喜寿とは77歳のことで、長寿祝いのひとつです。「喜」を草書で書くと七十七のように見えることから、77歳を喜寿と呼ぶようになったといわれており、「喜の字の祝い」とも呼ばれます。

平均寿命が80歳を越えている日本では、70代ですとまだ長寿のイメージはありませんが、喜寿を迎えたことを機に、これまでお世話になって来たことへの感謝と、これからの健康を願い、お祝いするのは大事なことです。

また、幸運の数字といわれる7がふたつも並ぶ、おめでたい歳でもあります。盛大にお祝いして、その幸運にあやかりたいものです。

そんな喜寿祝いには、どのような品がいいのか贈り物選びに迷いますよね。そこで、お祝いに相応しいお酒の贈り物はいかがでしょうか?おすすめは、「名入れ酒」です。

 

名入れ酒とは?

「名入れ酒」は、ボトルのラベル部分に名前を入れてもらえるサービスです。お酒の名前の代わりに、喜寿を迎えられる方の名前を入れたり、好きな言葉やお祝いのメッセージなどが入れられるので、他にはないオリジナルのラベルにすることが出来ます。つまり、世界にひとつしかない贈り物となるのです。

お店によっては、喜寿の方の写真や似顔絵を入れることができる場合もあり、特別な喜寿祝いのプレゼントになります。

肝心な中身のお酒ですが、純米大吟醸「紫龍」ですので、これはお酒にうるさい方にも納得して頂けるものです。醸造用アルコールを一切使わず、新潟の名水で仕込んだ純米酒は、上品な香りと繊細な風味のとても美味しいお酒に仕上がっています

さらに、お酒には金箔が入っていますので、盃やグラスに注ぐたびにキラキラ輝いて、お祝いに相応しい華やかさを演出します。また、喜寿のお祝いの色は紫色ですが、紫龍のボトルは綺麗な紫色ですので、喜寿祝いの贈り物にピッタリです。

飲み終わったボトルはお部屋に飾っておけますので、お祝いの記念品にもなります。

名入れのお酒を受け取った際にはインパクトがあり、飲んでいる間も飲み終わった後も幸せな気持ちになれる名入れのお酒。思い出に残る喜寿祝いにしたい、特別な喜寿祝いのプレゼントを贈りたい、そういった場合に検討してみてはいかがでしょうか。

喜寿祝いに贈る名入れ日本酒 純米大吟醸1800ml 「紫龍」 送料無料-桐箱入り-高級風呂敷包み-77年前の新聞付き

 

77年前の新聞でサプライズ

このお酒は名入れが出来るだけではありません。77年前の新聞を付けてくれるという、粋なサービスもあります

中々見ることのない生まれた日の新聞に、贈られた方は大変驚かれるに違いありません。「どこにあったの」と驚かれる方が多く、喜寿祝い当日のサプライズにピッタリです。

自分が生まれた日には、こんなことが起こっていたのかという発見もあり、お酒を味わいながら楽しんで頂けるでしょう。

77年前の新聞はご家族とも一緒に読むことができるため、当時のことを思い出しながらご家族との会話を楽しむこともできます。

サービスの新聞は生まれた日だけではなく、結婚記念日や子どもの生まれた日など様々な記念日の新聞を選べますので、家族で楽しむこともできます。人生を振り返りながら、一緒にお酒を楽しんでもらいましょう。

名入れ酒と新聞は、高級感のある桐の箱に詰められ、喜寿の色である紫色の風呂敷に包まれて届けられます。インターネットから注文でき、全国送料無料で届けてもらえます。

また、お酒の苦手な方には名入れできるジュースもありますので、そちらをおすすめします。もちろん記念日の新聞付きです。

このように、名入れ商品はどなた様にも喜んで頂ける贈り物としておすすめです。記憶に残る素敵な喜寿祝いとなりますように。

 

喜寿祝いに名入れ酒を贈る際の注意点

77歳のお祝いで名入れ酒を贈る際の注意点

お酒好きな喜寿の方に贈る名入れ酒を取り寄せたら、喜寿のお祝いの会で渡しましょう。ただ、渡すタイミングや渡す場所を誤ってしまうと、当日きちんとお祝いできないかもしれません。

喜寿のお祝いに名入れ酒のプレゼントを贈る際の注意点を確認しておきましょう。

渡すタイミング

Delivery timing

喜寿祝いに名入れのお酒を渡すタイミングは、喜寿祝い当日が望ましいです。当日喜寿祝いに参加できずに名入れのお酒を配送で贈る場合には、当日に喜寿の方の手元に届くように指定しましょう

都合により当日に名入れのお酒を渡すことができない場合には喜寿祝い前後に渡すことになりますが、誕生日を過ぎてしまった場合にはお詫びの言葉を一言添えてから渡しましょう。

レストラン利用時の確認

When using a restaurant

自宅ではなくレストランで喜寿祝いを行う場合には、事前にお酒を持ち込んでよいかどうか確認しておく必要があります。確認せずに入店した場合、当日断られてしまう恐れがあるので、予約時に確認しておきましょう

その他、座席のタイプや車椅子入店可能かどうか、そしてサプライズ演出をしても良いかどうかについても合わせて確認しておくのをおすすめします。

喜寿祝いにはこのお酒!人気の名入れ酒の魅力や良い名入れ酒を選ぶポイント