて、それぞれの平均コストをご紹介していきます。

挙式のコスト

結婚式

結婚式とは挙式と披露宴がまとまって進行していきます。

よって結婚式にかかるコストは挙式と披露宴の内容で左右されるのが実情です。

挙式にかかるコストは披露宴にかかるコストよりも圧倒的に少なく、平均10万円から30万円程になります。

日本ではチャペルで行われるキリスト教式と日本古来の伝統に則って進められていく神前式、そして形式にとらわれずに参列者に結婚の証人になってもらう人前式が主な挙式のスタイルです。

これらのスタイルは会場によって異なるので、場合によってはコストがかからない可能性もあり得ます

例えば、披露宴のプログラムに挙式を取り込んだ場合、挙式で発生する費用も披露宴のコストに取り込まれるので実質ゼロになる事も珍しくありません。

また、人数に左右されない点も特徴的です。

披露宴のコスト

結婚式

一方、披露宴にかかる費用は人数によって決まります

その理由は簡単で、ゲストをもてなすための料理や引き出物が訪れたゲストの人数に合わせる必要があるからです。

ゲストの人数が多ければ多いほど料理や引き出物も増えていき、結果として費用も大きくなります。

そのため、ゲストの数が少なければ費用もかからない点が特徴的です。

データによると1人あたりの料理の金額は約1万5千円、飲み物の金額は3700円だと言われています。

また、1人あたりのギフトは5500円、引きお菓子にしても1600円です。

一般的な結婚式では訪れるゲストの人数は70名だとされています。

つまり、単純に計算すると食事の総額は約124万円、ギフトの総額は約35万円です。

衣装にかかるコスト

結婚式の衣装しかし、結婚式にかかる費用はそれだけではありません。

花嫁のドレスは平均46万円、花婿の衣装は平均17万円です。

新郎新婦の衣装は枚数が重なれば費用がかかるところが特徴的ですが、花嫁の場合は小物や下着といった装いにも費用がかかります。

それぞれの費用は大体2万円から3万円です。

他にも花嫁はメイクやヘアメイク代、さらには通常のメイクに戻してもらうお引き上げもかかるため総合的にまとめると6万円ほどになります。

また、花嫁に欠かせないアイテムであるブーケは1個につき2万円から3万円です。

この金額は基本的な価格なので状況によって変わります。

例を挙げるとブーケを持ち込む場合は持ち込み料という別料金が発生するケースやブーケを保存したい場合はドライ加工をするための料金の支払いをしなくてはいけないケースなどが基本的な価格を変えるものです。

演出にかかるコスト

会場装花それから招待状や会場を飾る花、演出のための曲やスナップ撮影もあります。

招待状やメニュー表、さらには席札など会場にはペーパーアイテムが欠かせません。

幸いな事に手作りできるので節約できるうえにペーパ-アイテムの種類は数は多いものの、その価格は500円以下です。

ただし、「安いから」と言って甘く見ると予想を裏切る価格になる事もしばしばあるので要注意でもあります。

会場を飾る花つまり会場装花はメイン卓とゲスト卓で飾られている花です。

ゲスト卓の会場装花は少なく、メイン卓の会場装花は華々しいほど多いですがゲストが多ければ多いほどテーブルの数が増えるので自然と価格は上がります。

また、会場装花はテーブルだけでなく、階段や受付にも飾られるのでその価格はまとめると20万円を超えてもおかしくありません。

一般的には15万円から20万円と言われていますが、この平均価格はテーブルに飾る花のみです。

他にも自己負担となる演出のための曲や正式に依頼すると22万円ほどかかる写真撮影などを含め、かつゲストの人数が一般的な結婚式のゲストの人数である70人だと想定すると約353万円が披露パーティーにかかる費用となります。そこに挙式にかかるコストを含めると380万円以上の費用が結婚式でかかる計算になるわけです。